開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

なんばSkyO(なんばスカイオ) 前編

2017年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

「伝統と先進」をコンセプトに誕生する大阪の新たなランドマーク

大阪・難波エリアで大規模な再開発が進行している。開発コンセプトは「伝統と先進」。この地の歴史と伝統を継承しながら新たな文化を創出させる計画だ。同プロジェクトのコンセプト、未来像について、事業主である南海電気鉄道株式会社の担当者にお話を伺った。


北村 俊裕氏

南海電気鉄道株式会社
プロジェクト推進室
難波開発部 課長補佐

川畑 雅史 氏

 

大阪最大のターミナルの一つとして発展してきた「難波」

国際都市東京の新ランドマーク

外観イメージCG

1885(明治18)年創業の南海電気鉄道株式会社は、純民間資本として現存する日本最古の私鉄である。開業当初は大阪と堺を結ぶ阪堺鉄道という名称であったが、後に、古来の街道名である「南海道」に由来して南海鉄道に名づけられ、事業が引き継がれた。

JR大阪駅を擁する梅田地区を「キタ」と呼称するのに対して、難波を中心とするエリアは「ミナミ」の呼称で親しまれ、ともに大阪最大のターミナルとして発展してきた。難波駅の初代駅舎は日本初の私鉄駅舎であり、その後、時代の変遷に従って何度も建替えが行われてきた。2階建ての3代目駅舎の頃から駅周辺は賑わうようになり、1932(昭和7)年7月に現在の4代目駅舎が竣工した。

球場跡地に建設されたなんばパークスと昔ながらの難波の街並み

南海鉄道(当時)を親会社として1938(昭和13)年に結成されたプロ野球チーム「南海軍」は本拠地となる球場を建設することになる。1950(昭和25)年に難波駅南口に面する駅前の一等地に大阪スタヂアムは完成。プロ野球人気の高まりを背景に、難波の街はより一層活気づくことになった。その後、1988(昭和63)年に球団はダイエーグループに譲渡。福岡へ移転するまではホーム球場であった。

「大阪スタヂアムの跡地は『難波再開発A-1地区』と称され、ここに大規模複合施設『なんばパークス』が建設されました」

なんばパークスは商業棟とオフィス棟で構成。商業棟には飲食や物販の店舗だけでなく、シネマコンプレックスや円形劇場(イベントスペース)、南海ホークスメモリアルギャラリー、屋上庭園(パークスガーデン)などさまざまな施設を備えている。

その他、難波駅周辺では、1980(昭和55)年になんばCITYが全館開業、1990(平成2)年には南海サウスタワーホテル大阪(現スイスホテル南海大阪)が開業、その後「南海ターミナルビル再生計画」に着手し、ターミナルビルである南海ビルの外壁改修工事や、難波駅1階上部の吹き抜け空間の新設工事、髙島屋大阪店新本館計画関連の改修工事なども進められている。

「1978(昭和53)年のロケット広場オープン以来、ミナミの待ち合わせスポットとしてシンボル的な意味合いを持っていたロケットのモニュメントも撤去されることになりました。そして2009(平成21)年、関西国際空港と直結する大阪の玄関口として『なんばガレリア』が新設されたのです。それによって、高さ約30m、広さ約1,200㎡の広大な室内吹き抜け空間が創出されました」

初代難波駅

難波空撮 昭和55年頃撮影

「南海ターミナルビル再生計画」がスタートするまで

難波駅が併設された南海ビルは、メインテナントに髙島屋百貨店を迎え、戦前から難波の賑わいの中心地であった。髙島屋は開業当時、屋号を「南海タカシマヤ」とし、日本で初めて冷暖房を完備した百貨店である。

「南海ビルの外壁改修では、築80年近いビルの歴史を重視して、できるだけ外観のイメージを損なわないようにする方針が貫かれました。そして長年難波のシンボルとして親しまれてきた正面庇下にあしらわれたモザイク壁画なども竣工当時のままに復元したのです」

南海ビルはテラコッタタイル貼りのコリント様式の近代建築で、2011(平成23)年に国の登録有形文化財に登録されている。同ビルが国の登録有形文化財となった背景には、こうした細やかな配慮が関係しているものと思われる。

現在、この南海ビルに隣接した区画で再開発工事が進行している。それが2018(平成30)年9月竣工予定の「なんばスカイオ」だ。その名称は南海電気鉄道が2017(平成29)年に開催した「ネーミング総選挙」の結果を踏まえて決定された。

スカイは文字通りに「SKY(空)。関西国際空港に直結するインターナショナルゲートシティ・なんばのランドマークタワーとして世界を飛び回る国際的な交流拠点であることを表現している。「O」は、「Osaka(大阪)」と地球の丸を象徴。世界中の人々がこの大阪に集い、つながり、大きな輪が広がるといった願いをイメージしているという。

 
 
 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須