都市の記憶

~歴史を継承する建物~

名古屋市公会堂 前編

オフィスマーケットⅢ 2007年6月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1930年、名古屋初の都市公園内に「名古屋市公会堂」が建設された。戦後は占領軍に接収されるなどの波乱の歴史を持っているが、重厚な造りは変わらずに残り、市民の文化の殿堂として親しまれている。当時流行したモダンなデザインや意匠など、細部にわたるこだわりが特徴的な名品といえるだろう。


名古屋市公会堂

市民に愛される文化の殿堂――昭和初期公会堂建築の名品

明治42(1909)年11月19日、愛知県愛知郡御器所村(現・名古屋市昭和区)に鶴舞公園が誕生した。公園はその翌年に予定されていた第10回関西府県連合共進会の会場となり、その後、林学博士・本多静六と工学士・鈴木禎次の全体計画により、近世フランス式の洋風庭園と伝統的な日本庭園(設計・村瀬玄中、松尾宗五)を複合した大規模な廻遊式公園が大正年間を通じて整備された。ちなみにJRの駅名は“つるまい”であるが、公園名は元の地名(水流間)通り“つるま”と読む。
その敷地内に、大正13年(1924)1月の摂政宮(昭和天皇)御成婚記念事業として計画されたのが名古屋市公会堂である。御成婚祝賀として建設された公会堂は、他に岩手県公会堂や鹿児島市公会堂(現・鹿児島市中央公民館)などがある。岩手・鹿児島共に昭和2年(1927)に竣工しているが、名古屋の公会堂は同年ようやく着工の運びとなり、3年半の工期を費やして昭和5年(1930)9月30日に完成した。完成までに時間がかかった理由は、着工時の金融恐慌から世界恐慌に至る長い不況による財源不足だったという。最終的な総工費としては当時の金額で約204万円が費やされた。
設計は名古屋市建築課が担当したが、顧問として武田五一、佐野利器、鈴木禎次らが関わったとの伝聞がある。施工は大林組など。延建築面積は1万1939平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造。地上4階地下1階。座席数2000の大ホールと同700の4階小ホールを有し、他に9室の集会室を備える。大阪の中之島公会堂(大正7年竣工)、東京の日比谷公会堂(昭和4年竣工)に続き、三都においてそれぞれ特色の有る大規模な公会堂建築の揃い踏みが実現した。
建物の1階部分を白っぽい龍山石と人造擬石ブロック張りとし、2階以上の外壁を焦茶色のスクラッチタイル仕上げとする落ち着いた外観。直線を基調とした左右対称の平面計画であるが、車寄せと階段室を前面に大きく張り出した姿は単調に陥らない重厚さを付加している。一方、丸味を持たせたコーナーや玄関両脇でアーチ型の突起を持つ独特の塔屋、それに合わせて最上部をアーチ型に丸めた窓部からは柔和な印象を受ける。

塔の上部には公園名を象徴する鶴の羽根の意匠が浮彫にされ、全体を引き締める軒周りなど水平のデザイン要素も過不足なく仕上がっている。ファサードの出入口はどっしりとした三連アーチで形成され、ロビー部分は3階までの開放的な吹抜け空間となっている。
竣工以来、市民の文化の殿堂として長く親しまれたが、第二次世界大戦中は高射第二師団の司令部として使用され、戦災は免れたものの、戦後は進駐軍に接収された。米空軍の専用施設としての10年を経て、名古屋市に返還された昭和31年から内部施設の整備拡充が行なわれ、再び市民の利用に供する公会堂として復活した。

さらに、老朽化に伴い、市制90周年記念事業として昭和55年に建物の保全と機能向上を図る大改修が実施された。3階席まである大ホールには最新の舞台・音響設備が整えられ、日々多彩なイベントに利用されている(現在の席数は1986席)。平成元年(1989)、市の条例に基づき、都市景観重要建築物第1号に指定された。ネオ・ルネサンスの大阪、ネオ・ゴシックの東京と比して、この名古屋市公会堂は最もモダンな要素を体現した昭和初期建築の代表的な名品と位置づけることができる。

名古屋市公会堂

名古屋市公会堂地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
明治42年(1909)

・11月.愛知県御器所村(現・名古屋市昭和区)に鶴舞公園が開園。

大正13年(1924)

・摂政宮(昭和天皇)御成婚記念事業として名古屋市公会堂を計画。
・関東大震災後の住宅難解決のため同潤会が設立される。

昭和2年(1927)

・4月.名古屋市公会堂を起工。
・12月.日本初の地下鉄が東京の上野―浅草間で開業。
・金融恐慌

昭和5年(1930)

・9月.名古屋市公会堂竣工(10月開館)。
・10月.東京―神戸間を8時間55分で結ぶ特急「燕」号の運転開始。
・世界恐慌が日本に波及(昭和恐慌)

文:歴史作家 吉田茂
写真:建築写真家 増田彰久

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須