失敗しないオフィス移転 〜計画通りのスムーズな移転の裏側とは〜

執筆:山口むつお(株式会社バーグハンバーグバーグ)

記事公開日:2017.6.5

今から約1年前、2016年2月に開催された、三幸エステートが株式会社バーグハンバーグバーグとコラボレーションして行われたイベント「大ベンチャー展」。


pj01.jpg




そこでは様々なベンチャーの歴史(嘘)が展示されていましたが、その中でも最も大きな展示物と言えば、体長4m近くある「ホリエザウルス」でした。


pj02.jpg



pj03.jpg

さて、実際に堀江貴文さんの顔の型を取り制作をしたこの恐竜。期間中にオフィス仲介契約をしていただいた企業様に差し上げる、というキャンペーンを実施したところ、このたびめでたく株式会社キュービック様に納品させていただく事となりました。


▶当日の様子はこちら





今回はその裏話として、キュービック様の増床を担当した移転プロジェクト室の草野真さんにお話をお伺いしました。







pj04.jpg


草野 真

三幸エステート株式会社・移転プロジェクト室所属。会社の移転プロジェクトの番人。








オフィス移転を計画通り、スムーズに進めるコツとは?

 

 

 

 

pj05.jpg


 


ー「移転プロジェクト室」という部署の業務について教えていただけますか?


オフィス仲介と言って皆さまがイメージするのが、実際に物件を紹介する営業マンの姿かと思います。私ども移転プロジェクト室は"企業様のご移転プロジェクトの全てに関わる番人"だと思っていただけるといいかもしれません。




ーそれって本当ですか?では具体的な「番人」としてのお仕事について伺わせてください。


本当ですよ(笑)。物件をお客様にご紹介する「前」と「後」が腕の見せ所です。
現在入居されているオフィスの現状把握を行い、ご移転要件を整えながら予算内で適切にオフィスが構築されるマネジメント業務を行います。




ー本当かどうか怪しいですね!もし本当だとするなら、ただヒアリングをするのではなく、その内容から何が必要かを分析するということですかね。


本当です!
実は気付いていないだけで、次のオフィスに本当に必要な要素が見えてくることもありますので、この現状分析は欠かせません。




ー本当かな……?仮に本当だったとして、「後」の部分について教えていただけますか。


本当ですので信じてください。
ご移転物件でのレイアウトや内装業者や各種ベンダーの精査・選定を通じ、予算や工程管理をさせていただきます。
特に、実際の工事現場では思いもよらない調整事項が発生する事が多いため、現場での立ち会いが必要となる事がよくあります。それらをお客様の代わりにとりまとめ、承認をいただきながら調整し、滞りなくスケジュール通りにお引き渡しする……という重要な役割です。

 



ー本当は?


pj06.jpg



……なんで僕のことそんなに疑うんですか?





内装工事でよくある失敗例・ドアについて

 

 

 

 

pj07.jpg



ー物件を決める前後をしっかりしないために、よくある失敗などはあるのでしょうか?やっぱりドアでしょうか?

よくわかりましたね!そう、例えばドアです。
予算重視で内装業者にすべて丸投げした場合や、ドアのコストをかけなかった場合、開閉がやたら重く感じられたり、部屋の中の音が丸聞こえ…という事が起こる場合があります。実はドアって意外と大事な部分ですので、本来ある程度の予算をかけたほうが良いのです。




pj08.jpg

※コスト削減の対象になりがちなドア。




ードアに予算をかける、という発想はありませんでした。

もしこれが、役員会議室のドアだったら……弁護士事務所だったら……。最悪の展開になりますよね。
私どもは数多くのオフィスを手がけていますし、内装工事の平均的な費用感もわかっています。私どもが間に入ることで、工事の適性な見積もりや、どのように予算を配分するのがベストか、というところまでご提案をさせていただいています。




ーなるほど。他にも、ドアに関する失敗例はありますか?

「エアバランス」と言いまして、部屋の外と中で気圧差が生じてしまうような内装工事をしてしまった場合、ドアが開きにくくなる事があります。きちんとオフィス内の空気の通り道を考えておくのは重要なポイントです。
例えば、換気扇を回したままにした状態で外出した時、玄関のドアを開けようと思ってもなかなか開かない!という経験をされた事はありませんか?これは室内の気圧が下がり、室内の中心に向かおうとする力が働くためにドアが開きにくくなるためです。
さきほど申し上げたオフィスのドアの事例は、これと同じような原理なのです。




pj09.gif

※エアバランスが悪いとドアが重たくなり、スムーズな開閉ができなくなってしまいます。
専門の知識がある人に任せると安心。




ーもっとドアについて教えてください。

ドア、好きですね。 特にないです。




草野とドア

 

 

 

ーでは最後に、草野さんにとって「ドア」とは何ですか?



pj10.jpg




ん?どういう事ですか?



ー草野さんにとって「ドア」とは何ですか?

いきなりそう言われましても……。




ー端的にお願いいたします。草野さんにとって「ドア」とは何ですか?

……開くものです。




ー「開くもの」。つまり、ドアは閉まらないということ?

すみません、閉まります。




ー改めてお聞きします。草野さんにとって「ドア」とは?



pj11.jpg


……開いたり、閉まったりするものです。





ーありがとうございました。


pj12.gif



オフィス移転をスムーズに行うには、間を取り持ち適切な対応を行うプロフェッショナルは不可欠です。もしオフィス移転をお考えの企業様は、ぜひ一度ご検討ください。

 


インタビューにお答えいただいたドア草野さん、ありがとうございました。




 
 

まだまだ続く取材記事!
メルマガ登録で最新の更新情報をいち早くお知らせします!
メールアドレスだけで今すぐ簡単登録

あなたもお引越ししたくなってきましたか!?
オフィス物件検索はこちらから!
「大ベンチャー展」キャンペーン概要はこちらから!

▼「大ベンチャー展」の裏話がバーグハンバーグバーグTVで取り上げられました!

関連ページ・資料
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須