オフィスレイアウトに関する用語

※ 用語をクリックすると詳細が表示されます。

対向式レイアウト(島型)

複数の家具を隣接、向かい合わせた島状の配置。日本で最も多く採用されているレイアウトパターンで、最小のスペースで配置できる。

同向式レイアウト(並列式)

銀行店舗などで良く見かけられる配置。一般オフィスではあまり多く採用されていないが、来客に対する姿勢や、業務の流れ(一線式業務)が良く機能的であり、定型業務には適している。

卍(マンジ)型レイアウト

各自の目線が合うことがなく、ある程度のプライバシーが確保できるレイアウト。近接なコミュニケーションが可能になるという特長がある。

十字型レイアウト

4個のデスクの中心にコーナーテーブルを入れ、共用スペースを設けるレイアウト。

フロアゾーニング

フロアごとの単位で、機能空間を配置すること。そのフロアをよく把握し、最も効率良く配置することが必要。

ファイルメーター

書類のサイズや形状にかかわらず、書類やファイルを積み上げた厚みを計測した量を表す単位。
(オフィス内総ファイル量)÷(社員数)

電子ファイリング

作業の効率化とオフィスの省スペース化の両面から、紙の資料や書類を電子データ化してファイルすること。迅速な検索ができ、収納家具のスペース削減が図れるメリットがある。

ファニチュア計画

オフィス内の家具を、仕事の内容や空間の特性などを考慮して最適で機能的なものを選定すること。機能的で快適な、しかも安全で耐久性に優れた家具を選定することはオフィスプランニングの重要な要素である。

ユニバーサルレイアウト

組織変更があっても基本的にレイアウト変更をせずに「人」「書類」の移動のみで対応可能なワークプレイスのこと。ユニバーサルプランとも呼ばれる。日本企業のオフィスでは、「部」や「課」ごとにまとめる「島型対向式」が代表的なレイアウトである。
「島型対向式」は、グループ内のコミュニケーションが取りやすいという優れた特長があるが、増員や異動ごとに机の並び替えや電話線・ネットワーク配線の変更などの手間やコストが発生する。その点、ユニバーサルレイアウトでは、役職や業務特性にかかわらず、徹底したレイアウトの標準化を行い、フレキシブルにワークプレイスを運用。組織変更時でも、移動費用を大きく削減できるメリットがある。また、従来の縦割りだったワークスタイルから、プロジェクトを中心とした配置ができるなど、単にオフィスコストを抑えるだけではなく生産性向上のための効果もある。

当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須