先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社ウェルクス 前編

2018年3月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

機能性にこだわり
新本社オフィスを構築した

「Anyone can be Anything(環境や境遇に左右されず誰もが自己実現のチャンスを持つことができる元気で笑顔あふれる社会の実現)」を自らのミッションとして掲げ、堅実に成長を続けている株式会社ウェルクス。業務拡大にともなう人員増が進む一方で、オフィスの手狭さが課題の一つになっていた。
2017年12月、慣れ親しんだ墨田区・両国を離れ、台東区・御徒町に拡張移転を実施。様々な機能を盛り込んだオフィスを完成させた。今回の取材では、そんなオフィスのコンセプトや目的についてお話を伺った。

 

杉山 優子氏

株式会社ウェルクス
代表取締役社長

三谷 卓也 氏

小澤 清彦氏

株式会社ウェルクス
コーポレート本部 総務部

冨澤 幸平 氏

天野 大地氏

株式会社ウェルクス
広報部

山本 知恵美 氏

 
 
 
 

エントランス

ウェルクスの考えを示したエントランス

Contents

  1. 国内外の社会問題の解決を目指して会社を設立した
  2. 移転理由は、手狭さの解消とコミュニケーションの活性化
  3. タスクフォースが中心となって移転プロジェクトを成功に導いた
  4. 新オフィスのこだわりは「無駄なものはつくらない」こと
  5. 機能性を重視した新本社人が増えても1フロアにはこだわりたい

国内外の社会問題の解決を目指して会社を設立した

株式会社ウェルクスの設立は2013年4月。「プロフェッショナルなスキルを通じて社会の問題を解決し、会社に関係するすべての人々の幸福を追求する」を企業理念に、新たな市場を開拓してきた。同社は、保育士の人材紹介からスタート。以降、保育に限らず、時代における社会問題を解決することを目指して事業を運営してきた。

「前職で、福祉や介護の世界に興味を持ち独立しました。現在、『保育』のほかに、サービスメニューに『介護』『福祉』『学び』が加わっています」(三谷 卓也氏)

「もちろんメニューは今後ますます増やしていく予定です。例えば待機児童問題や高齢化問題など、各時代に応じた社会問題に対するサービスも検討しています」(冨澤 幸平氏)

「社名のWELKS(ウェルクス)は、Welfare(福祉)とWork’s(事業・複数)を組合せた造語です。今後、さらに社会福祉事業が増えることを見据えて名付けました」(山本 知恵美氏)

移転理由は、手狭さの解消とコミュニケーションの活性化

墨田区にて創業。以来、今回の移転に至るまで同エリアを離れることはなかった。その理由は月額賃料が比較的安価なこと。そして社員の通勤負担を考えてのことだ。

「ランニングコストも重要ですが、それよりも通勤時間が増えることで社員のモチベーションが下がることを危惧したのです。ですから『同じエリア内で空室のあるビルに移転する』というのが基本的な考えになっていました」(三谷氏)

旧オフィスに入居したのは2015年8月のこと。1フロア面積120坪の割と広いオフィスだった。

「それでも採用が進む中で再び手狭になりました。そのときはタイミングよく同ビル内に空室があり、ビル内での増床ができました」(三谷氏)

「そんな事情で使用フロアが2階と5階に分散していました。2階にはアドバイザーと呼んでいる営業部門、5階には管理部門が入居。正直、行き来も面倒でコミュニケーションがとりにくかったですね」(山本氏)

「日常業務の中で、営業部門と管理部門とのコラボレーションは頻繁にあります。しかし旧オフィスでは会議室は3室しかありませんでした。しかも社内と社外の兼用。空きがないためにミーティングも満足にできません。次第に相手の席に出向いて打ち合わせを行うようになっていました」(冨澤氏)

社員のストレスが大きくなる前に移転計画をスタートさせた。まず候補ビルを探すにあたり移転先の条件設定を行う。同社では「分散フロアを1フロアに集約できる面積であること」「旧オフィスとさほど離れていない立地であること」を条件に設定した。その条件を踏まえて候補ビルを比較していく。

「かなり多くの候補ビルの中から絞り込んでいきました。実際に内見したビルだけでも10棟超あります。錦糸町や秋葉原などのターミナル駅の近くに立地するオフィスビルを中心に見学したのですが、1フロアでここまでの面積を確保できるビルはあまりありませんでした」(三谷氏)

最終的に台東区・御徒町に建築中だった大規模ビルを移転先に選んだ。視認性の高い中央通りに面した複合ビルで下層階には商業店舗、シネマコンプレックスが入居している。注目度も高く、引き合いも多い。竣工はまだ先ではあったが2017年2月に契約を締結する。

「周辺環境や立地環境、どれをとっても満足です。旧オフィスの主要駅から3駅しか離れていないため、社員の通勤時間もさほど変わりません。私たちにとって最適なオフィスビルに入居できたと思っています」(三谷氏)

時代を追い風に事業が拡大している。それに比例して活発な採用活動も必須となる。

「今後の採用活動も意識しました。注目ビルに入居することで当社のブランドイメージも上がりますし、採用にも有利になるのではと思っています。また、今までと違って3路線4駅の使用が可能になりますので営業上のメリットも大きいですね」(冨澤氏)

「ビルの周辺には飲食店もたくさん立地しています。社員同士がプライベートで気軽に交流を深めている会社ですので、今まで以上にコミュニケーションが活性化することにも期待しています」(山本氏)

タスクフォースが中心となって移転プロジェクトを成功に導いた

入居ビル決定後のステップはオフィスをどのように構築するか。オフィスデザインや使い方、機能について整理していかなければならない。この先のステップは経営陣の主導ではなく、社内のタスクフォースチームに委ねられた。

「当社には働く環境を改善するために『タスクフォース』という制度があります。その時々で必要と感じるミッションに対してチームを結成。その解決のために行動を起こすというものです。本社の社員は各タスクフォースのどれかに属しているのですが、今回の移転では『移転準備』と『コスト削減』の2つのチームが中心となりました。社員も自発的にアンケートに協力してくれたのでやりやすかったですね。定期的にミーティングを重ね、そのアンケートを元に要望を取りまとめていく。集計結果はコスト削減チームに引き継いでいきました」(山本氏)

「単純に『コストをかける=反対』ということではありません。その意見を採用することによって『コミュニケーションが活発になるか?』『会議の質が高まるか?』『生産性向上に効果はあるか?』など、意図や目的も含めて精査していきました」(冨澤氏)

「社員からの要望の多くは会議室の不足を訴えるものでしたね」(山本氏)

そのほか、スペース不足によって撤廃されてしまったリフレッシュスペースの復活、スタンディングミーティングデスクの導入などのリクエストも多かったという。

このようなプロセスを通じて機能的かつ現実的な意見に絞る。それを基本として内装デザイン会社と打ち合わせを行う。2017年8月にオフィス全体のレイアウト図が完成。社内確認後、内装工事に入る。細かな修正や打ち合わせを重ねながら進行する。そして12月16日、オフィスが完成した。入居予定日のわずか2日前だった。

「事前の図面開示以外は、特に社員への途中経過報告はしていませんでした。そのためほとんどの社員が移転日に新オフィスを目にすることになります。皆さん、今まで見たこともないような嬉しそうな顔でテンションが高かったのが印象的でしたね」(冨澤氏)

 

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び