空調設備に関する用語

※ 用語をクリックすると詳細が表示されます。

ダンパ

ダクト内を流動する空気量を調節し、また遮断するために設ける可動板のこと。ダンパには1枚の板を中心に回転軸を有する回転式の蝶形ダンパ(バタフライダンパ)と、複数以上の羽根を用いた多翼ダンパ(ルーバ形ダンパ)に大別され、前者は主に小型ダクトに用いられる。

ダクト

部屋以外の機械換気施設で暖冷房した空気やキッチンなどで喚起した空気を送るための管路のこと。天井などにダクトスペースを持ち、各室に分配する。亜鉛鉄板製が加工しやすく一般的だが、最近は蛇腹のプラスチック製のダクトも使われている。

ダクトスペース

冷暖房・空調・換気のために冷・温風を各室に送るのに用いるダクト(風道)を収納するスペース。

定風量単一ダクト方式

吹出し口から出る風量は一定とし、吹出し温度を変えることによって冷暖房能力を調整する空調方式。前後の圧力差変動にもかかわらず、風量を一定に保つ目的で定風量装置を用いる場合がある。

可変風量単一ダクト方式

吹出し口から出る温度を一定とし、吹出し風量を変えることによって冷暖房機能を調整する空調方式。個別制御がしやすく、搬送動力も減らせて省エネルギー的であるが、設備費は割高となる。

可変風量ユニット

ダクトの管末(ターミナル)に設置して、室内の温度条件に合わせて風量をコントロールするユニットのこと。原理的には、バイパス型、スロットル型などがある。ユニットによって、イニシャルコスト、ランニングコスト、気流分布、発生騒音などが異なるので、目的に合わせて機種を選定する必要がある。

パッケ-ジユニット方式

パッケージユニット(エアフィルタや送風機、冷凍機、自動制御機器などの空気調和機の機能をまとめた小型装置)を使って空調を行う方式。比較的安価で簡便に空調したい場合や、小さい部屋単位で独立して運転したい場合に採用される。

マルチエアコン方式

1台の屋外機と、複数台の室内機と冷媒配管とからなるヒートポンプユニット。室内機が小型分散配置となり、ダクトが不要、個別制御が可能となる。中小ビルや店舗での使用が多い。

ウォールスルーユニット方式

壁面に設けた開口にはめ込んで使用する床置き形式の空冷型パッケージエアコン。壁にはめ込んだ大型ルームエアコンとほぼ同様の機能を持つ。

セントラル方式(中央方式)

熱源機器や空調機をできるだけ中央に集中した空調方式。保守管理が容易で、スケールメリットが生かせて安価となる

各階ユニット方式

多層建物において、空調機を各階に設置する方式。防災上有利であり、また貸事務所などの場合の運用が便利である。

輻射式冷暖房

熱は温度の高い方から低い方へ伝わるという自然の原理を利用した空調方式。暖房の場合は、天井に設置したパネルに温水を流すことで人間体表面の熱放射量を少なくさせ、暖かさを伝える。その場合、温度の低い床や壁などにも熱が伝わるため、室内空気も均一に暖めることができる。
逆に、冷房の場合は、パネルに冷水を流すことによって、冷やされた天井が人間の身体や高温となった室内壁の熱を吸収。夏にトンネルに入ると身体が涼しく感じるのと同様に、快適な室温を実現できる。長時間にわたって快適さを求めるオフィスビルや学校、研究所、安らぎが必要な病院やホテル、静かさを求める図書館や美術館などが輻射式冷暖房に適している。

クーリングタワー

水冷凝縮器の冷却水を捨てずに、何回も繰り返して循環使用できるようにする役目を果たす装置のこと。冷却塔ともいう。水を効率良く冷却させるために、送風機を設けて塔内へ大気を強制的に取り入れるとともに、充填(じゅうてん)材によって空気と水ができるだけ長く接触するようになっている。

ファンコイルユニット

小形送風機、温度調整用熱交換器、空気ろ過装置を組み合わせて一体とした小形の温度調節空気を供給する機器。

二管式

必要に応じて冷水と温水を1個のコイルで切り替えて供給する空調配管方式。短時間のうちに冷房と暖房を切り替えられない欠点があるが、経済的で広く使用されている。

四管式

冷温水のコイルを2個組み込んでおり、冷水と温水をそれぞれ独立して供給する空調配管方式。冷房から暖房へと急変する箇所や、ファンコイルユニットごとに冷房や暖房要求が異なる場合に適するが、設備費が高い。

空気調和機

送風機、温度調節用熱交換機、加湿装置、空気ろ過装置などを一つのケーシング中に組み合わせて収容。所定の温湿度の空気を供給する装置のこと。

インテリアゾ-ン

建築の平面において、空調域でかつ外壁からの熱的影響を受けない領域。一般的に外壁から3~6メートルの部分を除外した内側をいう。

ペリメーターゾーン

建築平面にて、空調域かつ外壁からの熱的影響を受ける領域。一般に外壁から3~6メートル内部の部分までをいう。日射や外気温の変動により、この部分の熱負荷は時々刻々激しく変化する。

当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須