開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業 前編

2016年12月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

創立100周年。第2の創業に向けて「知産知翔」の街づくりを目指す

2017年12月に創立100周年を迎える相鉄グループは、相鉄線二俣川駅前で再開発計画を着々と進行させている。この沿線ではかつてなかった「職・住・遊」をコンパクトに集積した駅直結の大規模開発で、完成後は新たなビジネス拠点の誕生となると期待が高まっている。今回の取材では開発関係者の皆様から、そのポイントについてお話を伺った。


鈴木 昭彦氏

二俣川駅南口地区市街地再開発組
理事長

鈴木 昭彦氏

齋賀 幸治氏

株式会社相鉄アーバンクリエイツ
開発事業部長

齋賀 幸治氏

二ノ宮 美生氏

株式会社相鉄ビルマネジメント
営業統括部統括・リーシング担当
課長

二ノ宮 美生氏

 

相鉄本線と相鉄いずみ野線の結節点となる二俣川駅

神奈川県横浜市旭区の「二俣川駅」。本駅は相鉄本線の横浜駅 - 海老名駅間のほぼ中間駅に位置する。二俣川駅から湘南台駅を結ぶ路線が相鉄いずみ野線で、それらを総称して相鉄線と呼ぶ。

もともと相鉄線は、相模川からの砂利を運搬するために敷かれた鉄道路線であり、100年前の開業当初は厚木駅からの単線だったという。大手私鉄の中では営業距離が最短であることもあり、全国的に知名度が高いわけではなかった同線が、今、一躍注目を浴びている。

「二俣川は神奈川県運転免許試験場があるため、神奈川県民の間では「二俣川(あるいは二俣)」といえば運転免許試験場の街として知られています」(鈴木 昭彦氏)

運転免許試験場へは二俣川駅北口から行くことになる。そのため、北口には来街者を見越して多くの飲食・物販店舗が集積している。一方、駅の反対側となる南口は、相鉄が運営していたショッピングセンター「グリーングリーン(2014年9月閉館)」はあったが、閑静な住宅地としてのイメージが強い。

「商圏は、二俣川駅から半径約3kmを想定しています。相鉄線沿線では、各駅とも商圏は生活利便施設の色合いが強いため半径約500m程度ですので、沿線の核施設として、かなり広範囲に商圏を想定していることがわかると思います」(齋賀 幸治氏)

一方、二俣川駅南口再開発エリア内には竹林が広がる豊かな自然があった。今回の再開発により、当時からの街のイメージを残すために竹をテーマとした植栽を駅前交通広場に施す予定だ。

「休日などは二俣川駅で下車して、横浜市内でも最大級の面積を誇る『こども自然公園』内の、ちびっこ動物園、とりでの森、青少年野外活動センター、バーベキュー広場、野球場、教育水田など数多くの施設に行かれる方が大勢いらっしゃいます。そんなことからも、『自然との共生』が今回の再開発のテーマの一つになっています。そのことは沿線住民の皆様にもご理解いただいております」(鈴木氏)

二俣川駅の1日あたりの平均乗降客数は、相鉄本線・相鉄いずみ野線合わせて7.7万人(2014年度)だ。それ以前が8万人前後で推移してきたことをみると微減していることがわかる。

「二俣川駅の利用者は、当初の開発時からお住まいになっている方が多いことがその理由の一つに挙げられると思います。今後は沿線にお住まいの若い世代や、現在お住まいでない沿線外の方々にも興味を持ってもらえるような街づくりをしていきます。今回の再開発がその起爆剤になればいいと考えています」(二ノ宮 美生氏)

前述したように、二俣川駅は相鉄本線と相鉄いずみ野線との結節点であり、交通の便はきわめて良好である。都心への行き来も便利だ。例えば、二俣川駅から品川駅への所要時間は27分、渋谷駅へは35分、東京駅へは41分となっている。そして今後は、2019年度下期に相鉄・JR直通線、2022年度下期に相鉄・東急直通線の運行が開始となる予定で、新幹線停車駅である新横浜駅から二俣川駅までは、現在約31分要する所要時間がわずか11分に短縮。ますます利便性の良いターミナルステーションとなることは間違いない。

二俣川エリアの価値創造に取り組む街づくり

今回の再開発計画では、従来のエリアイメージの向上のほか、二俣川駅を利用する多くのお客様に食事や買い物を楽しんでほしい、という狙いがあると語る。

「今まで二俣川のことを知らなかった方々に、利便性が向上し、日常生活に彩りを加える機能を備えたターミナルということを広めたいですね。今までとは違う街のイメージをつくりあげていく。そのために、多くの方々にご意見やご要望をいただきたいと思います。そして集まった声をできるだけ反映させていきたいですね」(鈴木氏)

再開発街区の中に地上29階建てのタワーレジデンス「グレーシアタワー二俣川」がある。2016年8月末、全421戸(事業協力者住居21戸含む)中の380戸が第1期供給として販売開始されたが、かなり短期間で順調にお申し込みいただき、二俣川再開発事業の注目度の高さがうかがえる。

「やはり、これだけの規模の物件となるとそうそう開発することはできません。それだけに、多くのお客様が待ち望んでおられたようです。反響は大きく、『モデルルームはいつできるの?』『いつから販売開始されるの?』としばしば問い合わせがありました。おかげさまで、想像以上に早い反応が出ています」(鈴木氏)

「物件そのものの魅力ももちろんですが、二俣川駅という立地が『マンションのグレードを高めた』ということではないでしょうか。おそらく二俣川駅直結の利便性や周辺環境も評価していただいたのだと思います」(二ノ宮氏)

「住宅棟は杭を使用しない直接基礎構造のため、その構造について時間をかけてご理解いただくように努めました。そんな私どもの姿勢も信頼や評価につながったのだと思います」(齋賀氏)

「この再開発は、色々な機能を組み合わせればエリアが活性化するといった単純な発想で生まれたわけではありません。まず、地元住民の皆様にとって必要なものは何か、どうすれば願いに応えることになるのか、そんな思いから始まりました。周辺エリアは成熟期を迎えており、色々な年齢層の方が生活しています。ですから子育て支援施設や高齢者サポート施設など、『各世代にとっての暮らしやすさ』を考えて構想したのです。せっかく住宅から商業施設、オフィスまでが揃う複合機能都市として生まれ変わるのですから、施設をつくるだけではなく人々の交流やコミュニティも育まれる場になればいいですね。ゆくゆくは『住みたい街ランキング』に入り、日常生活にプラスαが加わる彩りある暮らしを体感していただきたいと思っています」(鈴木氏)

低層階イメージ

鉄道アクセス

相鉄グループ100周年にあたり中核プロジェクトとなる事業

 相鉄グループは純粋持株会社である相鉄ホールディングス株式会社を中心に、運輸・流通・不動産・ホテルなど約30社のグループ企業によって構成される。グループ名の由来となっている「相模鉄道」の創設は1917(大正6)年12月18日。2017年12月には創立100周年を迎える。そこで、第2の創業に向けたグループビジョン「Vision 100」が策定された。

「『Vision 100』は、もともと2010(平成22)年から2019年度までの10年間を計画期間として進められてきたもので、グループ全体としても非常に大きな目標になります。また、相鉄とJR東日本さん、東京急行電鉄さんとの相互直通運転を開始するとともに、相鉄線沿線ブランドの再構築を企図しています」(齋賀氏)

なお、相互直通運転に関しては、相鉄・JR直通線が2019年度下期、相鉄・東急直通線は2022年度下期の開業予定である。

策定された「Vision100」の中で、沿線の魅力が高まるように沿線や駅を整備対象とした6つの重点開発プロジェクトを展開。現在進行中の「二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」は、その6大プロジェクトの中核となる再開発計画といえる。

横浜駅を起点とすると、「鶴屋町地区再開発事業」「星川~天王町間整備計画(高架下の活用事業など)」ときて、その次がこの「二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」となる。

「二俣川の再開発事業は法定再開発事業になります。私たち相鉄アーバンクリエイツは権利者でもあり、再開発組合の事務局として事業推進していますが、今回、商業床、オフィス床、駐車場床の保留床を取得し、あわせて施設計画を推進しています」(齋賀氏)

相鉄グループの沿線再開発計画は、リージョナル(地域)戦略として「都心ゾーン」「下町ゾーン」「コンパクトシティゾーン」「県央ポータルゾーン」「ガーデンシティゾーン」の5つに分かれ、それぞれに開発コンセプトが定められている。「二俣川駅南口地区は『ガーデンシティゾーン』に属し、そのコンセプトは「知性とつながりのある街」となる。

「先行して進められた『相鉄いずみ野線沿線駅前街区リノベーション計画』の中には、いずみ野駅前などすでにリニューアルオープンしているところもあります」(齋賀氏)

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須