都市の記憶

~歴史を継承する建物~

都市の記憶Ⅲ 「日本のクラシックホール」出版記念フォーラム 前編

オフィスマーケットⅣ 2007年9月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

『都市の記憶III 日本のクラシックホール』は、『都市の記憶』シリーズの第3弾。好評だったこれまでのシリーズ「オフィスビル」「駅舎とクラシックホテル」の続編として2007年に白揚社から刊行された。
明治・大正・昭和を経て「集いの場」として存在する建築物が編纂されている。今回、著者である5人が参加した出版記念フォーラムの様子を紹介する。


  • 講演者

増田彰久氏

写真家

増田彰久氏

鈴木博之氏

東京大学大学院教授
建築史家

鈴木博之氏

小澤英明氏

法律家
弁護士

小澤英明氏

藤森照信氏

東京大学大学院教授
建築家・建築史家

藤森照信氏

  • 司会進行

阿川佐和子氏

文筆家

阿川佐和子氏

  • 主催

本田広昭

株式会社オフィスビル総合研究所
代表取締役

本田広昭

成熟した都市の象徴――“集いの場としての建築”

阿川:最初に、この本の主旨などについてお話しいただきたいと思います。

増田:このシリーズの1冊目、オフィスビルの本が幸いに好評でした。そこで続けて、駅舎とクラシックホテルを出し、次は何かと考えたとき、テーマとして浮かんできたのが“集いの場としての建築”でした。これまで、このジャンルを採り上げた類書はありません。実は僕も、今回の本に入れた建物をあまり撮らずにきて、ほとんどが撮り下ろしです。

鈴木:今回の本の楽しみ方についてですが、写真家には、対象物をドラマティックに伝える人とか、記録写真のように撮る人など、タイプがあります。増田先生は、その建物の特徴が一番わかりやすいように工夫されて撮っている。たとえば、あるホールは正面から舞台に向かってまっすぐ撮る、あるいは舞台と客席を7:3のバランスで撮る、真横から撮る、実にさまざまです。読者もそういうところに着目してページをめくると面白いのではないでしょうか。

小澤:最初の本のときは、歴史的建造物保存のための理想的な制度を備えた架空の国の見聞記というかたちで、議論の糸口を示させていただきました。2冊目では、現実の日本でクラシックホテルが壊されそうになったとき、どのような法律的対処策が取れるかを、そして今回は、もっと現実的に、ホールなどの歴史的建造物を残すための資金をどうやって調達するか、どういう仕組みがあるのかを書かせていただきました。

藤森:今回、興味深かったのは、一橋大学の兼松講堂(1927)と、神戸女学院大学の記念講堂(1933)この両者がこんなに似ているとは思っていなかったので、驚きました。前者は伊東忠太、後者はヴォーリズと、まったく違う人生を生きた人の設計なのに不思議ですね。時代は重なっていても、文化背景も違うし、どちらかが模倣したということも考えられない。改めて面白いなあと気づかせてもらいました。

一橋大学兼松講堂

一橋大学兼松講堂

神戸女学院大学記念講堂

神戸女学院大学記念講堂

阿川:それでは、実際のクラシックホールについて解説していただきます。今回、紹介されているホールは、すべて現存するものですか?

増田:現存しています。最初は、旧函館区公会堂(1910)ですが、当時の公会堂は、お金持ちの寄付によって建設されたものが多いのですね。ここも、相馬哲平という豪商の寄付によるものです。内部はかなり広い空間で、木造でこれだけのものをつくるのは大変だったでしょうね。

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂

藤森:ヨーロッパのトラスの技術を用いているから可能になった。函館では明治維新のときに新政府側と幕府側が戦争をしました。その後も幕府側の商人が実権を握っていたのですが、新政府の北海道庁が丘の上に役所を建てたのに対抗し、それより少し高い場所にこれを建てました。木造でこんなに派手にペンキを塗った建物は珍しい。僕は最初、こんなテーマパークみたいな派手な色にはしないだろうと考えた。ところが、調査してみると、もともとこういう色だったそうです。立地も含め、官に対する市民運動として、それだけ目立つようにしたかったのでしょうね。

鈴木:色については、昔のウェッジウッドの陶器などもかなり派手ですし、ヨーロッパのロココから、その後のペテルブルクの宮殿などに至る流れもこんな感じなので、この建物だけが特に変わっているというわけではないのですよ。

増田:旧山形県会議事堂(1916)の撮影はちょっと大変でした。「照明を点けていただけますか?」とお願いしたら「電気代を払っていただきます」という。まあ、公費で運営しているものだからと納得し、次に「舞台も明るくしたいのですが」といったら、「それは別料金」(笑)。大変なんだなあと思いました。なので、この写真はけっこうお金がかかっています。しかも、照明を点ける係の人を呼んでもらうのに、30分、40分……と、時間もかけています(笑)。

旧山形県会議事堂

旧山形県会議事堂

鈴木:この建物の場合、重要なのは内部。保存のため、きれいに修理されていますが、これは日本の建物修理の歴史の中でも記念的な作業で、補強は外側だけで済ませています。通常、内部に柱を足したりするのですが、ここはそれを外に集中させ、内部のデザインを守った。これは画期的なことです。

増田:郡山市公会堂(1924)。こういうホールができた都市は、それだけ市民の意識が高かった証拠で、立派ですね。次は国会議事堂(1936)。普通の建築写真では参議院を紹介することが多いのですが、僕は衆議院のほうを中心に撮りました。日比谷公会堂(1929)は早稲田大学の大隈講堂(1927)なども設計した佐藤功一の作品。舞台の袖の左右に、資金を寄付した安田善次郎と企画した後藤新平の像がはめ込まれています。歌舞伎座は岡田信一郎の設計で三代目の建物ですが、残念ながら近く取り壊されるそうです。こちらの東京大学安田講堂(1925)も安田善次郎の寄付によるもので、第一回の有形登録文化財になっています。

“足”で発見したポイント――歴史的建造物撮影の苦労

鈴木:この写真はけっこう不思議で、現在、安田講堂の後ろには巨大な医学部の校舎と高層マンションが建っているので、最初にこれを見たとき10年くらい前の写真だと思いました。ところが、最近のものだという。

増田:僕は建物の写真を撮るとき、建った当時のかたちをできるだけ再現したいと思っています。安田講堂の場合は並木から近づいていきますと、たった一点だけ、ここしかないというポイントがあった。左右に30センチずれても後ろの建物が見えてしまう微妙な位置。決して合成で消したのではありません。

藤森:早稲田大学の大隈講堂は内部が見事ですね。天井のステンドグラスが時計みたいなデザイン。次の日本女子大学の成瀬記念講堂(1906)これはキリスト教の教会みたいですね。ミッション系ではないのに。

日本女子大学成瀬記念講堂

日本女子大学成瀬記念講堂

鈴木:この建物は非常に不思議な壊れ方をしていて、外側の煉瓦の部分は失われたのに内部だけが残り、それを修復して使っています。ハンマービームという中世ヨーロッパで一番手の込んだシステムが、今の日本で最もよくわかる例ではないでしょうか。天井を支える横木がハンマーのように見えるのでこう呼ばれています。

増田:ここは田辺淳吉の設計で、学校を出て1年目くらいの作品ですが、すごいなあと思いましたね。当時の教育は立派だったのですね。もっとも、最近、別の人の作品ではないかという説もあるんですが(笑)。

鈴木:田辺さんはこれができた頃には他の仕事をしていたので、確かにそのあたりは慎重に考えるべきですね。いずれにしろ中世には、木造で大きな空間をつくろうとすると、このように持ち送りで二段構え三段構えにしなければならなかったわけです。シンガポールのラッフルズホテルなどもそうですね。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須