開発最前線

~大型再開発の魅力を探る~

東京ワールドゲート 前編

2018年11月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

新たな価値を生むグローバル&クリエイティブエリアを目指す
「神谷町」のシンボルタワー

港区・虎ノ門を拠点とする大手デベロッパーの森トラストは、国際都市東京を代表するにふさわしい新たなランドマークの開発を進めている。街区内のシンボルタワーとなる大規模複合ビルの竣工は2020年3月の予定だ。今回の取材では同プロジェクトの概要について関係者の皆様からお話を伺った。


北村 俊裕氏

森トラスト株式会社
不動産開発本部 管掌
取締役

増永 義彦 氏

北村 俊裕氏

森トラスト株式会社
営業本部
東京ワールドゲートグループ課長

皆吉 亮平 氏

北村 俊裕氏

森トラスト株式会社
社長室戦略本部 事業企画戦略室
部長代理

小野 誠 氏

神谷町・虎ノ門を拠点とする森トラストが手がける大規模再開発

国際都市東京の新ランドマーク

外観見上げパース

虎ノ門の地名は、江戸城南端(現在の虎ノ門交差点付近)にかつて存在した「虎ノ門」という城門の名称に由来する。戦前の1938年に東京高速鉄道(現・東京メトロ)の地下鉄駅が開業する際には駅名として使用されるなど、地域住民にとっては馴染みのある地名であった。ちなみに住所表示上の町名として採用されたのは1977年と割と近年のことである。

虎ノ門に隣接する千代田区・霞が関は、明治時代から現代に至るまで内閣府や国会議事堂をはじめ、官公庁施設が集積する日本の中枢である。そこからほど近い虎ノ門界隈には、各国の大使館や外国人居留地が設けられ、非常に国際色豊かなエリアとして発展してきた。

一方、開発事業主である森トラスト株式会社は、1999年9月にデベロッパーとして開発した「虎ノ門二丁目タワー」へ本社移転を行う。そのタイミングで現社名に変更。以来、約20年にわたって神谷町・虎ノ門エリアを拠点としてきた。本プロジェクトはそんな森トラストのホームグラウンドで進行している。

計画地は、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅直結の好立地。農林漁業団体職員共済組合の保有施設『虎ノ門パストラル』を中心とした一体の再開発となる。同社が「虎ノ門パストラル」の敷地を取得したのは2008年1月のこと。翌2009年9月末に施設が閉館すると建物は解体・整地される。その後、広場、貸菜園、飲食店などからなる期間限定の暫定的な施設の利用を経て、2016年10月に本工事が着工した。

着工前の計画名称は「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」。2015年3月4日に内閣府の定める国家戦略特別区域の特定事業として「国家戦略都市計画建築物等整備事業」の第一号認定、および「国家戦略民間都市再生事業」の認定を受けている。その後、2016年10月の着工時に「世界と東京、世界と日本をつなげるゲート」機能を担うという意味を込めて「東京ワールドゲート」という街区名称に変更された。

本プロジェクトが認定を受けている国家戦略特区とは、世界と戦える国際都市の形成を図るために必要な施設(国際級ホテル、都心居住のための住宅、オフィスビル、コンベンション施設等)の立地を促進し、世界から資本・人材を呼び込む国際的ビジネス環境を整備することを目的とした区域である。都市計画法、土地区画整理法、都市再開発法および都市再生特別措置法の特例が設けられ、東京の国際競争力強化に向けた都市機能の導入により、神谷町・虎ノ門エリアの発展をさらに加速させる街づくりを行う。

「神谷町・虎ノ門というエリアの特性を考えたとき、『霞が関に近い官庁街』『ビジネス街』であることや『大使館や外資系企業など外国人の多い土地』というイメージがあります。その他、『オフィスビルや公共施設の他、ホテル、住宅等の多様な用途が共存する街』でもあり、『神社仏閣も多く、都心にありながら緑豊かな環境』という一面も備えています。その多様性が日本を代表するビジネス街の一つである『丸の内・大手町』と違う部分ですね。今回の再開発計画を取り組むにあたり、これらの多くの魅力を最大限活かした開発にしなければならないと考えました」(増永義彦氏)

エリアの特性を活かした開発の軸を定め国際都市としての地位を高める

同社では多くの外国人が集積するエリアの特性を取り入れて、以下3つの開発の軸を定めた。そして3つの軸を集約。コンセプトを「Globalize JAPAN , Localize the WORLD」とし、ハード・ソフトの両面から「国際都市としての地位の向上」を目指すという。

1. イノベーションを支えるビジネス・交流環境の整備
 ① 世界の最先端が生まれる都市・TOKYOのワークスタイルを実現するビジネス空間
 ② 仕事の合間のリフレッシュや憩いの場を創出する、緑あふれるアメニティ

2. グローバルプレーヤーやイノベーターを呼び込む、一流の滞在機能の構築
 ① グローバルプレーヤーの感性を満たすラグジュアリーな滞在機能
 ② 滞在生活をより快適に総合サポートするライフサポート機能

3. ジャパンブランドを世界に発信する拠点の創出
 ① 日本全国の魅力を集約し、世界に発信する「ジャパンブランドポータル」

「憩いの場の一つである300年の歴史を持つ『葺城(ふきしろ)稲荷神社』は、もともと敷地東側の通路に面した擁壁(土壌の横圧に抵抗して斜面の崩壊を防ぐために設けられる構造物)の上に建てられていましたが、本プロジェクトを機に、安全性の確保を考えて街区内に遷座することになりました」(増永氏)

エリアの地域性を考えてきめ細かな快適環境をつくる

「東京ワールドゲート」は地上38階、地下3階建。31階から36階の6フロアには「東京エディション虎ノ門」が入居する。エディションとは、「マリオット・インターナショナル」の最高級グレードに位置づけられるラグジュアリーライフスタイルホテルブランドで、森トラストは同ホテルを日本で初めて誘致することに成功した。

「東京エディション虎ノ門」の客室数はSuite Roomを含めて約200室。短・中長期滞在ニーズに応えられるようにサービスアパートメント仕様の客室も提供する。加えて「レストラン」「バー」「フィットネス」「プール」「スパ」なども併設する。これらの付帯施設はホテルの宿泊客だけでなく、オフィスワーカーや地域住民が利用することも想定しているという。

「同ホテルはソーシャライジングをコンセプトとしています。神谷町・虎ノ門エリアのさらなる発展と活性化を目指して、ホテルの宿泊客と地域住民、さらにはオフィスワーカーの皆様など、普段あまり接点のない方々の交流を促すということも、今回の再開発事業の狙いの一つです。そのために弊社が丸の内で運営する外国人向けの観光案内所と連携したイベントなども企画中です」(小野氏)

さらに、外国人比率が高い神谷町・虎ノ門の地域性を考え、2階には健康をトータルにサポートする多言語対応可能な医療施設を整備し、さらに生活コンシェルジュを配して諸手続きの支援、生活情報や観光情報を多言語で提供するなど、外国人の生活を快適にサポートする機能を充実させる。

「高低差のある街区内をスムーズかつ、ストレスなく移動できるように、エレベーターなどの動線計画にも配慮しています。そして外国の方々にもどんどん利用していただくことで、将来的にこの場所を『ジャパンブランド』の発信基地とすることも視野に入れております」(増永氏)

低層店舗完成予想パース

 
 
 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

先進オフィス事例

経営戦略と密接に関係するオフィス・事務所移転の事例を、担当者の生の声でご紹介します。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。