建物の構造・工法に関する用語

※ 用語をクリックすると詳細が表示されます。

耐震構造

設計、施工に際して地震や強風などの力に耐えられるように設計された建築物の構造。「耐震」が地震力に耐える構造に対し、「制震」「免震」は地震力を低減させるという構造の違いがある。

制震構造

地震などによる振動エネルギーを制御・抑制する装置を設けた構造。制震構造には、揺れを吸収する装置を建物に設置する「パッシブ制震」と油圧式や電気式の駆動装置を建物に設置する「アクティブ制震」などがある。

免震構造

揺れを小さくする効果のある装置を設置し、地震の影響を和らげる構造のこと。水平に柔らかく動くバネの原理で揺れを伝えにくくする積層ゴムや振動エネルギーを吸収するダンパ(振れ止め)を建物と基礎との間に使用するタイプが多い。免震構造に必要な機能として以下の三つがあげられる。

  1. 荷重支持機能(建物を耐用年数まで安定して支持する機能)
  2. 水平復元機能(建物の揺れをゆっくりとした動きに変えて、地震後に元の位置に復元する機能)
  3. 減衰機能(建物の振動と反対方向に働く力により振動を抑制する機能)
鉄骨構造(S造)

柱、梁などの主要な構造部分を、形鋼、鋼管、鋼板などの鋼材を用いて組み立てた構造。軽量かつじん性に富み、高層建築などに用いられる。「鋼構造」「S造」ともいう。

鉄筋コンクリ-ト構造(RC造)

柱、梁、床などの主要な構造部分を、鉄筋とコンクリートとで構成した構造。「RC造」ともいう。

鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)

柱、梁などの主要構造部を鉄骨と鉄筋とコンクリートで構成した構造。「SRC構造」ともよばれる。

壁構造

壁体、床版などの平坦的な構造体のみで構成してゆく構造方式。柱、梁を主体とする構造(ラーメン構造)と異なり、高層化には難があるが、中低層には適する方式。「壁式構造」ともいう。

剛構造

RC造・SRC造のように建物全体を一体的に剛にした構造で、耐震壁を有効に設け、外力に対し変形しにくくしているが、受ける地震力は大きい。一般的に31メートル以下の建物は剛構造である。

柔構造

建物の固有周期を長くすることで、受ける地震力を小さくして地震に抵抗させる構造。上部構造として鉄骨(S)造を用いる。超高層建築のほとんどは柔構造である。

ラーメン構造

一般に柱、梁を剛に接合した箱枠状の骨組をラーメンという。このラーメンを用いた構造の総称である。
鉄筋コンクリート造、鉄骨造に用いられている建築構造。柱と梁の接合部を動かないように一体の構造として剛接合(角度が変わることなく、曲げ応力を正しく伝達する接合)することで、地震などの水平力に抵抗する。

杭基礎

地表近くの地盤が弱く建物を支持することができない場合、深い地盤で建物を支える基礎形式。
硬い支持地盤まで杭を打ち込む支持杭工法と、支持地盤ではない比較的浅い層に埋設して杭の摩擦力で支持させる異形摩擦杭工法などがある。

杭地業

建物の荷重を地盤面下の固い地層に伝達させるために設置する柱状の構造部材。
材料および製造方法による分類から、木杭、綱杭、既成コンクリート杭、現場打ちコンクリート杭、合成杭がある。また支持機構上の分類から、支持杭と摩擦杭がある。

躯体

建物の骨組み、構造体のこと。「構造躯体」ともいう。建物の強度にかかわる基礎、柱、梁、壁面、床などを指す。骨組みとなる”躯体図”の出来が建物の仕上がりを左右する大きなポイントとなる。

屋根や上階の床の重さを受け支えるために、建築物の棟(むね)の通りと直交して、柱上に渡される横木の総称。屋根(小屋)または床材の応力を、柱または体力壁に伝達する横架材。梁間(はりま)方向といえば、一般的に建物の奥行き方向を指し、梁間間隔のことをスパンともいう。梁間方向と直交する方向のことを、桁行(けたゆき)方向という。

スパン

支柱から支柱までの間隔。開口部の広さを示す。

スラブ

圧延鋼材のうち、原板・中板の材料となる半成品。鋼塊または鋼片を偏平形に粗圧延したもの。
垂直荷重を受ける板状の部材であるが、通常、鉄筋コンクリートの床を指す。

スリーブ

配管やダクトを梁や床を貫通させる場合に、あらかじめ、梁や床に穴を設けるためのさや管。矩形の穴を空ける場合の木枠は箱という。

軽量コンクリート

普通コンクリートに対し、人工軽量骨材を使用して比重を軽くしたコンクリートの総称。
断熱性能、遮音性能、構造性能を高めるために使われる。

軽量鉄骨構造

鉄骨自体の肉厚の薄い鉄骨を加工して構造を造ったもの。現場で使用する材料は、柱、梁、桁(けた)、床、壁などの工場製作した部品で、現場ではボルト、ビスなどによって接合し組み立てる。
一般に耐久性の観点から防錆(ぼうせい)加工した材料が使用され、プレハブ住宅、組み立て梁、鋼製物置、事務所建築の内装下地などに使われている。

軽量モルタル

セメントモルタルの中に、真珠岩(パーライト)、火山砂または硬質発泡樹脂粒を混入したもの。砂とセメントによる通常のモルタルに比べて、塗厚さも小さくてすみ、軽量で軟らかく施工性も良い。断熱性もありひび割れも比較的少ないので、最近では多く採用されるようになってきた。

ALC

外壁に使われる材質・工法の一種。オートクレープド・ライトウェート・コンクリート(Autoclaved Lightweight Concrete)の略。製造時にオートクレーブ養生(高温高圧蒸気養生)を行い製造した軽量気泡コンクリートのこと。細かい気泡が入っているため、普通のコンクリートより軽く、耐火・断熱性と耐久性に優れているが、吸水性が大きく、表面に防水性の高い仕上げをしなければならない。

板状に加工したALC版は、鉄骨住宅の外壁材や床材に多く利用されている。工場で製造されるコンクリート製品の一つ。製品として、壁用・間仕切用・床用・屋根用・バルコニー用などがある(指定用途以外は使用禁止)。

防火構造

建築基準法により、木などの燃えやすい材料の表面を、防火被覆を施すことで防火上有効として定められた構造。木造下地の鉄鋼モルタル塗りや、漆喰(しっくい)塗りなどの構造がそれにあたり、政令で定められた耐火構造・準耐火構造に次ぐ防火性能を有する。不燃材料などを組み合わせて施工することで防火構造とすることができる。

令8区画

消防法施行令第8条に規定する開口部のない耐火構造の床または壁の区画のこと。令8区画については、以下の基本的な考え方に適合するか否かを確認することが必要であり、「消防防災用設備などの性能評価について」に基づき、個々に性能評価を行うこととしている。

1.令8区画の構造

      • 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造またはこれらと同等に堅牢かつ容易に変更できない耐火構造である。
      • 建築基準法施行令第107条第1号に定める通常の火災などの加熱に耐える時間が2時間以上の耐火性能を有する。

2.令8区画を貫通する配管などについて

  • 配管の用途は、原則として給排水管であること。
  • 配管の外径は200ミリ以下であること。
  • 配管を貫通させるために令8区画に設ける穴が直径300ミリ以下となる工法であること。なお、当該貫通部の形状が矩形となるものにあたっては、直径300ミリの円に相当する面積であること。
  • 配管を貫通させるために令8区画に設ける穴相互の離隔距離は、当該貫通させるために設ける穴の直径の大なる方の距離(当該直径が200ミリ以下の場合にあっては、200ミリ)以上であること。
  • 配管などの耐火性能は、当該貫通する区画に求められる耐火性能時間(2時間以下の場合にあっては2時間)以上であること。
  • 貫通部は、モルタルなど不燃材で完全に埋め戻すなど、十分な気密性を有するとともに、当該区画に求められる耐火性能時間(2時間以下の場合にあっては2時間)以上の耐火性能を有するよう施行すること。
スケルトン貸し

米国のオフィスビルでは、テナントが決まってから内装を仕上げる「スケルトン貸し(コア&シェル)」が主流となっている。

一方、日本のオフィスビルは、床から壁、天井、照明に至るまで内装が仕上げられた段階で引き渡される。したがってテナントが好みのデザインにしたいと考えた場合、自己負担で新品の標準内装を破棄することになる。
そんな中、建築基準法の規制が緩和。建物全体が仕上がっていなくても検査の承認を受けられる「仮使用承認制度」を活用して、日本版コア&シェル貸しが可能になった。この手法は、廃棄物削減や内装自由度、内装施工時間の短縮などの観点から注目されている。

グリッドシステム天井

欧米で一般的に普及されているシステム天井。従来のライン型天井と比べ、レイアウトの自由度が高くなり、間仕切り変更工事にも容易に対応できる。また、テナント工事が発生した場合に部分的な工事だけですむため、工期の短縮や産業廃棄物の大幅な削減が可能になる。

当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須