開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

msb Tamachi(ムスブ田町) 田町ステーションタワーS 前編

2017年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

JR田町駅東口に誕生する新たなランドマーク

JR田町駅東口で進行している大規模再開発。その第一弾である「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」が2018年5月に竣工を予定している。事業者は三井不動産株式会社と三菱地所株式会社。日本の街づくりのパイオニアである2社がコラボレートして事業者となる画期的なプロジェクトだ。今回の取材では、そのコンセプトや特長、目指すものなどをそれぞれの担当者にお聞きした。


北村 俊裕氏

三井不動産株式会社
ビルディング事業二部 事業グループ グループ長

杉本 健祥 氏

杉山 康隆氏

三菱地所株式会社
都市開発二部
ユニットリーダー

細野 徳重 氏

街づくりのリーディングカンパニー同士がコラボレートした大規模再開発

国際都市東京の新ランドマーク

外観完成予想CG

三井不動産株式会社と三菱地所株式会社。いずれもオフィスビルから物流・流通関係の施設、レジデンスまで不動産全般を取り扱うデベロッパーの最大手である。両社は、東京駅を挟んで、「日本橋」側が三井不動産、「丸の内」側が三菱地所と、それぞれの本社所在地を中心として大規模な都市再開発事業に取り組んできた。

レジデンス事業およびタウンマネジメントにおいては過去に何度か協力関係を結んだことのある両社だが、オフィスビル開発事業においてはこれまで一貫して切磋琢磨する関係にあった。その中で今回、初めてタッグを組むことになったのが、2018年5月に竣工を予定する「msbTamachi 田町ステーションタワーS」である。旧プロジェクト名は「TGMM芝浦プロジェクト」。TGMMとは、地権者である東京ガス株式会社と、デベロッパーである三井不動産・三菱地所の頭文字となっている。

その他に街区全体では、東京ガスが開発事業者となる2020年春竣工予定の「msbTamachi 田町ステーションタワーN」と2018年秋に開業予定の中層ホテル「プルマン東京田町」で構成される。なお、プロジェクトの街区全体の名称は「msb Tamachi (ムスブ田町)」に決定した。複合機能を持つ街づくりを目指す中で、「ONとOFF、伝統と革新、三田と芝浦など、人・モノ・コトを有機的に『結ぶ』役割を果たし、街の発信力を高めていく」という想いが込められているという。

「三井不動産さんと私ども三菱地所とは、長年切磋琢磨してきた関係と周囲から見られています。その両社が力をあわせたプロジェクトということで注目を集めています。しかし注目していただけるのはありがたいのですが、開発の主役は何といっても地域の方々。複合的な『街づくり』の部分に目を向けてほしいと考えております」(三菱地所・細野徳重氏)

「本プロジェクトの中心にあるのは、東京ガスさんをはじめ、たくさんの地権者さんや、地域の皆さんの『田町駅東口を変えたい』という想いです。我々デベロッパーは、あくまでそれを形にするお手伝いをするだけです」(三井不動産・杉本健祥氏)

 
 

両社が共に取り組むまでの経緯と当時の田町駅周辺の開発状況

2社によるプロジェクトはいかにして誕生することになったのか。その始まりは約10年前までさかのぼるという。いわば本プロジェクトの原型にあたる芝浦口周辺エリアでの再開発案件であった。

「本プロジェクトは、周辺の基盤整備と合わせて、東京ガスさんが所有している土地と港区さんの土地を交換することで、港区施設の機能更新をはかりながら開発を行なう『連鎖型再開発』が前提となっていました」(細野氏)

じつはこの頃、駅前で店舗等を営む地権者の方でも独自に駅周辺の再開発を計画していた。両社がコンソーシアムを組んで東京ガス主導の再開発に乗り出したのとほぼ同時期に、駅前でも再開発事業を推進するための協議会を設置していたのである。この駅前再開発事業と東京ガスのプロジェクトは、当初は別々の計画として途中まで進行していたが、これをとりまとめて一体の街づくりとなる。これにより、「田町駅前東口地区第一種市街地再開発事業」と「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」は一体で進められることになったという。

「当時、田町駅周辺のオフィスは、駅の西側である『三田口』に集中しており、東側の『芝浦口』はオフィスエリアとしての認知度は低いものでした。芝浦口は商店街が中心でしたから。そんなエリアに大規模複合再開発を行うのですから地元の期待も大きく一つのチャレンジでしたね」(杉本氏)

芝浦口周辺の開発の歴史と地域社会と一体となった開発

田町駅に芝浦口が開設されたのは、1909(明治42)年の駅開業から17年後の1926(大正15)年のことである。駅開業の時点では、芝浦口周辺一帯はまだ陸地でさえなく、遠浅の海岸線が現在の駅前近くまで迫っていたという。その後、1913(大正2)年に埋め立てられ、芝浦は工業地帯として発展していくことになる。そして、埋立地が海へ向かって広がっていくにつれ、駅周辺では徐々に商店街が形成されていった。しかし駅前の店舗等建物も次第に老朽化しつつあった。

「そういう意味では、今回の開発は『タイミングが良かった』部分もあると思います。とはいえ、駅前地権者の皆さまと私どもの考える再開発との間に、最初はギャップもありました。駅前地権者の方々は個々の事業者であり、日々の商売は充分に成立しているわけです。ですから、当初はなかなか魅力を感じて頂けてなかったのかもしれませんが、協議を重ねることで、一体の街づくりが実現していくことになりました」(細野氏)

「まずは私たち自身が地域のことを知るべく、地域のイベントに積極的に参加させていただきました。芝浦地区では毎年、『芝浦運河まつり』という夏祭りを開催しており、3人乗りのゴムボートによる『地域対抗ボートレース』を行っています。msb Tamachiプロジェクトとしてもメンバーを募って参加し、ボートレースに出場しました」(杉本氏)

ちなみに、このときボートレースに出場した社員たちはお揃いの某人気ゲームキャラクターのコスプレ衣装で参加し、地域の子どもたちから熱い声援を送られたという。

当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須