都市の記憶

~歴史を継承する建物~

「三菱一号館」復元プロジェクト 前編

オフィスマーケット 2004年10月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1894年に竣工した「三菱一号館」は、1968年の高度経済成長期に一度解体されている。歴史的建造物復元のためのプロジェクトが2006年にスタートし、2009年の竣工の計画が決まった。それは、再建という方法による復元。それによる都市景観の調和を損なわないように細部にまで気を配る工事となった。


昭和35年頃の三菱一号館全景

昭和35年頃の三菱一号館全景

“民の系譜”の記念碑――日本近代建築の父と「三菱一号館」

東京・丸の内。江戸城の外郭内に位置していたことに由来する地名であり、江戸時代には大藩の大名屋敷が立ち並ぶ文字通りの“大名小路”であった。その後、ここに日本初のオフィス街が形成され、現在も、わが国金融・経済の揺るぎない中心地としての地位を保っているのは人の知る通りだが、そこに至るまでの過程はいささか複雑だった。

「大名屋敷が取払われ、(中略)近衛の練兵場が設けられ、京に田舎の本文通り茫漠たる原野となって、日暮から通る者もない往古の武蔵野にかえった」――矢田挿雲『江戸から東京へ』

「いやに陰気で、さびしい、荒涼とした、むしろ衰退した気分が満ちわたっていて」――田山花袋『東京の三十年』

同時代の文人らの回想に拠るならば、明治20年(1887)頃の丸の内の姿は偽りなくこういうものであった。矢田は前掲の記述に続けて「明治二十三年、陸軍省でいよいよ持てあまして、渋沢、大倉、岩崎、三井等の富豪を招き、懇願的に払下げの相談に及んだところ、誰ひとり引受人がなく、結局岩崎が貧乏籤をひいたつもりで、十万七千三十坪弱を百三十万円弱、即ち坪十円強で払下げた」と記す。岩崎とは、当時の三菱財閥で創業者・岩崎弥太郎の後を継いでトップの座に就いていた弟・弥之助のことだ。丸の内引き受けを決意した弥之助だったが、当座の使途とてなく、「竹林にして虎でも飼うか」と側近に語ったというエピソードさえ伝わっている。だが――“竹林に虎”なる巷説とは裏腹に“三菱ヶ原”と呼ばれたその地には、ほどなく規模壮大にして端麗なる赤煉瓦建築が忽然と姿を現わして東京市民の耳目を大いに驚かせた。ここに、本格的オフィス街としての丸の内の歴史がスタートする。
日本初の本格オフィスビル/テナントビル「三菱一号館」の竣工は明治27年(1894)6月30日。地上三階・地下一階。軒高約15メートル、床面積約5000平方メートルの総赤煉瓦造。イギリス人建築家J・コンドルが設計し、その愛弟子・曾禰達蔵を現場主任とする三菱社内の「丸の内建築所」直営で施工された。
明治政府の招聘に応じて明治10年(1877)に来日したコンドルは、「工部大学校」(後に「帝国大学」)で、曾禰のほか、辰野金吾、片山東熊、佐立七次郎ら日本人建築家の第一世代を育て上げた、まさしくわが国近代建築の父ともいうべき存在である。「三菱一号館」以外に、「帝室博物館」、「鹿鳴館」、「ニコライ堂」などの作品が知られるが、主に設計の腕を振るったのは「有栖川宮邸」や「綱町三井倶楽部」などの邸宅建築・倶楽部建築であり、大規模な官公庁建築においては後進に活躍の舞台を譲って自らは淡然としていた印象がある。
そのコンドルがあえて渾身の力をこめて「三菱一号館」をデザインした背景には、丸の内に近接する霞ヶ関の地でほぼ同時期に進行していた「司法省庁舎」(現在は「中央合同庁舎第6号館赤れんが棟」として復元)及び政府の“官庁集中計画”があったものと想像できる。明治政府が要求する豪壮な官庁建築構想に批判的だったコンドルが、官を辞して個人の設計事務所を開いたのは三菱が丸の内の払い下げを受けた翌年のことだが、それ以前の明治19年(1886)に政府は「臨時建築局」を設けてドイツの高名な建築家エンデとベックマンに“官庁集中計画”の立案を委嘱している。
わが国の近代建築史に“お上の系譜”と“民の系譜”という画期的な視座を提示した故・村松貞次郎氏(東大教授)の指摘に拠るならば、それはイギリスの恩人コンドルに対する「まさに当てつけ」のような仕打ちであった。ドイツ・ネオバロックの壮大な官庁街計画を推進せんとする“お上”の思惑を横目に、コンドルは民間会社の建築顧問として丸の内の“原野”に自らの理想に基づくオフィス街を立ち上げるべく、その持てる全ての技術を注ぎ込んだ。

「三菱一号館」の外観は、尖塔式の屋根を連ねたヴィクトリアン・ゴシック――クイーン・アン・スタイルを基本とし、窓にはルネサンス様式を採り入れた“折衷様式”となっている。これは、新時代の様式建築が確立する以前のイギリスで建築を学んだコンドルにとって、最も自然な選択肢であった。入念に仕組まれた基礎上に建つイギリス積赤煉瓦建築。平面は「馬場先通り」と「大名小路」に面したL字型。急勾配の印象的な屋根は日本産の石板を使ったスレート葺、天井には全て木材を使用、また、外部の窓枠部分は安山岩、腰壁は四段積にした花崗岩とし、更に上下階を貫く間仕切壁と帯鉄で耐震性を強化してあった。
後に建つ弟子たちの作品と合わせ、やがては“一丁倫敦”と称されるまでに成長するオフィス街の“第一号”たるにふさわしい完成度を備えた建物である。同時に、それは村松氏の言う“お上の系譜”と拮抗しつつ挫折した木造擬洋風建築の流れを超克した上に立つ、新たな“民の系譜”の出発を記念する輝かしき建築作品であった。
しかし、まるでその登場の仕方と対応するかのように、震災も戦火もかいくぐってきた中で、昭和43年(1968)、高度成長の只中に「三菱一号館」は丸の内から忽然と姿を消すことになる――。

当社図(設計図南側立面図)

当社図(設計図南側立面図)

三菱一号館地図

三菱一号館地図

丸の内一丁倫敦(ロンドン)マップ

※クリックで拡大します

竣工前後 ―― 歴史と世相
明治10年(1877)

・1月 イギリス人建築家ジョサイア・コンドルが来日し「工部大学校」教授に就任する。

明治19年(1886)

・明治政府が「臨時建築局」を設立し、議院(国会議事堂)を中心とする大官公庁街の計画が、ドイツ人建築エンデとベックマンに委嘱される(同21年、旧司法省庁舎着工)。

明治21年(1888)

・この年「帝国大学」講師の職を辞したコンドルが民間向けの個人設計事務所を開設する。

明治23年(1890)

・3月 東京・丸の内の陸軍練兵場跡地が「三菱社」に払い下げられる。
・9月 曽禰達蔵が「三菱社」に建築士として入社する。
・11月 「帝国ホテル」が開業する。
・この年コンドルが「三菱社」の顧問に就任、「丸の内建設所」が設立される。

明治25年(1892)

・1月 「三菱一号館」着工。

明治27年(1894)

・6月 東京・丸の内に日本発の本格的オフィスビル「三菱一号館」が竣工する。
・8月 「日清戦争」が始まる(翌年4月終戦)。

明治28年(1895)

・12月 東京・霞ヶ関に旧司法省庁舎が竣工する。

旧三菱一号館 建物概要
工期

明治25年1月根伐り着手~明治27年6月30日竣工

規模

地下1階・地上3階

構造

煉瓦造

設計・施工

ジョイア・コンドル(設計)
曾禰達蔵(現場主任)/直営工事 

様式

イギリス―ビクトリア時代―クィーンアンスタイル

●社団法人 日本都市計画学会
●旧三菱一号館 復元検討委員会

委員長: 伊藤 滋(東京大学名誉教授)
         (早稲田大学特命教授)
         (慶応大学大学院客員教授)
副委員長:鈴木博之(東京大学大学院教授) 

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須