都市の記憶

~歴史を継承する建物~

パレスサイド・ビルディング 前編

オフィスマーケットⅢ 2005年6月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

皇居近くに建設された「パレスサイド・ビルディング」は、2棟の直方体ビルと2棟の円筒状ビルが連結する珍しい構造になっている。1966年に竣工し、外観の強烈なインパクトと新しい人の流れを生み出した。機能面やテナント満足度で高評価を保つ秘密を探ってみる。


パレスサイド・ビルディング

御濠端のマザーシップ――高度成長期を象徴した近代主義建築の名品

パレスサイド・ビルディングは、その名の通り、皇居の濠に面して建つ大型オフィスビルである。東西の全長約200メートルという巨躯を誇る長方形のビル2棟が、雁行するようにスライドして並び、両端を締める高さ50メートルの白い円筒コアが、これもまた2本東西にそびえる。

地下6階・地上9階。塔屋3階。敷地面積1万1275平方メートル。建設面積8596平方メートル。延床面積11万9625平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造。二つの棟と二つのコアはそれぞれ分離された構造で、大規模な地震に際しては各々が独立した動きをして互いに影響しない耐震設計となっている。設計は「日建設計」(竣工当時は「日建設計工務」)の林昌二氏。施工は「大林組」と「竹中工務店」が共同で担当した。
コア部分には、エレベーター、トイレ、階段等の共用スペースが組み込まれている。これらは一般的にビルの中心に配置されるケースが多いが、三角形の変形敷地だった事情もあり、この建物では独立したコアが二つ存在することとなった。しかし、むしろこの設計者の発想は、ビルの外観に鮮烈なインパクトを付与したのみならず、新しい人の流れを創り出すことで、オフィスビルとしての機能面においても多くの利点をもたらすこととなった。
現在「毎日新聞社」本社を始めとする多数のテナントが入居する本館部分外観は、建設当時は革命的といわれた15ミリ厚・3.2×2.4メートルの全面ガラス・カーテンウォール。これに日除けのルーバー、窓の高さに同期して漏斗形の接続部を備える雨樋といった実用的要素が優れて意匠的に作用し、独創的な美しい景観を作り出している。
白亜のコアと本館部分のコントラストと併せ、武骨にして優雅、合理的にして感性に訴えかける表現――こうしたアンビヴァレントな魅力が、この建物のいたる所に息づいている。
東西両端4ヶ所のシャフトは茶褐色の煉瓦で積まれている。ここに使用された総数60万個の煉瓦はこの建築のために新規開発されたもので、当時の三木武夫通産相直々に「P・S(パレスサイド)特殊煉瓦」と命名された由来を持つ。また、ビル屋上の何か所かにはアルミブロンズの鳩たち(一色邦彦・作)が羽を休めている。かつて新聞社が緊急の原稿を運ぶ手段としていた伝書鳩を、平和のシンボルとしての意味も込めて配したのだ。

全面ガラス・カーテンウォール

全面ガラス・カーテンウォールと、各階水平方向に日差しを遮るサンコントロール・ルーバー

アルミブロンズの鳩

ビル開館当時から屋上に置かれたアルミブロンズの鳩

また、内部のショッピングモールは、地上1階の中央廊下と地下1階コンコースの吹き抜けを結ぶ階段は“夢の階段”の名で呼ばれる独創的なデザインの構造物である。構造部材をなるべく見せないで、階段が雲に浮かんでいるイメージを描いたものという。ネット状に組んだステンレス線の交点にアルミ鋳物の段板を止めて吊る方法で、開館当時、ヨーロッパの建築誌でも紹介されて世界的な注目を集めた。これらのエピソードの一つ一つが、敗戦を経て再出発した日本を象徴する建物であったこの建築の意義を物語っている。
平成11年(1999)8月、パレスサイド・ビルディングは、戦後のオフィスビルとして唯一「モダニズム建築20選」に選出された。近代建築の歴史的価値の保存・継承のため「日本建築学会」が組織する国際的NGO「ドコモモ」――本部・オランダ――が選定したもので、理由として「日本の近代建築を象徴しうるものである」「装飾で建物を美しく飾るのではなく、線や平面、円筒などの組み合わせによって美しいビルができる」点が挙げられた。
さて、皇居の濠端という立地に地下6階(大規模な印刷所と駐車場を入れる必要があった)まで掘り下げたビルは、例えて言えば、大海に浮かぶ船のような状態なのだという。その甲板上に巨大な地上部分が載っているわけだが、周到な構造設計とデザインの妙、開放感のある居住性は、逆に母なる船に抱かれていることの安心感を呼び覚ましてくれる。大航海時代の冒険者たちが、それぞれの船を信頼し命の拠り処としたように、“御濠端のマザーシップ”はまさしく戦後日本の成長をシンボライズする存在だった。築後40年に達しようとする現在も、1日あたり6000人の在館者と2万人を超える来訪者を迎える。今後、21世紀の大海原を舞台に、パレスサイド・ビルディングの航海はいっそうの長きに渡ることだろう。 

夢の階段

1階の中央廊下と地下1階コンコースの吹き抜け空間を結んだ「夢の階段」。空中に浮かんだように見える

パレスサイド・ビルディング地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
昭和39年(1964)

・7月 パレスサイド・ビルディング着工。
・10月 東海道新幹線開業。東京オリンピック開催。

昭和41年(1966)

・3月 地下鉄・東西線の竹橋―中野間開通。
 (翌月、竹橋―荻窪間が直通運転となる)
・10月 1日、パレスサイド・ビルディング開館。
 (同日、東西線が大手町まで延長される)
・この年 ビートルズ来日。

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須