開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

WeWork Japan 前編

2018年9月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

シェアハウスからコミュニティハウスへ。WeWorkが行うオフィス革命

2010年、米国ニューヨークで誕生したWeWork。設立後わずか8年で、世界23ヵ国287ヵ所での事業展開、延メンバー数は26万人強(2018年8月現在)。企業評価額は200億ドル(約2兆2400億円)に上るとされ、いわゆる米国を代表するユニコーン企業として世界中から注目を集めている。2018年2月、港区六本木に日本での第一号オフィスを開設。2018年内に日本国内だけで10-12拠点の開設を目指しているという。今回、急成長を続けるWeWork日本事業のゼネラル・マネージャー髙橋正巳氏に、企業ポリシーやそのプラン、日本での展開についてお聞きした。
(取材日:2018年9月3日 電話取材にて)


北村 俊裕氏

WeWork Japan
ゼネラル・マネージャー

 

髙橋 正巳 氏

 

米国らしいダイナミズムなコミュニティを目指して設立された

国際都市東京の新ランドマーク

WeWork新橋の共用エリア。窓際の日差しが入る場所に設けられている。クリエイティブなデザインが特長的で招かれた友人宅で会話をするような感覚で利用できる。この他にも利用目的に合わせた共用エリアを用意。入居者同士の自由なコミュニケーションを創出させている。ちなみにこのエリアの左側にはコミュニティバーと呼ばれ、受付の役割を担うデスクが置かれておりメンバー同士のコラボレーションを促進する目的でコミュニティマネジャーが常駐している。

WeWorkは2010年2月に創業。最初のオフィスは2010年ニューヨークのソーホーエリアに開設された。英語には「Thank God It’s Friday」という表現がある。「やっと金曜日が来た!」というフレーズだ。しかし同社が考えるのは「Thank God It’s Monday」。つまり仕事始まりである月曜日を憂鬱な日ではなく、ワクワクできる1週間の最初の日にすること。そのために「Create a world where people work to make a life, not just a living」をミッションに、自分の仕事を心から楽しめるような、心が弾むようなワークスペースの提供を心掛けているという。

創業当初のメンバー企業(契約企業)の多くはベンチャーやフリーランサー。小規模事業者に最適なソリューションを提供し、最小限のコスト負担で事業のスタートアップをサポートしてきた。しかし最近では大企業の利用も顕著になっている。それは、大企業側が今まで接していなかった領域の分野や世代との交流から生まれる想定外の効果に期待していることの表れだという。そうして8年が経過。急速な事業拡大を成し遂げた。

その要因の一つが、世界的に広まった「コミュニティの活性化」の動きをいち早く掴み取ったからだと分析する。実際、WeWorkのメンバーの中には、人と人とのネットワークに魅力を感じているという人が多く存在するという。

フレキシブルな契約は事業の柔軟性をサポートする

ここでの施設の使い方はまさに十人十色。同社としては、さまざまな使い方ができるように各所に配慮した環境を用意していると語る。必要と思われる機能はすべてワークスペース内に配置している。それでは主要プランと料金について紹介しよう。

■主要プランと料金

 プラン名 サービス内容  主な利用者  月額最低料金 
カスタム
ビルドアウト
メンバーの要望に合わせたオーダーメイド。理想的な空間づくりから運営までをWeWork側が担当する。 50~500名規模。充実した設備、フレキシブルな入居希望の方向け。 (要相談)
プライベート
オフィス
チームの人数に合わせて独立した部屋を提供。デスク、椅子、ファイルキャビネットなどを装備。急な入居にも対応可能。 1~100名規模。コミュニティ内で独立性を保ちたい入居者向け。 (要相談)
専用デスク 自分専用のデスクをシェアスペース内に用意。いつでも同じデスクでの業務が可能。 コラボレーションを目的に毎日利用する入居者向け。 101,000円/月

(アークヒルズサウス例

ホットデスク 共用エリア内にワークスペースを確保。ノートPC持参で空席を選び業務を行う。 1ヵ月に1週間以上利用する利用者向け。 72,000円/月

(アークヒルズサウス例)

さらにメンバーのスムーズな業務運営のために用意した設備にも触れておく。これらはほんの一部を抜粋したものになる。もちろん毎月の費用内に含まれているサービスである。


・高速インターネット  ・業務用プリンター  ・事務用品  ・電話ブース
・郵便&荷物サービス(ホットデスクプランを除く)
・グローバルなコミュニティネットワーク    ・ソーシャルや勉強会など多目的なイベント
・24時間入館可能   ・受付デスクサービス  ・毎日の清掃サービス
・マイクロ焙煎珈琲や紅茶、お茶        ・クラフト生ビール 


これらに加えて、WeWorkには他社にはない2つの優位性を備える。それはデジタルとリアルの両面で支えられている。

同社は創業以来、数多くの地域や拠点で、メンバーのスペース利用状況についてメタデータを集積してきた。例えば、会議室の時間帯による利用率データ、各消耗品の使用データ、エリア別滞在データなどだ。これらは自社開発の専用ソフトウェアを介して集積され、そこから見出されるオフィスニーズを分析した上で今後のより良いオフィス環境づくりに生かされていく。

そのほか、長年のオフィス運営の中でメンバーの交流を促進するのに最適な「廊下や通路の幅」「妥当なパントリーの位置」「適したデスクの大きさ・種類」などの情報もデータで蓄積されており、それらはWeWorkのオフィスデザインにすべて反映されている。このように、データに基づくオフィスデザインがWeWorkの強みの一つとなっている。


オフィス内の通路(WeWork新橋)

一方、実際に顔の見える距離で事業主同士のコラボレーションを働きかけることがリアルでのユーザー支援だ。これがWeWork最大の特長で、その役割は各拠点に常駐するコミュニティチームが担う。コラボレーションが促進するようにプログラムに変化を持たせたイベントや説明会を頻繁に開催。大掛かりなイベント以外にも、普段からカフェカウンターやシェアスペースでのメンバーの交流が進むように配慮を行き届かせている。メンバーの事業内容や特性、課題などを常に把握するコミュニティマネジャーの育成は創業以来、最優先事項として取り組んできた。

パントリーのカウンター(WeWork丸の内北口)

 
 
 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須