開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

清和梅田ビル 前編

2014年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

大阪の中心地に誕生する「おもてなし」に溢れた大規模オフィスビル

関西の玄関口である大阪。その中心地「梅田」に大規模オフィスビル「清和梅田ビル」が誕生する。大阪の堂島でビル事業のスタートを切った清和綜合建物が、1957年の創業以来、大切にしている「おもてなしの心」をどのように開発に活かしているのか。開発全体のコンセプトや概要についてお話を伺った。


稲葉 俊一氏

清和綜合建物株式会社
開発技術管理本部
常務執行役員本部長

稲葉 俊一氏

若林 眞喜雄氏

清和綜合建物株式会社
事業本部
常務執行役員副本部長

若林 眞喜雄氏

エントランス(内部)

エントランス(内部)

地のポテンシャルを活かして快適な環境を提供する

2015年3月、大阪の中心地に「清和梅田ビル」が誕生する。当ビルは1967年に竣工した「梅田第一ビル」の建替計画としてスタートした。

「ちょうど前身のビルが竣工40年を迎えるタイミングで計画がスタートしました。2006年のことです。設備的な劣化というのはもちろんありましたが、それよりもこの土地のポテンシャルをもっと活かしたい。より働きやすいビジネス環境をご提供することが目的でした」(稲葉俊一氏)

隣接地の購入や周囲の地権者様との調整の中で、本来の敷地の1.5倍の土地を確保することができた。2012年3月から解体工事。翌年2013年2月に地鎮祭。2015年3月の竣工に向けて、現在、順調に工事が進められている。
開発にあたっては、以下の3点を最重要コンセプトとしたという。

テナントへのホスピタリティ

快適な執務環境
上質な共用空間の提供
BCPに対応できる災害時のビル機能維持
帰宅困難者に親切なビル機能
電力会社の節電要請への対応

地球環境への取組

外装負荷の少ないファサード
緑・風・水・太陽との共生

地域・街への貢献

街に彩りと潤いを与えるファサードデザイン
ヒートアイランド抑制への貢献
地下鉄直結による市民の利便性向上

2006年から開始された本プロジェクト。2011年に東日本大震災を経験することになるが、特に大幅な計画変更はなかったという。

「当初の計画段階から、今後オフィスビルに求められるビル性能というのを意識しました。そのため、かなりBCP対応が具現化された内容になっていると思います」(稲葉氏)

「自然との共生」をコンセプトに心地よい空間づくりを実現した

彫りの深い窓、シンプルなホワイトグリッドで構成した外壁は、「自然との共生」を意識したデザインになっている。高層部は日本的要素の強い “格子” をモチーフにし、庇効果や換気機能を設けることで、より快適な執務環境の提供を行う。低層部はソリッドな壁面で周囲を遮断するのではなく、透明感のあるガラスファサードを採用。潤いのある内部空間を創出する。ガラスファサードは御堂筋の銀杏並木や公開空地の緑を映し込み、都市空間との調和、自由な交流、環境との共生、持続的成長・発展をシンボライズすることとなる。

「大阪市内は年間を通して、昼は海からの風が、夜は陸からの風が吹く傾向があります。当地における風の通り道をシミュレーションし、窓周りに自然通風ができる換気導入口を設けました」(稲葉氏)

「梅田は西日本最大級の商業地です。百貨店、ホテル、オフィスビルが林立していますから、少しでも自然を感じる要素を取り入れたいと思いました。1階エントランスホールには温かみのある木質パネルでつくられた大きな曲面壁の柱が置かれます。『自然との共生』の象徴として、ここで働く方や来訪された方をお迎えします」(若林 眞喜雄氏)

そのほか、エレベーターホールや廊下などの内装は自然光を積極的に採り入れて光と影の演出を行う。

清和梅田ビル
高さ

104.29m

規模

地下2階、地上21階、塔屋1階

外壁

花崗岩打込みPCCW、アルミCW

清和梅田ビル(外観)

清和梅田ビル(外観)

断面図

断面図

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

先進オフィス事例

経営戦略と密接に関係するオフィス・事務所移転の事例を、担当者の生の声でご紹介します。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。