先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

キクデンインターナショナル株式会社

2017年6月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

時代に合わせた働く環境に進化させた貿易商社の新オフィス

重電機・産業業界を主戦場とし、貿易商社・国際物流・技術支援・技術系シニア人材開発・製造投資といった5つの顔を持つキクデンインターナショナル株式会社。1970年に菊池稔氏によって創業されて以降、信頼と実績を培ってきた。その後、2009年に菊池文武氏が代表取締役を引き継ぎ、様々な経営課題の解消のためにオフィス移転を行った。今回は、そんな老舗の文化とベンチャー精神の融合を図る同社のオフィス移転の事例についてお話しを伺った。

プロジェクト担当

外所 美知子氏

キクデンインターナショナル株式会社
代表取締役社長

菊池 文武氏

 

スキップヒル

執務室全景

はやわかりメモ

  1. より働きやすさを求めて。事業再編を図った会社が選んだ新天地
  2. 半年間で移転プロジェクトが完了。思いのままアイデアを詰め込んだ
  3. 新オフィスのコンセプトはコミュニケーションを活性化できる環境

  4. ビジネススタイルの変化と社内外へのイメージアップ

より働きやすさを求めて。
事業再編を図った会社が選んだ新天地

キクデンインターナショナル株式会社は、1970年6月に神奈川県横浜市鶴見区で創業し、その後、都内に本社を置き、貿易商社として発電機、変圧器といった重電機向けの絶縁物、電気部品を海外から輸入販売していた。また、事業の多角化を進め、電子材料向け製品の製造工場を持ちながら自社製品の販売を行い、IT事業への進出でソフトウェア開発など順風満帆に事業を継続してきたが、リーマンショックの影響を打開するために現在の代表取締役社長である菊池文武氏が会社を引継いだ。そこで菊池氏は「時代環境の変化に適合しながら100年生き残れる企業を目指す」ことを表明する。

その後、2014年に財務強化を目的とした本業回帰への事業再編を図る。そこで長年のノウハウと信頼を培ってきた事業だけに集中させることを決断。製造部門事業やIT事業の売却を完了させる。そして2015年、北新横浜に構えていた工場を正式に手放す。

会社が掲げるミッションは、「ヒトを中心に国境・国籍・人種・文化を超えて、関わる方々と“Win-Win”にLinkさせていく」。常にこのミッションを掲げ、事業を推進している。

現在の事業は「貿易商社」「国際物流」「技術支援」「人材開発」「製造投資」の5つの柱に絞り、お客様の満足度を高めている。こうして事業を集中させて、工場を手放す。菊池氏の手腕はそうした切り替えの早さに発揮される。

「多くの貿易・重電機業界が少し堅いイメージを持つ中で、同社は柔軟でチャレンジャー精神に溢れている会社だと思います」と菊池氏は語る

そうして同社が新しい拠点として選んだのは、新横浜駅から徒歩圏内の駅前通りに面した地上9階建てのオフィスビルだ。

「今までは『工場の管理』を意識する必要があったため、工場と事務所が一体となった比較的広い面積を持つ建物が条件となっていました。しかし工場を手放した今、利便性の高い場所を第一優先としてビル探しを行ったのです」

とはいえ、移転の目的は立地を改善するだけではない。目的はあくまでも「より働きやすい環境の構築」。今まで抱えていたオフィスの課題を解消することにあった。そこで社員同士のコミュニケーションのとりやすいワンフロアで入居できるビルを探したという。

「ちょうどタイミングよく現在のビルに空室が出た情報を掴みました。以前のオフィスは70坪程度でしたが、現在は145坪。特に大幅に社員が増えたわけではありませんが、倍以上の広さとなりました。旧オフィスは、単に机が並べられただけの空間。使用している人数が少ない割には余裕が感じられない。そんなオフィスでした。ですから今回の移転を、オフィス全体を見直すためのいいきっかけにしよう、と思ったのです」

同社は女性比率が高いこともあって、女性をはじめとする多様な人材が活躍できる環境を整える「ダイバーシティ」の精神でオフィスづくりを行ったという。

「当社には数名の外国人スタッフが働いており、同じフロアには当社が古くから付き合いのあるドイツ企業の日本支社を招いて同居しています。そうした日常も、自然に『ダイバーシティ』を採り入れられた要因なのかもしれませんね」

半年間で移転プロジェクトが完了。
思いのままアイデアを詰め込んだ

新オフィスへの移転計画は2016年4月からスタートする。4月から移転先を探し始め、6月に現在のオフィスの賃貸借契約を結んだという。

「今回は、特に要望などを社員に聞かずトップダウンで決めていきました。知り合いのデザイナーと密な打ち合わせを行って。実質3週間くらいでしたね。そうして内容を固めてから一気に内装工事に入ったのです」

同社のスローガンは、
1. 新化:新たな時代を創っていく。
2. 進化:激変する市況に柔軟に適応し高度に変化する。
3. 真価:お客様よりご評価頂けるよう、結果を追求する。

お取引先のすべての方々に対してモノづくりの繁栄に貢献し、常に挑戦する心を持ち続けている。そんな気持ちを少しでもカタチにし、今回のオフィスデザインに反映させたという。

もともと菊池氏は、同社を引き継ぐ前は、米国の大学に進学後、映像制作会社でクリエイティブ関係の仕事に就いていた。そんな自身の経歴も良質な「カタチ」づくりに関係しているのかもしれない。

オフィス移転を成功させる物件選び