オフィス環境に関する用語

※ 用語をクリックすると詳細が表示されます。

アロマコロジ-

香りによって疲労回復を図るなど、人間に対する影響を検証した理論。最近では、これを利用した空調によってオフィスを快適にしている事例もある。

エルゴノミクス

人間が使用する機器・家具・環境・建物などを科学的に分析し、その結果を反映して快適で疲労の少ないものにしようとする工学的アプローチ。労働環境として肉体的・精神的疲労を最小限にすること、心理的ゆとりや息抜き、気分転換を図ることが考えられる。

間接照明

照明光源の中心を通る水平線の上方向に、照明光源の光束の90%以上が放射される照明方式。ランプからの直接光をカットし、照明器具の反射板や造営材の反射光により間接的に行う。

直接照明

照明光源の中心を通る水平線の下方向に、照明光源の光束の90%以上が放射される照明方式。執務空間では、作業面方向への放射が多いため照明効率が良い。

アンビエント照明

事務室の天井面や壁面などに照明を設け、部屋全体を均一に照明する全般照明方式。その他、照明方式としては、作業場所を対象に必要な場所にだけ照明を行うタスク照明、それらを併用するタスクアンドアンビエント方式などがある。

LED(発光ダイオード)照明

電流を流すと発光する半導体素子の一つ。消費電力が少なく、LED電球の低価格化に伴い市場が急拡大している。

環境省と経済産業省は、CO2削減や節電の観点からLED照明促進を関係業界に要請するとともに、国民へのキャンペーン「あかり未来計画」を実施している。

Low-Eガラス

Low-EのEとは、Emissivity(反射)の略。ガラスの表面に特殊なコーティング処理をして、断熱性能や遮断性能を持たせた低反射ガラスのこと。

照度

光源によって照らされている物体表面に入ってくる光の総量。ルクス(lx)で表す。

輝度

物体表面の明るさの度合いを表す量。カンデラ毎平方メートル(cd/㎡)で表す。

輝度対比

見ようとする対象物とその周辺や背景との輝度の比率。視野内の輝度の変化が大きいと視線を動かすたびに輝度に順応する必要から目の疲労を招く。またVDT作業においても、CRT面内に照明などが映り込み、画面文字の輝度対比が低下するため視作業に影響を与える。VDT作業環境では適切な輝度対比を保つことが重要である。

グレア

視野内に輝度の高いものの存在や輝度差が大きいことにより、視認性の低下や不快感が生じる現象のこと。光源や明るい窓面が直接影響するものと、物体面が明るく反射するもの、照明などがパソコン画面に映り込むものとがある。

マスキング

騒音の周波数帯に別の周波数帯を用いて共鳴させ、発声音を打ち消す消音方法のこと。一般的には業務の支障にならない程度の快適音を流すバック・グラウンド・ミュージック(BGM)による方法を用いるケースが多い。

当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須