先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社リジョブ大阪支社

2017年8月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

オフィスを4倍の広さに拡張して企業ビジョンを具現化した

美容・ヘルスケア・介護に特化した求人メディアの運営で、安定した業績を重ねている株式会社リジョブ。
2015年4月に行った本社移転の内容は、本コーナーでも紹介しているのでご覧いただければと思う。
http://www.sanko-e.co.jp/case/rejob

本社移転と同時期に名古屋と大阪の支社移転を行ったが、まだ拠点展開といえるほどの規模ではなかった。
そのわずか2年後の2017年7月、大阪支社の移転を実施する。特筆すべき点は旧オフィスの約4倍の面積に
拡張したことだ。ここまでの広さを求めた理由はどこにあるのか? 同社の考えるオフィスのこだわりは? 
具体的なオフィスの新機能を交えながら紹介していこう。

プロジェクト担当

外所 美知子氏

株式会社リジョブ
求人メディア掲載事業グループ
クライアント支援Div
チームマネージャー 
福原 雅子 氏

 

スキップヒル

桜咲く公園

はやわかりメモ

  1. 2014年から経済活動を通じた社会活動に取り組んできた
  2. 対象を大阪から全国に。そのために大阪支社の拡張計画が始まった

  3. 条件を絞り込み、移転先をピックアップ。デザイン会社にもビルのイメージを確認してもらった

  4. 新オフィスのこだわりは本社同様に広々とした公園の存在

  5. 会社の成長には、社員のモチベーションの向上が必要

2014年から経済活動を通じた
社会活動に取り組んできた

人材ビジネスという時流の波に上手く乗れたこともあり、右肩上がりの業績を誇る株式会社リジョブ。その転機は「株式会社じげん」との合併にある。

「2014年10月に転職や引越し、結婚といったライフイベントを支援している『株式会社じげん』と合併しました。合併後の業績は約4倍に伸びています。組織のカルチャーも一気に変わりましたね。新たに企業ビジョンを『日本が誇る技術とサービスを世界の人々に広め、心の豊かさ溢れる社会をつくる。』に変更し、『事業で世界中の社会問題を解決させ、心の豊かさが溢れる社会の実現』を使命としました。もちろん、それだけで業績が伸びたわけではありません。合併を機に、もう一度自分たちの事業を見つめ直し、地道に取り組んだ結果だと思っています」

業績向上のためには目標の達成は必須だ。もちろん個人の成績は重要だが、同社ではチームでの目標達成に重点を置く。それが社員のモチベーションアップにつながっていると語る。そんなリジョブ精神を理解しているのか、大阪支社には『相手の利益を考える』ことができるメンバーが揃っているという。

「もともと創業時から、役職の垣根なく一つの目標達成のために全員で力を合わせてきた会社です。上司が頑張っている姿を見て、部下も一生懸命になる。そんな理想的な関係が自然にできあがっていますね」

そのひたむきな姿勢は自らへの行動だけでなく、他人に対する行為に関しても同様だ。

「例えば、目標に達成できなかった社員がいたとします。しかし結果は出したかったという気持ちはあるはず。それならば、その社員を一方的に責めるのではなく、その原因を一緒に探ってあげるのがベストな方法だと信じています」

「基本的な知識が理解できているか」「集中力を維持するには」「全体的なレベルアップの裏技」など、相手の立場にあわせて指導を行っている。

その考え方のベースとなる「REJOB STYLE」を紹介しよう。


■社会貢献に向けて必要な考えを説いた「REJOB STYLE」
REJOB STYLE
私たちリジョブが、事業活動を通じてより良い社会実現に貢献し続けていくために
必要な考え方・行動。それが、「REJOB STYLE」です。
「REJOB STYLE」は、事業展開において大切にする「BUSINESS STYLE」と、
組織づくりにおいて大切にする「TEAM STYLE」の2つで構成されます。
このSTYLEを守り発展させていくことで、常に社会が求める価値を提供できる企業で
あり続けます。


同社の場合、今まで行ってきた「社会貢献」も大きな企業ブランドの一つになっている。そして、その部分に感銘を受けて入社してきた社員も多い。

「一緒に社会貢献に取り組みたい方、美容の世界を極めたいと思っている方、この業界の可能性に魅力を感じている方。入社理由は個々で異なると思いますが、すべての方の志望動機に叶えられるようにきちんと応えてあげたいと思っています」

対象を大阪から全国に
そのために大阪支社の拡張計画が始まった

大阪の美容・ヘルスケア市場は未だ発展途上の段階だ。だからこそ今回の大阪支社の移転には、同社の成長を考えるうえで大きな意義があると語る。

「業務の拡大を進めるためには、優秀な人材を大量に確保する必要があります。私どもの業界は、東京ではすでに人材採用が困難になりつつありますが、大阪はそこまで厳しくありません。他社と同じ水準の条件でしたら問題なく採用できると採算がありましたので思い切って舵を切りました。そしてこのチャンスをものにするためにオフィス移転を行ったのです」

オフィスを改善したことで、企業イメージも向上した。現在、当初の計画通りに人材採用が着々と行われているという。

「主婦の方を含めて女性を中心に採用できています。予定していた20名の採用までさほど時間はかからないでしょう」

条件を絞り込み、移転先をピックアップ
デザイン会社にもビルのイメージを確認してもらった

移転先の検討からプロジェクトの実務に関しては本社主導で行った。もともと手狭感がでてきたことから今後のことを検討していた矢先だったという。2017年3月に、大阪コールセンター構想が経営会議で承認。本格的に移転を検討することになる。

「支社は少ない人数で運営しているため、通常業務以外で社員に負担はかけられません。そのためオフィス移転に関しては本社の責任者と専門会社の間で行いました。週一回は顔を合わせて打合せをするなど、かなりの時間を要したと聞いています」

移転先は旧オフィスが立地していた心斎橋周辺にこだわった。取引先との営業効率を考えたときに、このエリア以外には考えられなかったからだ。

それに加えて、親会社である「株式会社じげん」の執務スペースも必要だった。じげんにとっては初めての大阪進出。そこでいきなり支社を開設するのではなくモニタリングの意味も含めて同フロア内に席を用意した。そうして必要面積を120坪前後と定めた。

心斎橋を中心としたエリア、120坪前後の面積、割安感のある賃料という条件でビル情報を収集。絞り込んだ10棟を見学する。最終的に重厚なグレード感を持つ現入居ビルが選ばれた。

物件確定の前に、東京本社のデザインを手がけたデザイン会社の担当者にもビルの外観、部屋型、窓の位置などを確認してもらう。その後4月に入居ビルの正式契約を行い、内装デザインに関する打合せを行う。6月から内装工事が始まり、7月に入居を完了させた。デザイン会社には移転プロジェクト全体のマネジメントをお願いした。非常にタイトなスケジュールではあったが、同社をよく理解している会社がマネジメントをしたこともあり、スムーズな流れの中で進められたという。

オフィス移転を成功させる物件選び