都市の記憶

~歴史を継承する建物~

「三井本館」日本橋室町街区再開発プロジェクト 前編

オフィスマーケットⅡ 2006年3月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

三井グループの前身である「越後屋」発祥の地に「三井本館」が建てられたのは1929年。デザイン、技術の両面で日本の建築界に貢献したといわれる。東京都が制定した新制度「重要文化財特別型特定街区制」を受けて始動したタワーオフィスとの融合は、苦労の連続だったという。


本館とタワー

本館とタワー

再生成った首都のシンボル――街区活性化に資する歴史的建造物

「越後屋に衣さく音や更衣」――其角――。松尾芭蕉を受け継ぐ江戸俳諧の主流“洒落風”の代表作の一つとされる句である。衣替えの季節を迎えた大都市の慌ただしくも活気あふれる情景を、日本橋「越後屋呉服店」から聞こえてくる鋏の音で巧みに表現し、一場の都会的な風趣を鋭利に切り取っている。一方、「越後屋が見えそうなものと富士でいい」という句もある。こちらは川柳だが、当時の日本橋界隈からは手に取れるかのように富士山が眺望できた。ならば、富士の頂上からも江戸随一の大店「越後屋」が見えそうなものだ……というのである。
さて「越後屋」すなわち三井グループ発祥の地に建つ「三井本館」――昭和4年(1929)竣工――は、アメリカン・ボザール・スタイルの新古典主義様式をとる本格的オフィスビルの名品である。地上7階・地下2階、建築面積4559平方メートル。同地には既に旧「本館」――明治35年(1902)竣工――が建っていたが、日本橋地区における関東大震災からの復興のシンボルとすべく、旧「本館」の被害の程度は、改修工事を行なえば継続使用も可能な状況であったにもかかわらず、敢えて建築計画が立案されたという。
「三井合名会社」が打ち出した「震災の二倍のものが来ても壊れないものを作るべし」という命題と、“壮麗、品位、簡素”というデザイン・ポリシーを同時に具現化するため、世界最高水準の技術を擁していた米国ニューヨークの会社に設計・施工を依頼した。当時の一般的なビルの坪当たり建築費と比較して、その10倍以上もの総費用をかけて完成した新「三井本館」は、わが国の建築史上極めて重要な位置を占める作品であると同時に、デザイン・施工技術の両面にわたって長く日本建築界に大きな影響を与え続けてきた。花崗岩(茨城県稲田産)仕上げの外壁を整然と飾るコリント式の大列柱、吹き抜けの大空間を構成する一階営業室内のドリス式円柱群、要所に施された優美な装飾、地下大金庫用に特注した重量50トンの円形扉(米「モスラー社」製)――そのどれにも、この建物が有する深い歴史的な意義がある。「文化庁」が「本館」の重要文化財指定を打診してきたのも当然の流れであったといえるだろう。
しかし、所有者である「三井不動産」がこれに慎重な態度をとったのは、日本橋街区全体活性化をテーマとする再開発計画の重要性を十分に認識していたが故である。不動産事業用の資産として考えるならば「本館」を解体して、新たにオフィスビルを建設することが望ましいのは言うまでもない。重要文化財指定を受け、「本館」を保存した上で、街区の活性化・事業性の確保を実現することは可能か……「三井不動産」は「日本設計」と共同のプロジェクトチームを立ち上げ、この問題に正面から取り組むこととなった。

その当時いくつかの事例が見られた“ファサード保存”等も次善の策として検討されたが、結果的に所有者は“全館保存”の英断を下し、その方針の下に行政側と多くの議論を積み重ねていった。その経緯については後段に譲るが、平成10年(1998)に「三井本館」は重要文化財に指定され、並行して東京都が創設した「重要文化財特別型特定街区制度」の第一号として日本橋室町地区は都市計画決定を受けた。
今、再開発計画の完了した同地区には「三井本館」・「三井二号館」、そして「本館」と調和するデザインのアトリウム空間を有する地上39階の「日本橋三井タワー」が建ち並び、江戸~東京のシンボル・日本橋の新たな賑わいを復活させる機運を醸成している。霊峰富士の姿は残念ながら失われたが、富士が日本橋に越してきたようだ――この景観を目の当たりにしたら、江戸の人々は必ずや口々に快哉を叫ぶであろう。

三井本館地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
大正12年(1923)

・9月 関東大震災。11月、三井本館の建設が企画される。

大正15年/昭和元年(1926)

・5月 三井本館着工。
     ・米クラーク大学で初の液体燃料ロケット実験に成功。

昭和2年(1927)

・米の飛行士リンドバーグが大西洋横断飛行に成功。
・上野―浅草間に日本最初の地下鉄が開業する。

昭和3年(1928)

・日本で普通選挙法による初の衆議院選挙が行われる。
・英の医学者フレミングがペニシリンを発見する。

昭和4年(1929)

・3月 三井本館竣工。

建物概要
  • 三井本館
設計・監理

トローブリッジ・アンド・リヴィングストン事務所

構造設計

ワイスコッフ・アンド・ピックアース社

施工

ジェームズ・スチュワート社

竣工

昭和4年(1929)3月

規 模

地上7階・地下2階

  • 日本橋三井タワー
デザインアーキテクト

シーザー ペリ アンド アソシエーツ ジャパン株式会社

設計・監理

株式会社日本設計

施工

鹿島・清水・三井住友・銭高・東レ・佐藤 共同事業体

竣工

平成17年(2005)7月

規模

地上39階・地下4階・塔屋1階

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須