都市の記憶

~歴史を継承する建物~

和光ビル(旧服部時計店本社ビル) 前編

オフィスマーケット 2001年9月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

服部時計店の創業者が初代の時計塔を建てたのは1894年。大正期に建て替えが計画されたが、関東大震災で計画が延期、それが鉄骨鉄筋コンクリートや強靱な御影石を採用するきっかけとなった。歴代の改修では外観と構造のバランスに苦労したという。改築のポイントを伺った。


和光ビル

“場”に導かれた女神――象徴としての街、象徴としての建築

明治28年1月、服部時計店はこの時計塔を新店舗とし営業を開始した

明治28年1月、服部時計店はこの時計塔を新店舗とし営業を開始した

東京都中央区銀座。この街の起源と歴史についてはここで語るまでもないだろう。ただ、東京に「文明開化の音」が高らかに鳴り響き始めたまさにその時、明治5年2月26日(西暦1872年4月3日)の大火で現在の銀座一帯が焼け野原となった事実だけは記しておこう。これを機に銀座は新たに区画整理され、災害に強い煉瓦造りの建物が軒を列ねる「帝都」の象徴として再出発することになった。輸入時計・宝飾品等を扱う服部時計店(現・セイコー株式会社)の創業者・服部金太郎が、その銀座四丁目の交差点に位置していた朝野新聞社の建物を買い取り、初代の「時計塔」として増改築したのは明治27年のことである。
やがて大正期の好況と建築の技術革新を背景に時計塔の建て替えが計画されたが、旧建物を解体して基礎工事にかかった直後、未曽有の大震災が東京周辺を襲う。建物にも「運」があるとすれば、誕生以前からこの建物は恐るべき強運の持ち主だったということだったのかもしれない。数年を経て工事が再開された際、構造は鉄骨鉄筋コンクリート、外壁は設計段階で予定されていたテラコッタからより強靭な天然の御影石へと変更された。落成後十数年を経て再び銀座の地が空襲で焦土と化したことを思えば、工事延期がこの建物の運命にもたらした意味は余りにも大きい。戦後の進駐軍による接収(P.X.=兵士対象の日用品・飲食物等の売店として使用)の時期が過ぎ、この建物は、服部時計店の小売部が独立した「和光」の店舗・社屋として再スタートし現在に至るが、外観はもちろん建物の主要部がほぼ創建当時のまま残る稀有な事例となった。 
設計にあたったのは、旧日劇・第一生命ビルなどの建築作品で知られる渡辺仁のチーム、施工は清水組(現・清水建設)。「日本一の目抜き通り」に構える建物の様式がネオ・ルネサンスと決定されたのは、当時の服部時計店図案部長・八木豊次郎らの提案であるという。一つの建物が誕生する際には、必ずそこに発案者がいて、設計者がいる。それはそうなのだが、この建物の場合、様式・素材・用途――それらすべてが「銀座」という「場」の要請に従って(偶然ではなく)必然的に導かれたものであると感じられてならない。
時計塔のデザインを担当した渡辺光雄(渡辺仁建築工務店・設計者)は「時計塔という優れたモダンな要素を、外観の様式と調和させるため非常に苦心した」と後に自著で回想している。この一事に象徴されるように、この場所に建つこの建物は「銀座」という街そのものを体現する存在なのだ。伝統と進歩、蓄積と消費……さまざまな対立項を包含する街の中心としてこれほどまでにふさわしい建物が、建築家一個人の発想のみから立ち現われることはおそらくなかったろう。そこには必ず「場」の力が働いたはずだ。戦前戦後を通じて、首都・東京が政治・経済の中枢とは別に「銀座」なる象徴を必要としたように、この街もまた揺るぎない象徴を必要とした。ある時は焼け野原に唯一残った「希望」の象徴、またある時は最先端のモードを映し出す「繁栄」の象徴、そしてまたある時は変化する都市の中にあって市民に安らぎを与える「懐かしさ」の象徴としての建物を―。
銀座地区の容積率アップ(1998年に決定/最高1100%)に基づいて作成された近未来イメージの鳥瞰図(東京都中央区都心高度商業地区再生構築委員会作成)からは、林立する高層店舗群の中に埋もれた「象徴」を探し出すのは難しい。しかし同時に、こんなふうに想像することはたやすい。われわれが自分の足で「四丁目交差点」に立つならば、この建物とともにいつまでも変わらない「銀座」が迎えてくれるはずだと。

銀座・和光時計塔 略年表

銀座・和光時計塔 略年表

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須