都市の記憶

~歴史を継承する建物~

東京国立博物館 表慶館 前編

オフィスマーケットⅡ 2008年6月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

明治建築の代表作として重要文化財に指定された「東京国立博物館 表慶館」。建物自体が「美術」になり得るよう設計され、ナショナルミュージアムにふさわしい存在感を保ち続けている。関東大震災や空襲をくぐり抜けてきた建築技術はもちろんだが、当時の姿を残す修繕や内部壁面の塗り替え技術の高さにも注目したい。


ドームが特長的な表慶館外観

ドームが特長的な表慶館外観

明治期建築の至宝――贅を尽くした美術館の静かな佇まい

東京・上野の森にある東京国立博物館。現在は独立行政法人となっているが、広大な敷地に並び建つ壮麗な建築群はナショナル・ミュージアムにふさわしい偉容を保ち続けている。入口正面に関東大震災で被害を受けた旧本館に代わって建てられた本館(設計・渡辺仁)。そして、その左手側に物静かながら重厚な佇まいで建っているのが明治建築の代表作として重要文化財の指定を受けた表慶館である。
明治41年(1908)9月に竣工したこの建物の名は、皇太子時代の大正天皇の御成婚を祝う意味でつけられた。建設は国民が奉納した資金40万8501円を元に明治34年から7年の歳月を費やして行なわれた。この金額は現在に換算すると20億円に近い。“世界の一等国”を目指す当時の日本において、若きプリンスに対する国民の敬意・期待がいかほど大きかったかがうかがわれる。
延床面積2049.4平方メートルの2階建。外壁に花崗岩を貼り石造風に見せているが、実際には総煉瓦造で壁厚は81~186センチメートルに上る。設計には、赤坂迎賓館(当時・東宮御所)、奈良国立博物館、京都国立博物館等(いずれも重文指定)を手がけた宮内省技師・片山東熊を中心に、高山幸次郎や新家孝正といった俊英があたったといわれる。竣工当時、並び建つこととなった旧本館は片山の師であるジョサイア・コンドルの設計であり、震災が襲来するまでは明治建築の一系譜を辿ることのできる貴重な景観を呈していた。
当初4年を予定していた工期が倍近くにも延びたのは、同時期に片山が東宮御所を手がけていたことや平面・立面計画が二転三転したこと、さらに日露戦争により資材の輸送が滞ったこと、軟弱な地盤に対する念入りな基礎工事作業などが原因である。建物を象徴する3対ドームの形状など最終案がまとまったのは明治39年も半ばになってからのことであり、平面も当初はシンプルなI型だったものが便殿(貴賓室)を付設する等の付帯条件が加味され、最終的に中央・両翼にドームを擁する十字形ネオ・バロック様式の外観が決定されるまで、4案ほどが検討されている。なお、これらの設計案については、平面・立面図、パース等が豊富に現存しており、建築史的にも価値の高い資料となっている。
ベランダやラウンジにイオニア式のオーダー、2階外壁部分にピラスター、欄間に彫刻装飾を配するなど、左右対称の平面構成に対して立面は複雑な要素を採用し、全体として変化に富んだ古典的な美しい姿が印象的である。 

また、外壁上部には楽器や製図道具といったアイテムをモティーフとしたメダイヨン、内部インテリアの意匠の凝らし方も多彩で、建築作品としての魅力を遺憾なく発揮している。
内部は曲線を基調としたデザインで、中央ドームの天井まで吹き抜けとしたエントランスホールが開放感を演出する。細かい装飾、調度品等、隅々にまで目が行届いた設計は、“建築物は芸術作品でなければならない”と主張した片山東熊の思想を感じさせる。ましてや“美術館”である以上、数々の至宝を展示するその器自体が宝石箱のような存在であることが望ましいとの意図があったものだろう。

しかし、片山の考え方は当時の世相とは逆行していた観がある。大正デモクラシーへ向かう気運は一連の宮廷建築を権威主義的であるとして批判し、表慶館同様に片山が情熱を傾けた東宮御所の建物も明治天皇から「贅沢すぎる」との叱声があったという。失意の片山は、以後、建築設計の表舞台から遠ざかった。
ともあれ、関東大震災で敷地内の他の建物が甚大な被害を被ったため、再建事業が完了するまでの15年間は表慶館が東京国立博物館唯一の展示場として文化の灯火を守り続けた。そして戦後、歴史的・建築的価値が高く評価され、昭和53年(1978)に重要文化財となった。
震災を生き延びた堅牢性、観る者の心を捉える芸術性、片山の建築に対する思想はかくして現代に受け継がれた。

表慶館全景

表慶館全景

東京国立博物館 表慶館地図

 
 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須