都市の記憶

~歴史を継承する建物~

市政会館・日比谷公会堂 前編

オフィスマーケット 2001年5月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

日比谷公園内にある「市政会館」「日比谷公会堂」は両者が一体となっている珍しい建築物。「市政会館」は1928年の竣工当時からエレベーターやメールシュート、給湯設備を取り入れていた。現在も多くの各種団体がオフィスとして使用しており、高い独立性を保った運営がされている。


日比谷のランドマークとして親しまれる時計塔

日比谷のランドマークとして親しまれる時計塔。時計は東西南北4面に取り付けられている

機能美と恒久性の総合――“素材の個性”を追究する建築理念

東京都千代田区・日比谷公園の一角に位置する市政会館と日比谷公会堂は、両者が一体として存在する異色の建築物である。時計塔が印象的な会館部分は全体の建設者でもある財団法人東京市政調査会が管理、一方、公会堂部分は昭和4年の落成直後より東京市(当時。現在は東京都)の管理に委ねられて現在に至っている。
この建物の建設が計画された経緯と管理分担の事情については後述するが、計画段階で設計図案競技(コンペ)が実施されたのも当時としては異例のことだった。
大正11年12月に施主である東京市政調査会が建設要項一五カ条と応募心得一二項を示し、指名された著名建築家8名が翌年3月に18種の案を提出した。要項には、この建物が「二個の供用目的を有」すること――すなわち調査会と他のテナントが使用するオフィスビルと多目的ホールの合体したものと明記され、「地上6層以下。
ただし別に時計塔を設置すること」などの細目も指定されており、審査の結果、元早稲田大学工学部教授・佐藤功一の案が第1等となる。
佐藤はすぐに実施設計にかかったが、建設予定地が公園内であることなどから建築認可が難航し、最初の申請から丸4年を経過(大正14年再申請)して許可交付となるまでの間に、設計案は大きく変化せざるをえなかった。建設地も、当初の公園東北隅から現在の東南隅へと変更。さらに、基礎工事に着手する直前に関東大震災が起こる。その経験は、従来レベルにとどまらぬ耐震性・耐火性を新造の建築物に要求することになった。元来が建物の恒久性を重視する建築家だった佐藤は「お化け丁場」の異名をとる軟弱地盤に挑み、根切底に18メートル余の松材坑木を2200本も打ち込んだ上、鉄筋で組んだ基礎にコンクリートを流し込む工法を2年がかりで実施した。日比谷公園付近は現在も地盤沈下が目立つ地域だが、この基礎工事によって会館・公会堂の建物はほとんど影響を受けていないという。
昭和3年より本格的な建設工事(施工/清水組=現・清水建設)が始まり、やがて翌4年10月、柱形を連立させて垂直線を強調した近代ゴシック様式の建物が荘重にして優美な姿を現わした。 

鉄骨鉄筋コンクリート造、地下一階、地上六階、塔屋四階(塔屋最高階まで地盤面上四十二メートル)。外装は茶褐色タイル張りを基調とし、要所に石材と黄色テラコッタを配し、公園の景観と調和する高雅な色調と堅牢性の両立に成功している。
我が国で陶器材料を建築へ本格的に用いた先駆として記憶されるべき作品である。

愛陶家であった佐藤はタイルやテラコッタの製作・選定にこだわり、大阪や名古屋の工場まで幾度も赴いては貼り合わせる高さや角度を工夫し、光線による陰影を調べ、自ら現場の技術者を指導したという。
また、ここでは陶器材料のみならず、コンクリート、木材、石材、ガラス、金属など、あらゆる素材の機能美が追求され、それが空間に反映されている。素材の個性を総合して建築物の個性へと昇華させるという、佐藤の建築家としての理念が、見事に具現化された好例といえるだろう。

市政会館側より見た正面全景

市政会館側より見た正面全景。垂直線を生かしたネオ・ゴシック様式が、時計塔の印象を際立たせる

一等となった佐藤氏の当初の設計案(市政会館側)

一等となった佐藤氏の当初の設計案(市政会館側)

コンペにはこのような案も出された

コンペにはこのような案も出された

日比谷公会堂側の正面入口

日比谷公会堂側の正面入口。 数々の催しが歴史を刻んできた

日比谷公会堂地図

着工前後から竣工まで ―― 歴史と世相
大正12年(1923)

・4月.東京市政調査会館設計競技で佐藤功一案が1等となる。
・9月.関東大震災。日比谷公園が避難所となる。

大正14年(1924)

・10月.建設予定地で地盤強化の基礎工事が始まる。
 この頃、建築家グロビウスらによるバウハウス運動盛ん。

昭和2年(1926)

・5月.リンドバーグが大西洋単独横断飛行に成功する。
・8月.初申請以来4年を費やして建築認可が交付される。
・12月.上野―浅草間に日本最初の地下鉄が開業する。

昭和3年(1927)

・2月.普通選挙法による初の衆議院選挙が行われる。
・5月.定礎式。
・9月.英医師・フレミングがペニシリンを発見する。

昭和4年(1928)

・10月.市政会館・日比谷公会堂が竣工する。
  同月、ウォール街で株価が大暴落する(暗黒の木曜日)。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須