都市の記憶

~歴史を継承する建物~

都市の記憶Ⅱ「日本の駅舎とクラシックホテル」発行にあたって 前編

オフィスマーケットⅡ 2005年3月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

『オフィスマーケット』誌の連載「都市の記憶」シリーズの第2弾として「日本の駅舎とクラシックホテル」が刊行される。従来は鉄道ジャンルに含まれていた「駅舎」を独立した「近代建造物」として考え、地方都市との関係、外国人観光客のライフスタイルに対応した施設のあり方など、当時の時代背景を踏まえて解説をした書籍の紹介。


門司港駅

門司港駅 大正三年竣工(北九州市)

ホテルニューグランド

ホテルニューグランド 昭和二年竣工(横浜市)

都市の記憶Ⅱ「日本の駅舎とクラシックホテル」発行にあたって

『オフィスマーケット』誌の一企画として2000年3月号より連載を開始した「都市の記憶」シリーズも、幸いに読者の好評に支えられて6年目を迎えることができた。その間、第1回の「明治生命館」(東京都千代田区/重要文化財)から第25回の「三菱一号館復元プロジェクト」まで、主として“現役のオフィスビル”として今も活躍する近代建築を取り上げてきたわけであるが、それは本シリーズのスタートにあたって、私たちが念頭に置いた「場所と人の営みとの関わりそのもの」としての建築を重視したからにほかならない。
明治から戦後復興期までに建てられた、いわゆる近代建築を“保存”しようという動き自体はこれまでにも存在した。大正12年に首都圏を襲った関東大震災や第二次大戦時の空襲といった「強烈な破壊」、戦後高度成長期以降のスクラップ&ビルド思想による「静かなる破壊」――それらを辛うじて生き延びた歴史的な建築を“保存”する道を独自に模索した所有者・自治体は決して少なくなかった。とはいえ、法的規制や不動産の権利関係等の問題を抜きにしては、保存も活用も具体的解決策を見出すことはできない。阪神・淡路大震災後に、歴史的建造物の修理費補助や税制面での所有者優遇措置を講じる登録文化財制度が発足したが、なお十分とは言いがたいのが現状だろう。近代建築の数々が受容してきた“時代の記憶”、常に人と共に在った建築作品に刻み込まれてきた“都市の記憶”――それらが失われつつあることの危機を、誌面を通してささやかながらも読者に伝えていこうという思いが、私たちの試みの原点だった。
しかしながら、貴重な名品が次々に失われたバブル期の反省に立ち、歴史的建造物に向けられる市民の意識はしだいに変わってきた。そうした変化の中、私たちは同じ思いを持つ方々の協力を得て一冊の本を出版することができた。2002年4月に上梓された『都市の記憶 美しいまちへ』(「白揚社」刊/好評発売中)がそれである。建築史家として歴史的建造物の保存・活用に多数関わってこられた東京大学教授・鈴木博之氏。失われゆく西洋館・近代建築の撮影をライフワークとする写真家・増田彰久氏。不動産法に明るく建造物の保存・活用、都市景観等の分野に独自の視点を有する弁護士・小澤英明氏。三氏とオフィスビル総合研究所の共著というかたちで世に出た同書は、書き下ろし巻頭論文、近代建築として特に価値の高いオフィスビル42棟の美しいカラー写真、法制度への提言、歴史的建造物およそ1200棟の現存確認リストを収録する充実した内容となった。新しい時代を迎え、真に美しいまちづくりをどのように実現していくべきか、そのために歴史・現状を踏まえた上で考えねばならぬことは何か――こうした大きなテーマに対し、私たちは、同書を通じて一つの方向性を提示することができたものと自負している。

さて、その一方で本誌の連載企画も継続されてきたわけであるが、回を重ねるに連れ、採り上げる対象がオフィス用途にとどまらない広がりを見せるようになってきた。単行本収録の建物との重複を避けたこと以外に、最近になって大規模な駅舎復元プロジェクトが実施・計画されたことが直接の理由である。わが国鉄道発祥の地に竣工時の外観を復活させた「旧新橋停車場」、2010年度完成予定の「東京駅復元プロジェクト」。一連の取材は、かつて正しく都市の“顔”であり、数多くの記憶を人々と共有してきた“駅舎”という建築の重要性を私たちに再認識させてくれた。日本の近代化を支えた鉄道と駅舎。これらもまた、失ってはならない記憶をとどめる豊饒な鉱脈であるに違いない。
2005年春、オフィスビル総合研究所は『都市の記憶Ⅱ 日本の駅舎とクラシックホテル』を刊行する。本書では、駅の出現・発展と切り離せない存在であるクラシックホテル建築と合わせ、従来は鉄道というジャンルの“部分”として埋没しがちだった駅舎を、都市の記憶を語る独立した一個の近代建築として捉え直すことをテーマとしている。
駅舎・ホテルの建築には、あえて“洋風”を排した個性的な“和風近代建築”の事例等も多く見られて興味深い。また、鉄道の開通と発展により、都市と都市、都市と郊外が結ばれることで生まれた文化とロマンの軌跡をたどることは、明治初期・中期から昭和前期にかけての日本近代建築史――そのもう一つの側面にスポットを当てることにもなるだろう。
撮り下ろしを含む増田彰久氏撮影の全54棟をオールカラーで紹介。併せて、共に本書のために書き下ろしていただいた鈴木博之氏の巻頭論文、小澤英明氏のフィクション「アグリアスホテルの顛末」を収録する。ちなみに、この架空のホテル名は“地球上で最も美しい生物”とさえいわれる稀少な蝶の名とアナロジーを成している。また、駅舎・ホテル建築の最新版現存調査リストも掲載し、前回同様、資料性にも十分に留意した。

(写真:増田彰久 文:吉田 茂)

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須