都市の記憶

~歴史を継承する建物~

「旧新橋停車場」復元駅舎 前編

オフィスマーケット 2003年5月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1997年にスタートした「旧新橋停車場」外観復元プロジェクトは、古写真をコンピュータ分析して寸法を割り出すなど先端の技術を使用。しかし建材基準など「昔どおり」ではクリアできない問題がたくさんあった。復元の裏側に秘められた工夫やポイントなどを総括責任者に伺った。


竣工当時の新橋停車場正面写真

竣工当時の新橋停車場正面写真(「ザ・ファー・イースト」より 横浜開港資料館所蔵)

中央の貴賓用出入口

正確な資料が無い中央の貴賓用出入口は、コンクリートアーチで新たにデザイン。 寸法決定の物差しとなったステップ段石の実物が見学窓から見られる

京浜鉄道開業式行幸

「京浜鉄道開業式行幸」(明治神宮聖徳記念絵画館所蔵)

“記憶装置”としての新生――真実を将来へ受け継ぐために

着々と再開発工事が進行する東京都港区汐留。昭和通りに面して、今、また一つ、新たな建築作品が堂々たる姿を現わした。国指定史跡の上に建つ「新橋停車場」の復元駅舎である。
延床面積は1351平方メートル。鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)。高さ15メートルの地上2階建。周辺にそびえる高層ビルと見比べて最初に連想したのは、バージニア・リー・バートン作の名作絵本『ちいさいおうち』だった。野原の丘の上に建つ小さな家。やがて、たくさんの家々が建つようになり、周囲は急速に都会化していく。そんな物語だった。ビルとビルに挟まれながらも失われなかったあの家は、赤いレンガ造だったろうか。一方、この復元駅舎を改めて眺めてみると、外壁に薄緑色を帯びた石材を用いた重厚な姿が、規模の大小にかかわらない「建築」としての確固たる存在感を示している。
わが国の鉄道文化の起点となった新橋停車場は、明治5年(1872)に竣工した。設計はアメリカ人建築家ブリジェンス。以後、中央駅としての輝かしい歴史を刻みながらも、大正3年(1914)の東京駅開業により貨物専用駅となり、関東大震災で駅舎本屋を焼失してしまった。

竣工当時の古写真や発掘された実物の駅舎基礎など信頼できる資料のみを基に、可能な限り正確に本物が存在した「場所」の上に当時の「外観」を再現する――数々の労苦を乗り越えて、今、ここに復活した駅舎の姿を眺めることは、一種、胸に迫る感動さえともなう。この場所の地下には、旧駅舎そのものの基礎石積が静かに眠っている。そして、その上の空間に、今や手触りを確かめられる実体としての建築がある。
コンピュータ・グラフィックスやホログラムなどではない。都市における“記憶装置”あるいは“歴史意識の喚起装置”として機能する建築の「力」がここには確かに存在している。
建物の背後に回ると、駅舎に連続して再現された25メートルのプラットホームと「0哩標識」がある。軌道は明治初期当時に用いられていたのと同じレール1本24フィート(7.3メートル)で再現したという。また、双頭レールは明治6年(1873)英国製の実物を新潟の石油加工会社から譲り受けたものだ。ホーム脇に設置された見学窓からは実際の石積を視認でき、建物内の見学窓から見える礎石と共に、真実を伝える「史跡」としての価値を再認識させてくれる。
さて、この4月10日に開業予定の「旧新橋停車場」は、レストランを主用途とし、汐留の地や鉄道の歴史を紹介する「鉄道歴史展示室」が併設される。展示室の基本コンセプトは「訪れた人々が気軽に楽しむことができる部屋」である。
物々しい“博物館”としてではなく、この土地に本来備わっている「記憶」を訪問者が共有できるオープンな「場」としての公開をめざしているという。
オープニング記念企画は「日本の鉄道開業」。以後、「汐留の移り変わり」「明治期の西洋建築」と続く。

国史跡指定「0哩標識」と車止め

発掘調査により位置の正確さが確認された国史跡指定「0哩標識」と車止め。 軌道部分も可能な限り正確に再現した

基礎石積の実物が視認できる見学窓

モダンな建物内部には基礎石積の実物が視認できる見学窓がある。史跡保護のため内部に強制換気システムを施した

蛇足ながら付言すれば、絵本「ちいさいおうち」は元の所有者が家を郊外に丸ごと移築するという結末だった。対して、停車場の建物は純然たる現代建築ながら、歴史の真実を将来へと受け継ぐため、その本来あるべき場所で新たなる生を授けられた。“復元”が目指した真の意味もそこにあるだろう。忙しく連続する「時間」を途中下車して、われわれも、しばし、その語る声に耳を傾けてみる必要がありそうだ。

新橋停車場復元駅舎全景

新橋停車場復元駅舎全景

旧新橋停車場地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
明治3年(1870)

・  7月 普仏戦争が起こる。
・11月 工部省鉄道掛が新橋―横浜間の軌条敷設に着手する。

明治4年(1871)

・4月  新橋停車場本屋が着工される(12月、乗降場着工)。
・7月  廃藩置県が実施される。

明治5年(1872)

・4月  新橋停車場本屋が落成する(6月、乗降場落成)。
・8月  学制が発布される。
・9月  新橋―横浜間の鉄道が正式開業する。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須