先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

パーソルファシリティマネジメント株式会社

2017年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

価値創出を最大化させる場として画期的なライブオフィスを新設した
これからのオフィスのあるべき姿、『ワークスタイル』を多角的に検証する
ライブオフィス、WorkStyle Labo

2017年7月からテンプホールディングスが、パーソルホールディングスに商号を変更。グループ会社の一つであるパーソルキャリア株式会社の画期的なオフィス構築の内容は2017年6月の取材記事で紹介した通りだ。(http://www.sanko-e.co.jp/case/persol-career

今回は、パーソルグループを中心に専門的なファシリティマネジメント(FM)のノウハウを提供してきたパーソルファシリティマネジメント株式会社の移転事例をお届けする。

新たにライブオフィス「WorkStyle Labo」を設けたその理由や多様なファシリティ機能について伺った。  http://www.fm.persol-group.co.jp

プロジェクト担当

外所 美知子氏


パーソルファシリティマネジメント株式会社
代表取締役社長

槌井 紀之 氏

 

はやわかりメモ

  1. オフィスで働く最大の意味はコラボレーションにあると考えた
  2. 働き方改革の提案を目的にライブオフィスを構築する

  3. コラボレーションワークを支援するために多様な働く環境を新設した

  4. それぞれの新たなファシリティ機能にはそれぞれの意味がある

  5. 前回のオフィスをフィジビリティスタディと考え、常に改善を進めていく

オフィスで働く最大の意味は
コラボレーションにあると考えた

ファシリティマネジメントの専門会社であるパーソルファシリティマネジメント株式会社。今ではグループ内企業だけでなく大小各社に「働き方変革の提唱」「FMO*注1を活用した新形態のプロジェクトマネジメント」の提案を行っている。*注1FMO=Facility Management Office

「オフィスにおける働き方を考えると、『セルフワーク』と『コラボレーションワーク』とに分類されると思っています。セルフワークは、何人が関わろうとさほど品質に変わりはありません。しかしコラボレーションワークは人と人との知恵の交わりに比例して刺激が変化し、より品質の高いアウトプットを生み出すことが可能になります。そこで次世代のワークスタイルの提案を僕らのオフィスから発信できないかと考えたのです」

そしてオープンコラボレーションの最大化を意識したオフィスを構築したという。

「一般的なオフィスワーカーの仕事を分解してみると、あえて会社の中でやらなくともできるソロワークが存在します。その業務はテレワークやサテライトといった機能を使うことでより効果を生み出します。極端なことをいえば、街中のカフェでもできる仕事もあるでしょう。ですから、セルフワークに関してはもっと生産性を高められるように『最適な働く場を選択する』を考える必要があるのです。その結果、通勤時間とそれに伴うストレスは削減できますし、電話や割り込みなどで集中を途切れさせることもなくなります。そして最大のメリットは、効率化によって生まれた時間やコストをコラボレーションワークに使えることです」

槌井氏が考える「理想のオフィス像」は以下の通りだ。

コラボレーションワークによって生まれる知的生産価値が最大化される場所

・「知のダイバーシティ」×「知の深化」でイノベーションワークを探求
・社員を超えた多様な人材同士の相互刺激を増大
・生産性を向上させる「場」の多様化と能動的な「選択」

働き方改革の提案を目的に
ライブオフィスを構築する

「僕らは、『ワークスタイル変革による、知的生産価値の向上』を提唱してきました。しかし、いざ働き方改革を唱えると、多くの企業は『育児・介護制度の緩和』『雇用システムの改善』『評価制度の見直し』など、ソフト面の見直しを最初に考えるケースが多いのです。おそらく担当者もどこから手をつけていいのかわからないというのが現状なのでしょう。しかし、僕らはハード面を変えないと何も始まらないと考えています。その答えを導くために、まず自社内にライブオフィスをつくろうと。そうすることで企業の担当者に何かを感じてもらえると思ったのです」

今回、分社化した槌井氏の会社とホールディングスのIT部門100名が移転することが決定した。したがって旧オフィスにはホールディングスの一部が残ることになる。そのため移転先の条件は、「旧オフィスへのアクセスが便利な場所」が優先された。その他には、ライブオフィスとしての目的を見据えて「お客様に来てもらいやすい場所」「天井が高いビル」「コストダウンが図れるビル」など。それらの要望を三幸エステートの担当者に伝えた。

「どれも漠然としたものでしたが、色々な方向から提案していただきました。その中には元美術館というとても興味深い候補も入っていたのですが、天井が高すぎて・・。断念しました」

最終的に、旧オフィスに近い場所に立地するメゾネット型のオフィスが選ばれた。

「機能面とコスト面、交通アクセスとすべてがぴったりと合致するビルにめぐり合うことができました。このビルは、吹き抜け部分の天井高が5260mm。初めて見た時からとても印象的でしたね」

コラボレーションワークを支援するために
多様な働く環境を新設した

「さまざまなIT技術の進化によってワーカーの働き方が多様化してきました。当然、ワーカーの働き方ごとにオフィスのあり方も変わってきます。今までは『働く場所』というキーワードに対してイコール『オフィス』という答えしかありませんでした。ところが今はどこでも仕事ができる環境です。自分の業務に合う働く場を自分で主体的に選ぶことができる。働く場所の選択肢が増えています」

それだけにオフィスの存在意義についてしっかりと考えた。

「導き出した結論は、『多様な知性のダイバーシティが形成されている』『同じベクトルでその知性を活用・深堀する』『非連続の相互刺激に溢れている』だった」

オフィスに来ることで、自分の持っている価値が最大限化する。それがオフィスに求められる意義だと語る。そのためには、一方的に受取るのではなく、相互に与え合う刺激でなければならない。そんなことを考えて多様な働く環境を用意したという。

以前、大手町のビルにグループ会社のオフィスを構築した際は、窓際に個人席を設けたり、集中席を設置したりとソロワーカーのためのエリアを充実させていた。

「今回のオフィスにはソロワーカーのためのエリアはあまり設けていません。もちろん色々な働き方が存在しますが、ここでは『コラボレーションワークによる価値の最大化』をコンセプトにしたオフィスとして見ていただければと思います」

上階から見たコラボレーションエリア

オフィス移転を成功させる物件選び