先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

LIDDELL株式会社 前編

2018年3月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

Instagramに投稿したくなる
「Fusion Base(融合拠点)」のオフィス

「インフルエンサーマッチングプラットフォーム(SPIRIT:スピリット)」、「ソーシャルメディア運用代行(PRST:プロスト)」など、個人の可能性を支援する事業を展開するLIDDELL株式会社。2014年10月に別会社の一事業部として創業した同社は、2016年11月に独立すると、翌2017年には2度の本社移転を実施している。2017年4月に開設したスタートアップオフィスと12月に実施した移転後の新オフィスについて、同社の考え方を伺った。

 

杉山 優子氏

LIDDELL株式会社
代表取締役/CEO

福田晃一 氏

小澤 清彦氏

LIDDELL株式会社
ACTIVATION ROOM DYNAMIC STRATEGY

関根貴大 氏

 
 
 
 
 

エントランス

フリースペース

Contents

  1. インフルエンサーマッチングプラットフォームを展開
  2. スタートアップオフィスに入居後、2ヵ月足らずで移転先を探し始める
  3. ベンチャー企業は勢いと流れが大事。2年も同じ場所に留まってはダメ
  4. 社名の由来とも関係の深い、オフィスデザイン上の秘められたモチーフ
  5. 想像を一つ越えたオフィスをつくりたい。それが会社の信頼につながる

1. インフルエンサーマッチングプラットフォームを展開

インフルエンサーとは、「ソーシャルメディアを活動の中心とし、多くのフォロワーに影響力を持つ一般の人たち」と定義される。TwitterやInstagramなどのSNSの世界では、芸能人や企業経営者などの著名人ではないにも関わらず、フォロワー数が3万人というような「名もない一般人」が少なからず存在している。本人や所属組織の知名度ではなく、発信する情報の面白さ、独特の着眼点や斬新な切り口などが評価されて多くのフォロワーを集めている人々である。この人々の持つ社会的な影響力に着目し、彼らのソーシャルメディアを通じて展開される広告戦略が、「インフルエンサーマーケティング」だ。

「インフルエンサーマーケティングは、いわゆるステルスマーケティング(ステマ)とは違います。広告に見えないように装って商品を宣伝するのがステマですが、インフルエンサーは〔PR〕のハッシュタグをつけ、広告であると明示した上で情報を発信します。例えばある商品について、メーカーや販売元が『美味しいよ!』とアピールするよりも、一般人であるインフルエンサーが実体験に基づいて『美味しかったよ!』と発信する方がはるかに説得力を持ち、広告効果も高くなります。このインフルエンサーマーケティングには、きわめて高い経済効果が認められています」(福田 晃一 氏)

だが、広告を出稿したい企業や広告代理店は、影響力を持つインフルエンサーがどこにいるのかがわからない。そこで、インターネット上で広告主とインフルエンサーをマッチングさせるプラットフォームを構築し、両者を結びつけるビジネスを思いついたのだという。こうして創業したLIDDELL株式会社は、基盤となるシステム「インフルエンサーマッチングプラットフォーム(SPIRIT:スピリット)」を開発・運営するとともに、登録インフルエンサーのサポートなどを行っている。

「現在では約2万人のインフルエンサーが当社のプラットフォームに登録していただいております。この人たちは独自の価値観を持っており、そこに多くのフォロワーが共感し、『いいね!』やコメントを付けていくことになります」(福田氏)

現在利用されているソーシャルメディアの主流はInstagramとなる。2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれたことなどで一躍注目を集めたが、同社では4年前の創業当時からすでにInstagramの広告効果に着目してきた。インフルエンサーの本質は「共感」にあり、写真や画像を用いることでフォロワーがより共感しやすくなるためだ。

「Instagramを活用して広告効果を上げるには、単に面白い写真を撮る技術とか、ウケるネタを探してくるノウハウだけでは不十分です。そのネタを発信するときどのように編集していくか、企画力や構成力、ハッシュタグ付けのうまさ、インタラクティブなコメントへの対応力などが優秀なインフルエンサーの資質となります」(福田氏)

2. スタートアップオフィスに入居後、2ヵ月足らずで移転先を探し始める

創業者である福田氏は、18年以上にわたってさまざまなビジネスを立ち上げてきた起業家である。現在のビジネスモデルの源流となったのは、以前芸能プロダクションを経営していたとき、読者モデル(いわゆる読モ)がファッション雑誌の読者にもたらす影響力であったという。

「読モもそうですし、渋谷のギャルなどはストリートにおけるインフルエンサーだと言えるでしょう。彼女たちが流行の最先端を紹介し、多くのフォロワーがその流行に追随していくという図式は、インフルエンサーマーケティングそのものです。ソーシャルメディアが普及したことで誰もがネット上で、『自分の雑誌』をつくれるようになり、大手出版社の発行する雑誌と同等以上の広告効果を上げられるようになったのです」(福田氏)

「これはビジネスとして成立する」と確信を持ち、2014年10月に芸能プロダクション会社の一事業としてスタートした。その後、2016年11月に完全独立したが、その時は約15坪のオフィスだったという。

「当初は創業メンバー3人だけでやっていましたが、徐々に人が増えていき、2017年4月にオフィスを移転することになりました。これが渋谷区神宮前にスタートアップとして開設したオフィスです。広さは50坪でした」(関根 貴大氏)

関根氏は3人の創業メンバーの1人で、福田氏とは学生時代から旧知の仲だという。グループ会社からの独立後のオフィスはビルの最上階で、バルコニーだけで15坪もあった。天気のいい日は富士山が見えるなど、社員からの評判も上々だった。しかし入居から2ヵ月と経たない同年6月には、早くも移転先を探し始めていたという。

「入居したときから、年内には広いスペースの場所に移ろうと考えていました」(福田氏)

 

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び