先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

ラクスル株式会社 前編

2016年1月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

“シェアリングエコノミー企業” ラクスルの新本社のテーマは「空中庭園」

“仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる” をヴィジョンに掲げ、印刷通販サービス『ラクスル』の運営を皮切りに、IT活用による中小企業の商売構造変革を目指すラクスル株式会社。2009年9月に創業した同社は、業務拡張ごとに港区周辺で移転を重ねてきた。そして2015年11月、品川区上大崎へ大規模な本社移転を実施。今回の取材では、本社移転の経緯や新オフィスの特長、理念などを中心にお話を伺った。

 

忽那 幸希氏

ラクスル株式会社
マーケティング部広報

忽那 幸希氏

 

ラクスル株式会社

はやわかりメモ

  1. インターネット活用で企業の業務を「楽にする」ビジネスモデル
  2. 自宅兼用のマンションの1室からスタート。以降、短期間に急成長を遂げる
  3. 元住宅展示場であった高さ12mの天井を最大限に活かす「空中庭園」
  4. CMYKの4原色をテーマカラーに採り入れたオフィスデザイン
  5. シェアリングエコノミー新事業を開始し規模を問わず中小企業の応援団を目指す

インターネット活用で企業の業務を「楽にする」ビジネスモデル

ラクスル株式会社の社名の由来は「ラクにスル」。読んで字のごとく、中小企業の商売を「楽にする」同社のビジネスモデルからきている。なお、「スル」は「刷る」とのダブルミーニングになっており、同社の展開する印刷サービス『ラクスル』はこれに由来している。

Web広告など、アナログからデジタルへの移行が著しいとされる現代だが、チラシやDMなど、紙媒体の印刷物には依然として根強い需要がある。不特定多数に向けたWeb広告はインターネット上の膨大な情報量に埋もれやすく、特に商圏の範囲が限定された小売業などでは主要購買層である地域住民が直接手に取って見るチラシの方が広告効果ははるかに高いといわれている。ただし、特に中小企業の場合、印刷物は小ロットでの発注が中心となり、印刷費用が割高になりがちなケースが少なくなかった。

そこで、2009年9月に創業した同社は、チラシやDMなど中小企業が販促に用いる印刷物等の印刷費用の価格比較サービスサイト『印刷比較.com』を立ち上げた。さらに、同サイトから派生して、2013年には現在の同社の主幹事業となっているインターネット印刷サービス『ラクスル』をスタートさせた。

「『ラクスル』はインターネットの活用により、お客様の発注に対して『早く、安く、高品質な』印刷物をお届けすることを可能とした印刷サービスです。これは、当社の代表である松本がコンサルティング会社に勤務していたころ、当時の顧客企業の諸経費の見直しなどに取り組んでいたとき、『印刷費用の削減率』が非常に大きな比重を占めていたことがヒントになりました」

同社の印刷サービスの最大の特長は、自社で印刷機を保有するのではなく、価格比較サイトの運営を通じて構築したネットワークを基盤に、全国の印刷会社が保有する「今、空いている印刷機」をフルに活用することにある。日本には数多くの印刷会社が存在するが、大部分は中小企業であり、年に数回の繁忙期を除けば、すべての印刷機が常時稼働しているわけではない。こうした稼働率の低い印刷機を抱える中小の印刷会社に、同社が受注した顧客の印刷物を委託することによって、顧客と印刷会社の双方にとってメリットのあるビジネスモデルを実現しているのである。

「『シェアリングエコノミー』という言葉がありますが、インターネットを活用することで印刷会社の稼働率の低い印刷機をシェアすると同時に、お客様の小ロットでの発注も複数まとめることで紙のムダを減らすことができます。その意味で、エコビジネスとしても将来性のあるビジネスモデルであると自負しております」

自宅兼用のマンションの1室からスタート。以降、短期間に急成長を遂げる

2009年の創業時点において、同社の社員は代表取締役である松本恭攝氏1名のみ。他には本業の空き時間に手伝う仲間が2~3名、当時の松本氏の自宅であるマンションの1室をオフィスにしていたという。その後、短期間で事業が急成長を遂げ、これに伴い従業員数も急増していった。

「創業から1年弱で小規模ながら港区海岸に本社を構え、約半年後に田町へ移転。2011年には芝浦、その2年後に虎ノ門へ移転しました。今回の上大崎への移転で、5つ目のオフィスになります」

今回の移転前の旧オフィスは、ワンフロア270坪ほどの広さ。従業員数は約70名まで増員していた。
ここは東京メトロ・虎ノ門駅から徒歩3分という距離にあり、JR新橋駅へも徒歩10分足らずという好立地。2013年頃から本格化した大規模再開発の影響もあって、エリア全体が活気にあふれた環境であったという。

「周囲にはランチに使える飲食店も多く、便利な環境でしたが、入居していたビルは再開発予定区域内にあり、取り壊しが決まっていました。それに加えて、増員による手狭から2015年4月頃から移転先を探し始めたのです」

移転先の候補地としては、渋谷区恵比寿周辺を中心に何棟かのビルを検討。その中に、恵比寿駅から1駅の目黒駅を最寄り駅とする品川区上大崎のビルがあった。最終的に同ビルの1階300坪を賃借することになるのだが、移転先選定に際して、代表の松本氏はある理由から「内覧する前に決めた」という。

「と言いますのは……12mもの天井高が決め手だったそうです。以前は住宅展示場が入っていたとのことで、非常に特殊なスペースでした。もともと松本は『駅から近く、天井の高いところ』というこだわりを持っていたのですが、さすがにこれほど天井の高い物件は他に見たことがなく、ほぼ即決に近い判断でした」

通常、オフィスビルの天井高は2.3~3m程度であり、12mといえば約4階分に相当する高さである。

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び