先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社Gunosy

2015年3月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

新たに構築したオフィスのコンセプトは「自由」と「コミュニケーション」

「世界中の人々に情報を最適に届ける」。そんな思いから独自のキュレーションサービスを開発した株式会社Gunosy。利便性と情報の多様性が反響を呼び、世界中で900万ダウンロードを突破。今後も順次、新たな機能を拡充させていく予定だ。2014年12月、大幅な採用計画を視野に入れて六本木の大規模ビルに本社を移転。その当時を振り返り、情報配信企業ならではの特長的なオフィスコンセプトについてのお話をまとめた。

プロジェクト担当

佐々木 翔平氏

株式会社Gunosy
取締役CFO
伊藤 光茂氏

原 由子氏

株式会社Gunosy
コーポレート本部
外所 美知子氏

クラウドワークスのCをかたどったCカウンター

ステップ(段差)を活用して壁をなくした、自由度の高いオープンスペース「スキップヒル」

はやわかりメモ

  1. ギリシャ語で「知識」+U(you)。適切な人に適切な情報を届ける
  2. 立地ではなく環境。どんな状況でも情報を配信するためにビルを選んだ
  3. オフィスの基調色は白。何色にも染まらない公平さを求めた
  4. 今後も自由に書き加えられる空間をたくさん創造していく

ギリシャ語で「知識」+U(you)。適切な人に適切な情報を届ける

一般的なニュースサイトでは「閲覧者が多いニュース=話題のニュース」として捉えて上位への表示を行う。しかし実際には本当に求める情報は閲覧者の多さだけで計れるものではない。個人差があって当たり前だ。そんな情報のあり方に疑問を持った3名の大学院生が新たな情報配信プログラム「Gunosy」を開発した。配信される情報は閲覧者の趣味や評価を元にしているため、あくまでも使う本人にとって最適な情報が優先される。

「それまでのニュースサイトは知りたい情報ごとにサイトを立ち上げ直さなければならないという面倒さもありました。周囲を見渡すと同様の不満を抱えている人も多い。そこで自分たちでインターネット上の情報を自動的に収集、分類するプログラムを開発。SNSを使って新しいサービスのリリースをしたそうです。それが2011年10月25日のこと。Gunosyが正式リリースされた日になります。その後、今までにない便利さということが口コミで拡散され、登録者数も一気に数千人以上になりました」(伊藤 光茂氏)

想像以上の反響により本格的なUIの改善を検討することになる。登録ユーザーも着々と増えてきていることもあり、2012年11月14日に株式会社Gunosyとして法人化をする。その名称はギリシャ語の「Gnosis(知識)」に由来されるという。

「ギリシャ語のスペルには入っていない『U』の文字をあえて入れました。この『U』は『You』でもあります。『Knowledge for you(あなたのための知識)』。この当時からビジョンは何一つ変わることなく継続しています」(伊藤氏)

同社の企業ビジョンは以下の通りだ。 

  • 情報が増え続ける社会において、適切な人に適切な情報を届けることを目指しています。
  • 情報を適切に届けることで、ストレスなく自分の欲しい情報、コンテンツを楽しむことができる社会を実現します。

そこにはあえてニュースという言葉は使っていない。それは同社が配信する情報とは必ずしもニュースに限らないからだ。

「情報とニュースってニュアンスが微妙に異なると思っています。例えば、個人のブログや自分で撮った撮影データ。それらは公共のニュースにはなりえませんが、本人にとっては大事な情報の一つといえますから」(外所 美知子氏)

情報に対する考えは同社のシンボルマークにも表れている。新聞紙でつくった紙飛行機を象ったマークだ。新聞紙(情報)が紙飛行機となってスーッとストレスなく届く。そんな同社の願望を象徴させたデザインになっている。

閲覧するまでの手軽さと多方面にわたる情報量から急激に登録者数を伸ばす。その数はリリース後わずか4年で900万ダウンロードを突破した。(2015年3月現在)

「それから徐々に採用をしていきまして。社員数は第一期には6名、昨年が20数名、そして今年が三期目にあたるのですが70名に増えています」(伊藤氏)

旧オフィスの面積は125坪。当面はここで充分と考えていたが、想像以上に事業の成長と採用が進み、急遽別のオフィスビルを探し始める。当初、ここまで早い段階で探すことになるとは思っていなかったという。そこで次回の移転時にはある程度のバッファーを含めた面積で探すと決めていた。

立地ではなく環境。どんな状況でも情報を配信するためにビルを選んだ

2014年3月から探し始めて7月に現オフィスとの契約を完了させた。立地のこだわりは特にない。あったのはBCP対応ができているかどうかだった。

「情報を配信している企業である以上、災害時でも事業を継続できることを一番に考えました。その点、このビルは非常用のバックアップ電源が備えられていますので安心できますね」(伊藤氏)

「もちろん1棟だけではなく色々なオフィスビルを見学しました。最終的には、ある程度ステータスのあるビルに入居して当社のブランドを高めることも意識したということです」(外所氏)

 

オフィス移転を成功させる物件選び