先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

パーソルキャリア株式会社

2017年6月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

新たなグループブランドへの変更を機に
コラボレーションワークを実現最大化できる環境に

 

人材派遣の『テンプスタッフ』はパーソルテンプスタッフに、人材紹介・求人広告の『インテリジェンス』はパーソルキャリアに、システムソリューション・ICTアウトソーシングの「インテリジェンス ビジネスソリューションズ」はパーソルプロセス&テクノロジーに、そして持ち株会社である『テンプホールディングス』はパーソルホールディングスに2017年7月から商号変更、新たなグループブランドの「パーソル」を冠する社名に変わった。今後、新ブランドの認知度を高め、グループ一体となって雇用や労働に関する社会課題の解決を目指すという。それを機にオフィスを増床。今回は、そのプロジェクトを担当した槌井紀之氏にお話を伺った。

プロジェクト担当

外所 美知子氏

パーソルファシリティマネジメント株式会社
代表取締役社長

槌井 紀之氏

 

スキップヒル

上)Big Stadium全景   下)Cafeteria

はやわかりメモ

  1. 「働く人々」の課題解決を目指すために、刺激を与え合うオフィスを構築した
  2. 『choose the best place for your activity』から得られる「刺激の最大化」
  3.  いくつかの段階を踏んで、ワーカーに「働きやすさ」を意識してもらった
  4.  エナジャイズが発揮できるオフィスはセキュリティにも不安なし

「働く人々」の課題解決を目指すために、刺激を与えあうオフィスを構築した

現在、国内外90社を超える企業群で構成されるパーソルグループ。「人と組織の成長創造インフラへ」の実現のために、労働・雇用の課題解決に総合的に取り組んでいる。「PERSOL」は、「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」の造語で、「働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いが込められている。

グループブランドの創設によって、583万人にのぼるとされる「労働力不足」※ の対応のために、「多様性のある働き方の実現」や人材配置の最適化による「ミスマッチの極小化」に取り組み、労働・雇用課題の解決に力を注ぐ。

※ パーソル総合研究所『労働市場の未来推計』2016年


今回は、そんなパーソルグループのファシリティ全般を担当している槌井紀之氏にお話を伺った。その「オフィス論」はとても明快だ。

「ワーカー側から見たオフィスは、単なる『働く場』としてしか捉えていません。一方、経営側から見るとオフィスは『投資』になります。造って、維持して、そして回収を行う。分母を投資とすると分子は生産です。投資を生産が上回らなければなりません。使ったコストに対して、そこで働いている人が何を生み出すか。それによってオフィスの価値が決まると思っています」

生産を最大化するためにどのようなワークスタイルが重要で、それを実現するためにはどのような「環境」を提供すべきか。槌井氏の仕事は、投資の最適化を考えることだという。

「昨今話題の “働き方改革” 、という話になった時、そのソリューションの一つに『サテライトオフィス』というのがあります。サテライトって、言葉だけが先行していませんか。単に家の近くや利便性の高い主要ターミナルに働くスペースがあるみたいな。便利なのは間違いありませんが、一人で仕事をして生産して。それって本来のオフィスの目的とは違う気がしますよね」

同社のオフィスから生まれる「生産」とは、工場で生み出される「商品」とは大きく異なる。工場の場合、同質のものをどれだけ多くつくれるかになるが、同社が提供しているのは労働環境や転職、派遣サービスといった無形の商品群となる。そこに集まるワーカー同士の「知の結集」をどのように生産し磨くのか。そんな考えの中で、ABW(Activity Based Working)の採用となった。ABWは、行動目的などによって作業スペースを選択するやり方で、最近注目を集めているワークスタイルの一つだ。

「会社において行う作業は、コワーキング、ソロワーキングなど、業務によってまちまちです。その中で、他者に刺激を与えている人は一体どれくらいいるでしょうか。多くの人は誰かに刺激をもらっているか、刺激のないまま一日を終わっているかではないかと思います。そうした人の場合、極論をいえば家で仕事をしているのと変わりがありません。せっかく同じ目的を持った人たちが働いているのですから、相互に刺激を与えあわなければ意味がない。ですから今回のオフィスでは『刺激』をテーマにしたのです。その結果、コワーキングエリアを中心としたオフィスの構築となりました」

『choose the best place for your activity』から得られる「刺激の最大化」

「コワーキングワークの良さをもう少し違った角度から説明しましょう。例えば、誰かが打合せを提案します。多くの方は、まず「参加メンバー」を考えます。次は「いつ行うか」ということです。つまり「行動する人たちの予定」と「部屋が空いている」という2つの条件を満たす必要があります。オープンスタイルを採り入れることで施設都合という外的要素を取り除き、コワーキングが速やかに実行できるのではと考えました」

「会議のタイプも目的別に考慮しなければなりません。会議によって目的やゴールが異なるため、部屋の機能についてもバリエーションが必要だからです。ディスカッションをするのであれば参加者全員が向き合ったほうがいいでしょうし、1つの情報を多数で共有するのであれば大きなスクリーンやモニターがあったほうがいい。内容によってはできるだけ多くの方が会議室に入れるような工夫が必要になる場合もあるでしょう。『見える場所にいろんな選択肢があること』で、それに行うに最適なファシリティをその場でチョイスできる。それが重要なのです」

槌井氏は、組織間の壁を越えた協業を示す「オープンコラボレーション」を実現できる環境がオフィスの本来のあり方だと語る。同社のオフィスコンセプトは『choose the best place for your activity』。この考えの下、理想的な環境の構築を目指した。

「コワーキングエリア構築のためのポイントは『いかに状況が見えて、いかに聞こえるか』だと思います。例えば顧客からクレームの電話をいただいたとしましょう。その対応を聞いていた上司や同僚には、そこで新たな学びや気づきが生じる。もちろん一緒に解決策を考えるでしょう。これこそが会社で行われるべきコワーキングであり、そうした機会を創出する仕掛けとして、オフィスというファシリティはその必要性や存在価値を発揮するんだと思っています。我々ファシリティマネージャーが真剣に知恵を振り絞る重要なテーマですよね」

「刺激には『連続型の刺激』と『非連続型の刺激』があるといわれています。『連続型の刺激』は、計画的に場所や時間、参加者を決めて行うもので、得られる刺激も想定することが出来ることが多いですね。それに対して『非連続型の刺激』は、その瞬間まで予期していなかった題材、自分がノウハウを持っている題材、自分が今まで気になっていた題材などが偶発的に行われるため、限りなく多くの刺激が得られることになります。ですから『非連続型の刺激』が最大化するための環境を整えることが重要で、それこそがオフィスに課せられた使命だと思っています」

オフィス移転を成功させる物件選び