開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

柏の葉オープンイノベーションラボ(KOIL) 前編

2014年6月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

結集する知と技術を基に新事業を創出 画期的なイノベーションセンターが誕生

千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅前に完成した新たなイノベーション創造拠点「柏の葉オープンイノベーションラボ(KOI L)」。その規模、設備、仕組みはどれも画期的で多くのメディアで取り上げられている。今回はKOILが立地する「柏の葉スマートシティ」のエリア動向から、設備概要、今後のタウンマネジメントに関する考え方などについてお話を伺った。


松井 健氏

三井不動産株式会社
ベンチャー共創事業室長

松井 健氏

 

KOIL外観

KOIL外観

エリアの特性を考えた施設の開発 それが柏の葉オープンイノベーションラボ

「元々ここは当社所有のゴルフ場があった場所です。広さは約60ヘクタール。ちょうどその上をつくばエクスプレス線(TX)が開通することになり、街づくりを含めて開発に協力することになったのです。非常に長い時間をかけて計画を進めてきました」

TXの正式名称は「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス」。最高時速は130Km。東京(秋葉原)と茨城(つくば)をわずか45分で結ぶ。1978年の茨城県の構想発表に始まり、その後、運輸政策協議会を経て常盤新線第三セクター設立準備室の改組が成立。事業費用などについて検討したのち、1991年に沿線自治体の出資による第三セクター「首都圏新都市鉄道株式会社」が設立した。
TXを含めた全体の開発スケジュールは下記の通りだ。

柏の葉キャンパス 開発スケジュール
1985年7月

運輸政策審議会にて「東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備」が課題として位置づけられる

1991年3月

「首都圏新都心鉄道株式会社」設立

2001年1月

路線の名称が「つくばエクスプレス」に決定

2001年9月

三井不動産の「柏ゴルフ倶楽部」閉鎖

2005年8月

「つくばエクスプレス」開業

2006年11月

柏の葉アーバンデザインセンター、「ららぽーと柏の葉」開業

2008年3月

千葉県、柏市、東京大学、千葉大学が、「柏の葉国際キャンパスタウン」の構想を策定

2011年7月

「柏の葉キャンパス」駅前まちづくり協議会発足

2011年12月

内閣府より総合特区、環境未来都市に認定

2014年4月

柏の葉オープンイノベーションラボ(KOI L)オープン

2014年7月

駅前複合施設「ゲートスクエア」グランドオープン(予定)

※ゲートスクエアは、三井不動産が手がけるホテル・商業施設・カンファレンスホール等が集積する駅前の複合開発エリア

「柏の葉キャンパス」駅は、都心の情報発信拠点の一つ「秋葉原」駅と国内有数の国際研究都市である「つくば」駅のほぼ中間に位置している。この沿線は研究機関や大学の研究室が多く集積しているのが特長だ。

「国立・民間を合わせて100以上の研究施設をはじめ、東京大学や千葉大学などのキャンパスも点在しており、このエリアの特性が活かせる開発を考えていました」

そうしてイノベーションラボの計画が検討されることになる。

「ここには多くの知恵と技術が結集しています。しかしそれだけで新事業や産業が次々と誕生するわけではありません。その実現には、新技術やアイデアを事業化につなげるためのプラットフォームが必要。それが開発のコンセプトになっています」

2014年4月、三井不動産は、TXの「柏の葉キャンパス」駅前に「柏の葉オープンイノベーションラボ(KOIL)」をオープンさせた。

KOILのコンセプト

KOILはオープンイノベーションのトータルプラットフォームとして、柏の葉に誕生しました。
オープンイノベーションとは、多様な立場の人々が集まり、それぞれが持っている知識、技術、アイデアを組み合わせることで、革新的で新しい価値を創り出すことです。
しかし、ただ一ヶ所に人々を集めるだけではイノベーションは生まれません。
KOILは、多様な立場の人々が集まり、触発し合い融合するコワーキングスペース(KOILパーク)やスピーディなプロトタイピングを実現する最先端のデジタルファクトリー(KOI Lファクトリー)、そして地域の住民も利用できるオープンカフェ等、ただのオフィスとは違った空間となっている。
さらに、起業家やベンチャー企業への支援プログラム、人々の交流を生み出す多彩なイベントやセミナーなどにより、イノベーションの化学反応を起こします。
(三井不動産 パンフレットから)

磁力のコイルに意味を重ね合わせてネーミングされたKOIL(コイル)。そこには色々な人を引き寄せ、新たな化学反応が生まれるようにという思いが込められている。そしてKOILのオープンと同時期、2014年4月に「ベンチャー共創事業室」を新設。

「当社では2000年頃からベンチャー企業の支援を行ってきました。幕張、霞が関、横浜など、各々で積み上げてきたノウハウを融合させコミュニティ・プラットフォームを構築していきます。そのためにベンチャー共創事業室が生まれました」

従来のイノベーションセンターにはない地域住民と一体になったコミュニティ

「従来のイノベーションセンターでは、ベンチャー企業と出資者とのコラボレーションが中心で、そこに生活者が入ることはありませんでした。しかし柏の葉では、多くの地域住民の方々がイノベーションの現場に関わっています。例えば、最先端の製品や社会システムの実証実験に参加して、利用者の立場で問題点を指摘するなど、新産業創造のプロセスに関わっていただいている。全国的にも珍しいと思いますね」

その他、住民による“まちのクラブ活動”も特長的だ。現時点で(2014年5月)、会員はすでに1000名を超えているという。

「学校や職場にクラブ活動があるのならば、街にあってもいいだろうという発想から生まれました。英会話や料理教室、育児相談など、会員同士が知恵や特技を生かして多岐にわたる活動を行っています。クラブの入会は地域住民だけといった条件もありませんので、そこからさらに新しいコミュニティが広がっています」

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須