都市の記憶

~歴史を継承する建物~

神戸市の歴史的建造物群 前編

オフィスマーケット 2001年7月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

神戸は開港後に整然と区画が定められ、今の街並みの基礎となっている。1978年に神戸市が制定した「都市景観条例」をきっかけに市内の近代建築が見直されるようになった。1995年の阪神淡路大震災では被害を受けたが、建造物たちは用途を変えながらも昔ながらの雰囲気を残している。


商船三井ビル(旧大阪商船神戸支店)

① 商船三井ビル(旧大阪商船神戸支店)大正11年にアメリカンルネッサンス様式を基本にして造られた。現在は、大丸デパートのインテリア館として活用されている

チャータードビル(旧チャータード 銀行神戸支店)

チャータードビル

② チャータードビル(旧チャータード 銀行神戸支店)昭和13年に竣工。 現在は内部を改装してブティックや レストランとして活用されている。入 口や金庫は今でもそのまま現存。上 手に活用されている

 リブラブウエスト(旧居留地38番館)

③ リブラブウエスト(旧居留地38番館)昭和4年竣工の石積で造られた重厚で量感の ある建物である。現在は、内部を改装し、ブティックなどの店舗が多数入居している

ノザワ(旧神戸居留地15番館)

④ノザワ(旧神戸居留地15番館)明治13年頃に竣工された。当時は、1階が 事務所、2階が居宅として使われていたとされる。平成元年、重要文化財に 指定。現在は復元され、レストランとして使用されている

呼吸する近代建築――街の鼓動と歩調を合わせた多彩な活用

日本における近代西洋建築の歴史は、いわゆる開国――安政五カ国条約の締結以降に発展した貿易都市の発展と共に歩んできた。当初の長崎・横浜・函館三港に続いて、神戸は明治維新の年(西暦1868年)1月1日に開港している。開港後、新規に建設された市街地は外国人居留地を中心に整然と区画が定められ、現在も町並みの骨格をなしている。居留地制度は明治32年(1899)に解消されたが、外国商館とその後の日本資本による近代西洋建築は同地に親しく軒を列ねて、神戸という「街」の独特な雰囲気を醸成してきた。
だが、旧居留地地区の建物は戦災でその七割前後が破壊された。高度成長期に市域が東部へ拡大したこともあり、戦災を免れた近代建築もいつしか「忘れられた存在」になるかと思われた。
それらが「再発見」されたのは、昭和50年代になってからだ。神戸市が全国に先駆けて「都市景観条例」を制定(昭和53年)したのとほぼ時を同じくして、旧居留地地区を中心とする近代建築群も新たな視点から見つめ直されることとなった。建物の文化的・歴史的価値と収益性を両立させる保存・活用法がさまざまに模索され、一部が商業施設として新しい生命を吹き込まれたのもこの時期からのことである。
そうした動きの中、平成7年1月の阪神・淡路大震災は神戸市の近代建築に大きな打撃をもたらした。地震による直接の倒壊・破損はもちろんだが、経済的な痛手が建物の所有者に再建・修理に対する困難な選択を突きつけることになったからだ。
その困難を乗り越えて、現在、再び多くの建物が街とともに呼吸し、復興への鼓動を共有しながら保存・活用されている。損害が軽微だった「旧チャータード銀行神戸支店」にはいかにも港町らしい洒落たブティックとパブ・レストランが併設され、全壊した外国商館「旧居留地15番館」も復元工事を経てレストランを営業している。百貨店の本館と前面を揃えて立つ「旧居留地38番館」は同店のインテリア館として機能しているし、市立博物館である「旧横浜正金銀行神戸支店」は別格としても、多くの近代建築がそれぞれの個性を合わせて用途を付与され、生き生きとした街並みの一員としてその存在を主張している。
旧居留地地区から海岸通りを西へ向かった場所にある「旧三菱銀行神戸支店」の活用法もユニークだ。神戸で最初(明治33年)に建てられた煉瓦造りビルとして知られるが、ここは、所有者の(株)ファミリアによって一階営業場フロアが多目的ホールに改装された。
一般のコンサート等のほか、子供服・玩具を扱う同社らしくファッションショーなども開催されるという。二階・三階部分はクリエイターたちのアトリエ空間として使用され、一部はオーナーのオルゴールコレクションなどを保管するスペースになっている。
神戸の近代建築は、そのいずれもがいかにも「この街らしい」使われ方をしている――「商都」にふさわしい生産的な活用に供されていることに気づかされた。無論、主用途から上がる収益のみでの維持・保存が難しいのはいうまでもない。ただ、こうした「景観」「表現する建物」が価値を生み出し、神戸という街全体を活性化させる一助となっていることは確かである。
かつてそれらが「発展」の象徴であったように、今、再び「新生」の一翼を担ってこれら近代建築群が生き生きと個性を表現し、活躍し続けてくれることを願う。

神戸市の歴史的建造物群地図

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須