開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

サンシャイン60 前編

2019年6月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

池袋を代表するランドマークは「面白い」を加えたビジネス環境を提供する

日本を代表する超高層ビル「サンシャイン60」。竣工自体は1978年であるが、常にテナント企業に目を向け、その要望に応えるためにリニューアル工事を重ねている。今回の取材では開発の背景を含めて今後の同社の取り組みについてお話を伺った。


斉田政之氏

株式会社サンシャインシティ
オフィス事業部 次長

斉田 政之氏

 

サンシャイン60とその周辺

副都心計画の中で誕生した「教育・文化」を包含した複合施設

8路線が乗り入れる巨大ターミナル池袋駅。1日の平均利用者数は約260万人(2017年調べ)。元々池袋は、都心に集中する業務を分散させるために「都心3大副都心計画」の一つとして策定されたという経緯を持つ。その池袋駅東口徒歩8分圏内に「サンシャインシティ」が立地する。敷地内は「サンシャイン60」「プリンスホテル」「ワールドインポートマートビル」「文化会館ビル」「専門店街アルパ」の5つのエリアで構成されている。

「施設を計画する際に『教育・文化』というキーワードが含まれていました。水族館やプラネタリウム、博物館、劇場といった文化施設やショッピングセンター、さらにはホテルやマンションまで擁する施設群は日本初の大規模複合開発といわれています」

当時は、池袋駅周辺にこそ百貨店が集積していたがそれだけでは街の発展にはつながらない。エリア全体での賑わいの創出が大命題であった。「地域社会に貢献する賑わいの施設をつくる」といった強い思いが開発プロジェクトをスタートさせる後押しとなったという。

「計画にあたり『エリアのシンボルになりえる建物』がコンセプトに打ち出され、最終的に中核を成す超高層オフィスビル『サンシャイン60』が誕生したのです。竣工当時、239.7mの高さは東洋一の建物高でした。中でも展望台は多くの集客を呼び込み、池袋エリアの発展に大きな影響を与えたと思っています。ちなみに『サンシャイン60』と『サンシャインシティ』の名称は一般公募で選ばれました」

今も変わらない「地域貢献」という事業コンセプト

施設計画時の開発コンセプトは①東京における都心機能を分担し池袋副都心を形成する、②周辺住民ならびに後背地住民に対して都市的サービスを提供し、その生活の充実・向上を図る、③池袋の構造変化を誘発するために強力な新しい核を形成する。

「もともとは青少年施設の建設が開発の原点でした。その考えは今でも強く残っており、毎年豊島区内の多くの幼稚園や小学校が文化行事として展望台・水族館見学を続けています」

また、常に新しいことにチャレンジする精神も開業40周年を迎えた今も変わっていない。「施設機能の維持」や「経年劣化の改修」のほか、文化・商業施設の「積極的なリニューアル」で来街者の満足度を高めている。その効果は顕著に表れ、昨年も年間3,000万人超のお客様が訪れた。

都内で最も安全性の高い立地に建てられた超高層ビル

同ビルが立地する豊島区東池袋3丁目は、地震による危険度が最も低い「ランク1」とされている。その安全性の高いエリアに地震の揺れや風圧力などのシミュレーション解析を行ったうえで設計。さらに地下24mの地盤(東京礫層)に直接基礎を構築して、より高い安全性を確かなものにしている。

「同ビルの中では設備・設計部分が最も注目すべき点になります。1978年の竣工ですが、新耐震性能と同等以上の耐震性を有しています。2016年8月には長周期地震動対策工事を完了させました。新たに開発されたダンパを含む3種のダンパを組み合わせる日本初の工法で制震工事を行い、地震発生時の揺れを大幅に低減させます。入居テナントの皆様には安心・安全を提供できていると自負しています」

そのほか、①ビル内の主幹線にトラブルがあった場合は予備幹線に切り替えて対応が可能、②東西2系統の採用により無停電対応が可能、③万が一の停電時は非常用発電機の使用で各防災設備への電源供給を行えること、で安心の電気設備を備える。

また、超高圧変電所からの建物内直接受電により、有事の停電リスクを大きく低減している。これらの強力なバックアップ設備でBCP対応を万全にする。

「サンシャイン60は、日本における超高層建築物の先駆けとして当時の最先端建築技術を結集して建設されました。ですから建物指針に準拠しながら日本一の高さに相応しい十分な安全性を確保したと聞いています」

 
 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

先進オフィス事例

経営戦略と密接に関係するオフィス・事務所移転の事例を、担当者の生の声でご紹介します。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。