先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

アイリスグループ Tokyo Antenna Office(TAO) 前編

2019年3月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

ABWやWell-beingなどの最新理論を
採り入れたアイリスグループの新拠点

生活用品の企画、製造、販売などを中心に事業展開を重ねてきたアイリスオーヤマ株式会社。現在、グループ企業は26社を数え、多岐にわたった商品群で事業拡大を続けている。2018年11月、創業60年事業の一環でアイリスグループは東京本部を新設。一層の開発力と営業力の強化に取り組むという。今回の取材では、拠点新設の背景、コンセプト、具体的なワークスタイルについてお話を伺った。

 

杉山 優子氏

アイリスチトセ株式会社
マーケティング本部
取締役 本部長

大山 紘平 氏

 
 
 
 
 
 

エントランス

Lounge Space 全景

Contents

  1. グループ各社が互いの強みを活かしてコラボを組み、2022年に売上高1兆円を目指す
  2. 新たな取り組みをするために新たな環境をつくる必要があった
  3. グループのHUB機能をコンセプトに、「つながる」環境づくりを目指す
  4. 実証実験の蓄積こそが、お客様にとって本当に役立つデータとなる

グループ各社が互いの強みを活かしてコラボを組み2022年に売上高1兆円を目指す

アイリスグループの原点である大山ブロー工業所は1958年4月、創業者である大山森佑氏によって大阪府東大阪市に誕生。創業時は養殖用ブイなどの工業用品の製造・販売を主に行っていた。6年後の1964年7月に長男の健太郎氏(現・アイリスグループ会長)が代表を継承。1971年4月に株式会社化された。その後、ガーデン用品事業などに手を拡げ、1986年4月に株式会社オーヤマを設立。ペット用品や収納用品など段階的に事業拡大を重ねていく。1989年12月より本社を仙台市青葉区へ移転し、1991年9月に現在のグループ中核企業であるアイリスオーヤマ株式会社が設立された。

「2019年3月現在、アイリスグループに属する企業は26社を数え、それぞれが手がける事業領域は多岐にわたります。アイリスオーヤマで発売される新商品は年間1000アイテムを超え、数多くのヒット商品を誕生させています」

今回の取材に対応いただいた大山紘平氏が所属するアイリスチトセ株式会社の前身はチトセ株式会社。2001年9月にアイリスグループに参入した老舗家具メーカーだ。

「新オフィスが出来てからアイリスオーヤマの持つLED照明・OAフロア・建装材・家電とアイリスチトセのオフィス家具などの商材を合わせた販路の拡大が大きく進んでおります」

このように、自社だけでなく、グループ各社の強みを活かせるチャネルであれば積極的にコラボレーションを行い、事業を拡大できるのがアイリスグループの特色の一つだ。その時代に合わせて主力商品を新陳代謝しながら、2万3,000アイテムを取り扱っている。その結果、グループ総売上高4,750億円、従業員数1万2,661名の規模に達するまでになった。(2019年3月時点)

「アイリスオーヤマとして本社を仙台市青葉区に置きながら、2010年に飯田橋に東京オフィスを開設しました。そして2017年から次世代オフィスとなる入居先を探し始め、2018年11月に現在の港区浜松町の新築ビルへアイリスグループ東京本部を新設したのです。東京本部は『アイリスグループ「Tokyo Antenna Office」』とし、頭文字をとって『 TAO(タオ)』という名称にしました」

「TAO」は、同社が最重要事業と位置づけているLED照明・家電の研究開発拠点および法人営業拠点としての機能を持つ。首都圏に拠点を設けることで、さらなる開発力と営業力の強化に取り組むことを目指すという。

新たな取り組みをするために新たな環境をつくる必要があった

今までのアイリスグループのオフィスは、デスク配置は島型対向式の固定席。オフィス全体のレイアウトには大きな問題こそないものの、特にコミュニケーションが高まるような工夫は備えられていなかったという。

「新オフィスがつくられた2018年はアイリスグループ創業60周年の節目に当たり、これを機に社長交代も行われました。新社長は『2022年にグループ総売上高1兆円』という目標を掲げていますが、目標を達成するためには約4年間で売上を2倍以上伸ばすことになります。そのためには我々が過去に積み重ねてきたリソースだけで売り上げるのは不可能です。新たな取り組みにチャレンジしなければなりません。そしてより働きやすい環境をつくる必要がありました」

新オフィスの構築に際しては普段他社にオフィスのあり方を提案しているグループ会社のアイリスチトセが担当した。コンセプトづくり、レイアウトの作成、家具・照明・床材などの調達、システム構築など、全てグループ内での連携によって進められた。

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。

オフィスコラム

オフィスの選び方、オフィス移転のポイント、オフィスレイアウトのコツなど役立つ情報満載!

オフィス移転を成功させる物件選び