都市の記憶

~歴史を継承する建物~

帝国ホテル本館 前編

オフィスマーケットⅢ 2009年6月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1923年の開業当日に関東大震災に遭った「帝国ホテル本館」。 軽微な損害で済んだことで強靱な構造を世に知らしめる結果となった逸話を持つ。1970年の改築で現在の姿となり、別館・東館とともに匠の技と現代の先端技術が融合した施設となった。改装時の工夫と美しい内装を紹介しよう。


帝国ホテル本館

三代にわたる歴史――首都の“迎賓館”に受け継がれる伝統

日本初の本格的洋式ホテル「帝国ホテル」の誕生は、明治23(1890)年11月3日まで時を遡る。建設の発案者は当時の外相だった井上馨。西洋諸国に対して遜色のない賓客応接の施設を建設すべく、渋沢栄一、大倉喜八郎らの財界人に協力を呼び掛け、宮内省の出資も得て明治20年に「有限責任帝国ホテル会社」が設立された。
鹿鳴館に隣接する地に竣工した初代建物は、ネオ・ルネサンス様式の木骨煉瓦造で3階建(客室数60、内スイート10室)。位置的には現在の「帝国ホテルタワー」が建つ場所に当たり、皇居外堀の水面にその壮麗な姿を映していたという。設計は、我が国建築界の“父”ジョサイア・コンドルの愛弟子であり、ドイツに留学して当時海軍省にいた渡辺譲。軟弱な地盤に留意し、建物の外壁煉瓦に石造に似せた漆喰を塗り固めるという工夫を施した。
その後、二十数年を経て、本館の老朽化と利用者の増加により新築された新館が、フランク・ロイド・ライト設計の名高い“ライト館”である。着工は大正8(1919)年、竣工は同12年。なお、旧本館はライト館の竣工を待たずに火災で焼失している、鉄筋コンクリート及び煉瓦コンクリート複合構造の地上5階地下1階建、客室数は一挙に270室へと増加した。ライト館は、大谷石やスクラッチタイル、テラコッタ等、さまざまな素材を生かした独特の美を身にまとい、建築史的に見ても非常に重要な建物であった。また、開業当日に起こった関東大震災に際しても、軽微な損害で済んだ強靭さを誇ったことでも知られる。
その後、昭和の半ばに建設された東館・別館と共に、40年の長きにわたって首都の“迎賓館”であり続けたライト館であるが、老朽化とホテル空間に対する時代の要請が変化したこともあって、昭和40年代に建替えが決定された。しかし、その建築的価値を惜しむ声が当時から強く、エントランス部分を明治村に移築・復元するという異例の措置が採られ、現在も往時の偉容を偲ぶことができる。
現在の本館は、大阪万博が開催された昭和45(1970)年の竣工、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上17階地下3階の規模で客室は644を数える。設計は、聖徳記念絵画館や学士会館などで知られる高橋貞太郎。東館・別館も手掛けた高橋が最晩年に精魂を傾けた傑作である(付記:奇しくも高橋の中期の作品である日本橋高島屋が、今年、百貨店建築として初の重要文化財指定を受けた)。また、構造設計には霞が関ビルも手掛けた鹿島建設副社長の武藤清が当たり、柔構造高層建築の先駆けともなった。
“人類の進歩と調和”をテーマに掲げた万博の理念を建物に具現化するという構想のもと、高層部のアルミカーテンウォール構造は“進歩”、十字形の特徴的な外観は周辺建築物と違和感のない“調和”を表現したものだという。もちろん、耐震対策も周到に行なわれ、特殊配筋によるスリット壁や、箱形鉄骨柱、現場でのエレクトロスラブ溶接法といった新技術が惜しみなく注ぎ込まれた。この結果、マグニチュード8超の大地震にも耐え得る画期的な建築が実現したのである。電力系統や空調、給排水システムも当時の最新鋭技術によって整備された。
この本館と、昭和58(1983)年に東館・別館跡地に竣工した高層複合ビル“インペリアルタワー”(地上31階地下4階、現・帝国ホテルタワー)を合わせて、現在の「帝国ホテル」は成り立っている。タワーは361の客室とオフィススペース、ブランドショップ&レストラン街を一体として機能する極めて先進的な空間である。

明治23年の開業当時の帝国ホテル全景

明治23年の開業当時の帝国ホテル全景。

昭和30年ごろのライト館全景

昭和30年ごろのライト館全景。

開業間もない頃の談話室

開業間もない頃の談話室。

ライト館正面

ライト館正面。この部分は現在、明治村(愛知県犬山市)に移築保存されている。

帝国ホテル本館地図

 
 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須