都市の記憶

~歴史を継承する建物~

「明治生命館」明治安田生命ビル街区再開発プロジェクト 前編

オフィスマーケットⅣ 2005年9月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

「明治生命館」はコリント式の柱やアカンサス模様の装飾が特徴的なビル。1930年の着工から3年半後にようやく竣工した。平成に入り、歴史的価値が高いことから「全館保存」が決定。所有者・設計者・施工者が共通で掲げた「残すための活用」とはどんなものか、詳細をお聞きした。


明治生命館

リヴィング・ジュエル――歴史的建造物動態保存の新たなる指標

東京・丸の内の日比谷通りと馬場先通りに面した明治生命館は、地上8階・地下2階の鉄骨鉄筋コンクリート造。力強いコリント式のオーダー、それにアカンサス模様の繊細な装飾が不思議な調和を示す花崗岩の外壁――わが国様式建築の最高傑作と呼ぶにふさわしいネオ・ルネサンス・スタイルの壮麗な建築である。
かつてこの地には赤煉瓦の三菱二号館(明治28年竣工)が建っていた。新ビルを建設するにあたって岡田信一郎の案を採用したコンペの主査は、建て替えによって失われる“二号館”の設計者ジョサイヤ・コンドルを師に持ち、事実上の実務を担当した曾禰達蔵自身だったという。「竹中工務店」の施工で足掛け4年に及ぶ工事が進んだが、そのさなかに岡田が急逝。弟の捷五郎が後を受け継いで兄の遺作を完成させた。建築作品としての完成度もさることながら、重なり合う新旧建物の記憶、日本の近代建築を担った建築家たちの“魂のリレー”の記憶が、明治生命館という建物に深い陰翳を付与している。
その後、数十年の星霜を経たが、戦後の一時期米極東空軍司令部の接収を受けた以外は一貫してオフィスビルとしての本分を貫いてきた。平成の時代に入り、「歴史的建築物の保存と活用という文化保護の新たな観点に立ち、それを自ら実践することで、丸の内一帯の風格ある景観を守り、街の新たな活性化へ向けて貢献」するとして、所有者の「明治生命」(当時/現「明治安田生命」)は全館保存の英断を下し、平成9年に明治生命館は近代の大規模オフィスビルとして初めて国の重要文化財指定を受けた。

重要文化財である明治生命館を全面保存したうえで、その隣接地に超高層建築の再開発を両立させるこのプロジェクトは、平成11年に創設された「重要文化財特別型特定街区制度」の適用を受け、街区全体で1500%という容積率を実現することとなった。昨年8月に完成している明治安田生命ビル(設計「三菱地所設計」、地上30階・地下4階・塔屋2階)と明治生命館は陽光を透かすガラスの屋根で一体化され、本館部分も外壁洗浄・東面外壁破損部分の復元・内部機能強化等の改修工事が間もなく完了する運びである。(街区名称:丸の内MY PLAZA)
高層ビルと様式建築の共存という手法には、様々な見解もあることだろう。しかし、明治以後の短い歴史を常に呼吸しつつ変貌してきた丸の内のオフィス街に、ヨーロッパの古都と同様の景観保全を望むことは難しい。あり得べき最善の選択として、今後の歴史的建造物動態保存の指標として、今回の街区再開発は評価に値する試みだと考える。
洗浄によって本来の輝きを取り戻した石の外壁。くっきりとした柱頭飾の意匠が目にまばゆい。その内部には、新築の高層部と遜色のない機能と居住性が盛り込まれたテナントスペースが、新たな入居者の訪れを静かに待っている。重要文化財としての保存部分(1階店頭営業室、2階廻廊など)も竣工当時の採光を復活させるなどして、その歴史的な価値を改めて一般来訪者に示すこととなるだろう。歴史的建造物を“活用”することで“保存”するというテーマに対する一つの答えを、ここに見出すことができる。

“リヴィング・ジュエル(生きた宝石)”という言葉をご存じだろうか。イギリスで竜舌蘭やアロエなど観賞用の多肉植物を指す美称である。生きて、呼吸する名建築――明治生命館の改修成った姿に、敬意を込めてこの言葉を捧げたい。

アカンサス葉模様の装飾(明治生命館)

洗浄によって本来の輝きを取り戻したアカンサス葉模様の装飾

明治生命館地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
昭和5年(1930)

・8月 明治生命館着工。

昭和6年(1931)

・9月 満州事変勃発。
     ・この年 ニューヨークにエンパイアステートビルが完成。

昭和7年(1932)

・4月 設計者・岡田信一郎没。

昭和8年(1933)

・1月 ドイツでヒトラー政権が誕生する。

昭和9年(1934)

・3月 明治生命館竣工。
     ・この年 アメリカで時速160kmのディーゼル機関車が初登場。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須