開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

本町サンケイビル 前編

2019年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

大阪を代表するビジネス街にハイグレードなオフィスビルが誕生する

大阪の大動脈である「御堂筋」から至近の立地で「本町サンケイビル」の新築工事が進行している。本開発は、事業主である株式会社サンケイビルが東京の主要エリアで積極的に展開しているハイグレードのミッドサイズオフィスビル「S-GATE」の思想を継承した開発となっている。今回はプロジェクトの背景や特長的な機能について、メンバーにお話を伺った。


稲村 政志 氏

株式会社サンケイビル
関西営業部
部長

稲村 政志 氏

金杉 憲治 氏

株式会社サンケイビル
関西営業部
課長

金杉 憲治 氏

垣井 生也 氏

株式会社サンケイビル
関西営業部
マネージャー

垣井 生也 氏

米田 圭井子 氏

株式会社サンケイビル
関西営業部
チーフ

米田 圭井子 氏

宮内 貴広 氏

株式会社サンケイビル
関西営業部

宮内 貴大 氏

 

外観全景

外観全景

エリアの空室不足を受けてオフィスビルの開発を決断する

株式会社サンケイビルがオフィス開発用地として土地を取得したのは2018年6月のこと。開発地は大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線の3路線が交差する「本町」駅から徒歩1分と利便性の優れた立地となる。その上、大阪市のほぼ中央を東西に走る主要道「本町通」に面し、大阪の中心部を南北に横断する街路「御堂筋」からも至近で、竣工後は抜群の視認性を有することとなる。

「2018年9月に土地の売買契約を締結しました。土地取得後、設計を進めながら2019年11月から本体工事に着手。設計・施工は株式会社竹中工務店大阪本店。竣工は2021年8月末を予定しています」(稲村氏)

「取得当時は大阪ミナミを中心にインバウンド需要に牽引されホテルの開発ラッシュが全盛でした。本町エリア周辺も同様でしたが、一方で大阪市内にオフィスビルの供給が少なく、空室率も過去最低に迫る状況で。当該地でのオフィスビルの開発に至ったのです」(金杉氏)

ビジネスニーズに適したハイスペックな中規模オフィスビルの供給が不足していた

「本町エリアは大阪を代表する歴史あるオフィス街です。本町通や御堂筋沿いにオフィスを構えることを目標としている方も多いと聞きます。地下鉄が南北と東西に乗り入れるこの地は、実は梅田よりも交通利便性は高いかもしれません」(稲村氏)

しかしエリアポテンシャルが高い割に、これまでビジネスニーズに適した中規模クラスのオフィスビルが不足していた。

「そこで、当社が東京の主要エリアにおいて展開しているハイスペックのミッドサイズオフィスビル『S-GATE』シリーズの思想を継承しながら関西エリアにおける代表的なビルの位置づけとして開発を進めていきました」(稲村氏)

1階ピロティと屋上庭園でにぎわいと癒しの空間を提供する

同社では過去に事業展開してきたオフィスビルにおいて、オフィスワーカーの憩いの場となるようなスペースを敷地内に積極的に設けてきた。同ビルも同様に街のにぎわいに貢献する空間を創出させる。

「本町通と面する1階部分は大きなピロティを採り入れます。『風のピロティ』と名付けて開放的な明るいデザインを構築する予定です」(金杉氏)

「1階エントランスは天井高約11mの開放的なデザインとし、一部に店舗を配置する予定です」(宮内貴大氏)

「そして屋上の北側に入居者専用の『屋上庭園』をつくる計画です。庭園の新設にあたり直接テナントフロアからアクセスできるようにエレベーターの設計変更をしました。具体的なフェンスの高さやデザインについてはこれから調整していきます」(垣井生也氏)

外観

外観

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

先進オフィス事例

経営戦略と密接に関係するオフィス・事務所移転の事例を、担当者の生の声でご紹介します。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。