都市の記憶

~歴史を継承する建物~

迎賓館赤坂離宮 前編

オフィスマーケットⅣ 2009年9月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

明治32年に着工、10年の歳月をかけて完成された迎賓館赤坂離宮。時代と共にその様相を変えてきた建物の変遷と歴史を追いかけた。


迎賓館赤坂離宮

大ホールの中央階段。真紅の絨毯で1階玄関ホールへ続いている。

私的空間から国賓接遇の場へ――知られざる“変身”の経緯

現在、諸外国の元首や王族等、国・公賓に位置付けられる人々の訪問に際して、会談・宿泊その他の接遇に供される国の施設は、東京の迎賓館――赤坂離宮と京都迎賓館の二カ所であるが、平成17(2005)年に完成した京都迎賓館が初めから接遇施設として構想された純和風建築であるのに対し、東京のそれはいささか複雑な経緯をたどって今日に至っている。
敷地は元紀州徳川家の中屋敷があった港区元赤坂。中屋敷とは高位の大名が構えた別宅で、上屋敷が火災等に遭った際には仮の藩庁として機能する。平時には大名の子弟や親族が生活するという役割を担っていた。明治の大政奉還~維新政府の発足に伴って、当主徳川茂承がその西部を皇室に献上、明治6(1873)年に皇居(江戸城西の丸)が火災を起こし、赤坂離宮は仮御所となった。
その後、皇太子(後の大正天皇)の御成婚を控え、赤坂離宮は東宮御所として全く新規に造営されることとなる。明治32年に着工、10年の歳月をかけて完成された建物の外観は、壮麗無比ながら斬新な意匠に富んだネオ・バロック様式で、左右対称の両翼を前方に張り出した曲面とし、正面部と翼部をオーダー柱で支えた整然たる構成であった。
設計総指揮はジョサイア・コンドルの直弟子である工部大学校造家学科一期生の片山東熊。彼は、御所建設に先立って、ルーブル宮殿(1674)、ベルサイユ宮殿(1626)等を視察し、重厚なバロック建築に自由で独創的な発想をこの建物に惜しみなく注ぎ込んだ。平行して建設された東京国立博物館・表慶館(1908)と相俟って、この建物が片山の宮廷建築家としての地位を不動のものとしたのも頷ける。

延床面積は約15,355平方メートル。地下1階、地上2階の規模ながら、その存在感は圧倒的である。 地震国日本の条件に鑑み、柱脚根固め用として逓信省から払い下げられた英国製古レールを使用していることや、国産(茨城県)の真壁石(花崗岩)を凹凸に隙間なく張り付けたことなど、一つひとつを採り上げても、この建物の歴史的意義・建築史的意義に思い至る。なお、別に米国カーネギー社に特注した鉄骨を含め、鉄骨の総重量は2800トンに及ぶという。
ただし、それだけに費用もかかっている。着工後10年間の物価上昇の影響はもちろんあったが、総工費510万円は当時において破格であり、若きプリンスに重ね合わせた“明治日本”の国威発揚に賭ける凄まじいまでの意欲の現われとみるべきだろう。ちなみに当時最新鋭の戦艦建造費がおよそ1000万円。現在の物価に換算して当時の500万円は900億円とも1000億円ともいわれる。

さて、東宮御所として出発した赤坂離宮の建物であるが、大正天皇の摂政宮であった昭和天皇が震災から昭和3年まで暮らしたほか、大正天皇と満州国皇帝との会食、英国皇太子の宿泊、満州国皇帝溥儀の宿泊などに使用された記録がある。戦後は、国立国会図書館、法務庁法制意見局、裁判官弾劾裁判所、憲法調査会、東京オリンピック組織委員会等に使用されたが、本格的な国賓接遇施設として生まれ変わる大改修工事が昭和43(1968)年から開始された。当時の建設省官庁営繕部の設計監督の下、本館の設計は村野藤吾が担当して、昭和49年に完成。以後、迎賓館として多彩な用途に供され、今日に至るわけである。

正面玄関屋根

正面玄関屋根。屋根の左右には日本の甲冑を象った装飾が飾られている。

迎賓館地図

迎賓館外観

迎賓館外観。約35,700坪の敷地に建てられたネオ・バロック様式の洋風建築。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須