先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社セールスフォース・ドットコム 白浜オフィス 前編

2016年1月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

総務省の地域実証事業に参画し、南紀白浜にサテライトオフィスを開設する

クラウド・ソーシャル・モバイルのテクノロジーを企業で活用するためのクラウドアプリケーション及びクラウドプラットフォームの提供を主幹事業とし、CRM(顧客関係管理)の提供では世界シェアトップ※を誇る米セールスフォースの日本法人である株式会社セールスフォース・ドットコム。本社オフィスの取材は2014年12月に行い、当サイトに掲載されている通りだ。今回の取材では、2015年10月に和歌山県白浜町に開設された同社白浜オフィスについて、その成立の理念と経緯、詳細についてのお話をまとめた。

※2014年のCRMソフトウェア世界市場におけるシェア1位
 ( Gartnerが2015年5月に発表したレポート「Market Share Analysis: Customer Relationship Management Software, Worldwide, 2014」より)

 

野上 恭平氏

株式会社セールスフォース・ドットコム
リアルエステイト&ワークプレイス サービス
ファシリティ マネージャー

野上 恭平氏

 

株式会社セールスフォース・ドットコム

はやわかりメモ

  1. クラウドを利活用した「ふるさとテレワーク」と地域イノベーション
  2. セールスフォース・ドットコム初のサテライトオフィスを南紀白浜に開設した理由
  3. テーマは「テレワークの可能性」と「生活直結サービスの整備と検証」
  4. テクノロジーを通じて人々の交流を促進するデザインコンセプト
  5. パートナー企業とともに実現するSalesforce Village構想

クラウドを利活用した「ふるさとテレワーク」と地域イノベーション

総務省は2015年3月31日、日本経済再生のカギを握る地域創生に向けた「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」の公募を開始した。同年7月7日に発表された同事業の委託先候補の一つに、株式会社セールスフォース・ドットコムが和歌山県白浜町で推進する「白浜町におけるクラウドサービスを利活用した先進的テレワーク及び生活直結サービス構築・検証事業」が選出された。同社はただちに実現に向けて着手し、同年10月15日には「セールスフォース・ドットコム 白浜サテライトオフィス」の開所式を行い、同日より現地での業務を開始している。

「クラウドサービスは、『いつでも、どこでも、誰でも』同じように使うことができるというのが最大の特長です。クラウドを利活用すれば、日本中どこへ行っても、東京本社とまったく同じ仕事をすることができるはず。当社では常々そのように考えており、お客様にもそのようにご案内しております。ならば、私たち自身が、それが机上の空論ではないという事実を証明していかなければなりません。『白浜オフィス』はそのための実証実験の場として立ち上げられました」

日本という国は明治維新以降、150年近くにわたって中央集権体制が続いており、首都である東京への一極集中が進められてきた。21世紀の現在もなお、企業の7割以上が依然として東京に拠点を構えており、政府による「地域創生」もかけ声ばかりという現状が続いている。こうしたなかで、近年のネットワーク環境の拡充とクラウド技術の進化は、地方におけるテレワーク推進の上でまたとない追い風になっている。

「東京は確かに、何をするにも便利な場所ですが、私たちの仕事や暮らしの上で『絶対に東京でなければならない』という必然性は、実はそれほどないのではないかという見方もあります。何しろ東京は、土地は狭いし物価は高い。都心に住もうと思えば家賃が高くつきますし、安いところへ住めばそれだけ通勤時間が長くなり、朝夕の通勤ラッシュも大変なストレスです。そう考えていくと、同じ仕事ができるのであれば、必ずしも東京にこだわる必要はないということに気づくはずです」

もちろん、企業にとっては、東京にオフィスを構える意味はあるだろう。東京は交通の要衝であり、世界中の物資と情報が集積する場所であり、都心一等地に構えられたオフィスは企業の社会的なステータスを担保する。ただし、そこで働くすべての従業員が東京オフィスに通勤しなければならないとすれば、それはむしろ非合理的なのではないかと野上氏は指摘する。

「私たちセールスフォース・ドットコムは、誰でもITを利用できる『ITの民主化』を推進してきた企業であるといえます。地方でも東京と同じように働ける、もっと言えば『東京と同じ仕事ができる』ことを実証することは、いわば私たちに課せられた“義務”だと言ってもいいかもしれません」

セールスフォース・ドットコム初のサテライトオフィスを南紀白浜に開設した理由

米セールスフォース・ドットコムはサンフランシスコに本社を置き、世界各国に現地法人を立ち上げ、拠点を展開するグローバル企業である。その日本法人である同社も、千代田区丸の内の東京本社の他、大阪と名古屋にオフィスを置いている。だが、今回のような「遠隔地において、本社機能の一部を移転して業務を遂行する」純然たるサテライトオフィスの開設は、セールスフォース全体としても初の試みだという。

「サテライトオフィス開設の構想は2015年春ごろからスタートして、西日本を中心に5か所ほど候補地を絞り込んで検討を重ねて参りました。その中で、最終的に白浜町を選択させていただいたのは、主に次の3つの理由によるものです」

「第一に、交通アクセスの利便性。最寄りの南紀白浜空港は小規模な地方空港ながら、1日に3往復、羽田空港からの直行便が発着します。旅客機を降りて約3分で空港正面のロータリーに出ることができ、そこからタクシーで約5分で市街地までたどり着けるのです。第二に、社員のモチベーションアップ効果。南紀白浜は著名なリゾート地であり、温暖な気候と美しい景勝に恵まれ、アフターファイブには美味しい食事を楽しめる店も多い。慌ただしい東京での仕事に疲れた社員たちのリフレッシュ効果も期待できると考えました。第三に、自治体関係者による受け入れ体制の充実。和歌山県および白浜町は、自治体を挙げて地域活性化のための企業誘致に力を入れ、ITインフラも整備してきた。白浜町にある観光地の多くで防災用にWi-Fiの無料接続が可能で、テレワークの拠点を置くにも好都合でした」

「白浜オフィスの構成メンバーは、オフィス長以外全員が東京本社からとなります。オフィス長は家族を連れて東京から現地へ移住し、他のメンバーは3ヵ月単位のローテーションという形で会社の用意した宿舎に入っています。独身者が中心ですが、家族連れで行ったメンバーもいます。やはり遠隔地ですから、上からの業務命令ではなく希望者から行ってもらうようにしています」

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び