先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社BANDAI SPIRITS 前編

2019年3月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

ホビーエンターテインメント企業が仕掛けた
オフィスデザインによる働き方改革

「夢・遊び・感動 世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」を企業理念とするバンダイナムコグループ。2018年4月から新たな中期計画をスタートさせた。その目的は、従来のビジネスモデルや常識にこだわることなく、挑戦・成長・進化をし続け、次のステージに向けてCHANGEを図ることにある。その達成に向けた1つとして株式会社BANDAI SPIRITSが誕生した。今回の取材では、新会社設立の背景や統合移転、新オフィスのポイントなどについてお話をお聞きした。

 

杉山 優子氏

株式会社BANDAI SPIRITS
総務部 総務チーム

川瀬 達也 氏

 
 
 
 
 
 

エントランス

フリースペース

Contents

  1. グループ会社のハイターゲット事業を統合してBANDAI SPRITSが誕生した
  2. 4つの拠点を一気に集結。物理的に効率的な動きになった
  3. 社員の姿を思い浮かべながら使いやすさの検証を重ねていった
  4. 新会社の事業内容を考えてエントランスデザインにはこだわった
  5. オフィスの構築を通して自社の働き方改革を目指す

グループ会社のハイターゲット事業を統合してBANDAI SPRITSが誕生した

株式会社バンダイ(創業当時:株式会社萬代屋)は、1950年7月の創業以来、一貫してトイホビーを提供してきた。そしてキャラクター商品としての知的財産(IP:Intellectual Property)を日本発信で行いグローバルビジネスでの拡大に向けて走り続けてきた。

その後、2005年5月に株式会社バンダイと株式会社ナムコが経営統合を発表。同年9月に株式会社バンダイナムコホールディングスが設立された。以降、積極的な海外展開(現在12ヵ国)を行い、海外向けのビジネスを推し進めている。近年では、日本国内のキャラクターが世界中で人気を呼んでいることもあり、世界中の人々に『夢・遊び・感動』を提供している。

2018年4月、バンダイナムコグループは新たな中期計画をスタートさせた。トイホビーユニットの主幹会社であるバンダイは、今後、ワールドワイドでのハイターゲット事業の成長を目的に、主にハイターゲット向けに事業展開している部門を統合する。それにより株式会社BANDAI SPIRITSが誕生した。

「まずは、2018年2月に株式会社バンダイが行っていたハイターゲット向けフィギュアや超合金、プラモデルを企画開発する部門と、株式会社バンプレストが行っていたコンビニエンスストアや書店向け専用景品などの企画開発部門との事業部統合になります。ターゲット層を明確にして共に一つの事業として展開することでイノベーションの幅が広がるのではと考えたのです。さらに2019年4月には、アミューズメント施設向け専用景品などを展開する株式会社バンプレストと合併することで、ハイターゲットにこだわることなく、子供のころからのバンダイホビー世代、歴女や戦国女子といった女性層、深夜アニメの視聴者やイベントの参加率の高い若年層など、さまざまなお客様にハイスペックの商品をラインナップしていこうと考えています」

4つの拠点を一気に集結。物理的に効率的な動きになった

新会社設立後、すぐにオフィスの統合が出来なかったため、しばらくは台東区のバンダイ本社内、港区に立地するバンダイナムコ未来研究所内など、数拠点に分散したまま業務を続けていた。

「もともとバンダイナムコ未来研究所の中にバンダイナムコホールディングスが入居していました。その近くに新会社を構えるのが相応しいということで2018年1月に現オフィスビルが竣工した時点でいち早く空室フロアを確保していたようです。ホールディングスに近いほうが何かと便利ですし、移動にかかる時間やコストも削減できる。ここを移転場所に選んだのは正しい選択だったと思います」

分散していたオフィスが1ヵ所にまとまっただけで業務はだいぶ効率化されたと語る。新オフィスはJR線、都営地下鉄2線が使用できるアクセス良好な立地に建てられた大規模ビルの7フロアを使用する。ほぼ正方形のレイアウトしやすい形状も魅力的だった。

社員の姿を思い浮かべながら使いやすさの検証を重ねていった

「私が正式にBANDAI SPIRITSの総務担当となったのは2018年4月のことです。それまではグループ会社の一つである株式会社バンプレストの総務でオフィス移転やレイアウト変更を担当してきました。短い周期でかなりの数のレイアウト変更を手掛けたことはありますが、今回のようないくつもの拠点を一つに統合させる経験は初めてのことでした」

担当を任命された4月の時点ですでに内装デザインの工程会議は始まっていた。その時点で、9月1日から新オフィスで全員が業務を開始すること、賃借した6階から12階を事業部ごとにフロアで分けることが決定されていた。

「約400名を一斉に移動させるかなりタイトなプロジェクトでした。社内調整を私の上司が行い、主に私がプロジェクト全般の現場作業を担当しました。今までと違う文化を持つ企業同士の集積ですからスムーズに進まないこともありました。実際に行った業務も広範囲に。ざっと思い浮かべるだけでも、家具・什器の廃棄計画、新規調達、オフィス収納に合わせた書類廃棄指示、社員に対する説明資料の作成、内装デザイン計画の策定、プレスリリースの配信準備、社内印刷物の変更、関係官庁への届け出、荷物の梱包手配、搬出・搬入計画、引越し後の確認など、本当に多岐にわたりました」

ある程度のオフィスレイアウトが確定していた。しかし実際に打合せを重ねる中で多くの変更点が見つかったという。

「当初のレイアウトでオフィスを使っている社員の姿を思い浮かべてみたんです。そうすると当社の文化や社風とはかけ離れている部分があって。このままスタートさせてしまったら遅かれ早かれ改修する時間や費用をかけることになります。それだけは避けなければと。そうしてデザイナーさんと何度も顔を突き合わせて、意見交換をしながら少しずつ進めていきました」

ある程度のレイアウトデザインを確定させて内装工事に入る。家具・什器の選定や細かい備品まで、一つひとつ確認していった。そうして新オフィスへの移動となる。引越し作業は8月の3週間を使ってフロアごとに順次行われた。

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。

オフィスコラム

オフィスの選び方、オフィス移転のポイント、オフィスレイアウトのコツなど役立つ情報満載!

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び