開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟 前編

2019年10月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

約7,000㎡の緑豊かな広場と2つのサービスフロアがワーカーのポテンシャルを引き出す

東京駅日本橋口前で進行している再開発計画「東京駅前常盤橋プロジェクト」。3.1haにおよぶ敷地面積を10年超の期間をかけて段階的に開発を行う。全体の開業は2027年度を予定。完成時には日本一の高さを誇る390mのオフィスタワー(B棟)と7,000㎡の広場を有する新たな東京のシンボルが誕生する。今回はプロジェクトの第一期として2021年に竣工予定のA棟プロジェクトについてお話をお聞きした。


宮ノ内 大資 氏

三菱地所株式会社
常盤橋開発部
事業推進ユニット兼
開発企画ユニット兼
開発戦略室兼ビル営業部 統括

宮ノ内 大資 氏

牛尾 莉緒 氏

三菱地所株式会社
常盤橋開発部
事業推進ユニット兼開発戦略室

牛尾 莉緒 氏

完成イメージ(夜景)

完成イメージ(夜景)Mitsubishi Jisho Sekkei Inc.

10年超の歳月をかけて東京に新たなシンボルを誕生させる

常盤橋は東京都千代田区大手町と中央区日本橋本石町の間を流れる日本橋川に架けられた橋で、江戸城の玄関口として栄えていた要衝であった。現在、その地で進められている大規模再開発が「東京駅前常盤橋プロジェクト」となる。

対象エリアはJR東京駅日本橋口前一体の街区で、東京メトロ駅「大手町」「三越前」「日本橋」からも徒歩圏内という高い利便性を誇る。

三菱地所株式会社が進める本プロジェクトは、大規模複合ビルとなるA棟とB棟、地下変電所のC棟、下水ポンプ施設のD棟、大規模広場、常盤橋公園の整備で構成される(棟名は仮称)。変電所や下水ポンプ施設といった都心の重要インフラ機能を機能更新しながら工事を段階的に進めている点が特長的といえる。プロジェクトの第一ステップは開発街区内の日本ビルの一部解体工事からで2016年にスタートした。

A棟の竣工は2021年6月末、B棟は2027年度を予定している。B棟は地上61階、高さ390mを予定し、完成後は日本一の高さを誇るシンボルタワーの誕生となる。

「日本一という高さにこだわったわけではありません。今回の開発は国家戦略特別区域の認定事業であり、『都心の重要インフラの維持・更新』『国際競争力強化を図る都市機能の整備』『高度防災都市づくりと環境負荷低減』などの都市再生の貢献項目を集約することで1,760%(予定)という非常に高い容積率を認めてもらうこととなりました。一方でインフラ更新とともに大規模広場の整備も与件になっておりますので、大規模空地を確保しつつ、その容積の最適配置を検討した結果、日本一の高さになったのです。もちろん『日本一の高さ』という分かりやすい要素をうまく活かすことで、あらゆるヒト・モノ・コトを集めて発信できる施設にしたいと思っています」(宮ノ内氏)

「建物の下に都市インフラの重要施設があることで機能更新の妨げになっていました。しかし困難だといって立ち止まってしまっては永遠に都市機能の更新はできません。そこで大手町連鎖型都市再生プロジェクトの第四次事業と位置付け、施工方法としても段階的にビル、インフラ機能や大規模広場を改修・施工していくことで本プロジェクトの推進が可能になりました」(牛尾氏)

和のテイストをうまく融合させた特長的なデザインを採用した

A棟は地下5階・地上38階建、1フロア面積約780坪の無柱空間で、フレキシブルな働き方に対応可能な大規模複合ビルとなる。

「A棟の外観は歴史を継承し、次世代を切り拓いていくという想いから、未来を拓く『刀』を意識した外観フォルム、歴史や伝統を感じさせる『重ね』や『格子』を意匠のアクセントとして表現しています。一方でオフィスエントランスは軽やかで柔らかな雰囲気を創出すべく、木調の素材や穏やかな光を映した『障子』をモチーフとした壁面などで構成します」(宮ノ内氏)

「敷地内に誕生する『広場』の面積は約7,000㎡です。東京駅前でこれだけ広大な環境創造をするプロジェクトは唯一無二といえるのではないでしょうか。A棟の竣工時には約3,000㎡分を先行して整備を行います。広場には多くの芝生や桜の木等を通じ、屋外ならではの心地よさ、日常的なにぎわいや憩いを演出していきます。また災害復旧活動拠点の側面も持っており、帰宅が困難になった方を受け入れるスペースとしても使われることになります」(牛尾氏)

「本街区と隣接する日本橋・八重洲エリアは桜の並木道が多い場所になっていますので、連携ができれば。桜の並木道を目的として集まる来街者の方々にとってのたまり場としていただきたいですね。低層部の飲食店や、キッチンカー等、食を通じて盛り上げたいと思います。当エリアは、大規模広場が私有地で車が通りませんので、安心してくつろげます。また、新幹線の乗降口となる東京駅日本橋口の目の前という、全国の都市との行き来が便利な最高の立地を活かして、自治体と共同で地方を発信するイベントも企画していきたいですね」(牛尾氏)

完成イメージパース

完成イメージパース Mitsubishi Jisho Sekkei Inc.

隣接の常盤橋公園も、プロジェクトの街区内として2027年に向けて改修をしていき、5,000㎡超の大きな公園につくりかえる計画だ。現在、行政から要望を聞きながら進めているという。都心の巨大ターミナル駅でありながら、その目前に緑あふれる魅力ある空間が創出される。

大規模広場

大規模広場 Mitsubishi Jisho Sekkei Inc.

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

先進オフィス事例

経営戦略と密接に関係するオフィス・事務所移転の事例を、担当者の生の声でご紹介します。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。