都市の記憶

~歴史を継承する建物~

横浜市開港記念会館(旧開港記念横浜会館) 前編

オフィスマーケットⅡ 2007年3月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

江戸末期から貿易港として重要拠点となった横浜。1918年の開港50周年に合わせて建設されたのが旧「開港記念横浜会館」だった。関東大震災では内部が全焼、屋根焼失という被害を出したが、復旧工事で姿を取り戻した。近年実施された復元・改修工事を振り返りながら、関係者に話を聞く。


横浜市開港記念会館全景

ジャックの愛称で呼ばれる横浜市開港記念会館全景

“ジャック”の肖像――港町の発展を見つめ続けた赤煉瓦建築

安政5年(1858)、日本と欧米5ヶ国との間に修交通商条約が締結されると、開港場の一つとなった横浜は貿易港としてにわかに活況を呈することとなった。現在の神奈川県庁本館の地に運上所(税関)が建設され、その斜向かいには当時の福井藩が生糸販売等のために出店した「石川屋」(店主は岡倉天心の父)という店舗があったが、明治7年(1874)、その跡地に県令・陸奥宗光の提案による“町会所”が建てられた。“町会所”と言っても江戸時代のそれとは様相を異にし、木骨石造2階建の建物は開化の象徴たる3層の時計塔を備え、欧米のタウン・ホールの機能を持った多目的建築であった。設計は、築地ホテル館や新橋・横浜の両駅舎なども手がけたR・P・ブリジェンス。施工は清水喜助(二代)率いる清水組(現・清水建設)が担当した。後に“横浜会館”と名付けられた町会所では、横浜商法会議所(現・商工会議所)の発会式、第1回衆議院議員選挙が行なわれ、仮県庁として使用されるなど盛んに活用されたが、明治初年の建築だけに老朽化が目立ち、明治39年12月、とうとう近隣からの失火で焼失する運命をたどる。
明治42年、同じ地に“横浜開港50周年記念事業”として新たな公会堂施設を建設しようとの動きが本格化し、大正2年(1913)になって設計案のコンペが実施された。1席を射止めたのは俊英の東京市技師・福田重義。市民に愛された旧町会所の時計台イメージを継承した原案を、横浜市技師の山田七五郎、矢代貞助、佐藤四郎といった錚々たる技術陣がさらに洗練させ、建物は大正6年(1917)6月に竣工、翌7月1日の開港記念日に合わせて“開港記念横浜会館”として華やかにオープンした。基礎工事を除く地上部の施工に当たったのは、町会所と同じ清水組である。鉄骨煉瓦造、地上2階地下1階。赤煉瓦の外観には随所に花崗岩が用いられて、建築様式としてはいわゆる“辰野式フリー・クラシック”の系統に分類される。しかし、地上高約35メートルの時計塔、スレート屋根に複数の大小ドームを配した構成は、多彩なスカイラインを形成しつつ、絶妙のバランスを保持していた。明治期煉瓦建築から抜け出した伸びやかさを感じさせ、日本における様式建築の到達点を見事に示すものであったといえる。
内部の目玉は何といっても開館時1200名の収容が可能だったホール部分で、ここのステージではパブロバ姉妹によるバレエ公演、ジンバリスト、ミッシャ・エルマンらのヴァイオリン演奏、ゴブドスキーのピアノ演奏などを始め、日本が生んだ世界的オペラ歌手・三浦環、藤原義江らの熱唱も聴かれた。 

講演会、催事も連日の盛況で、まさに会館は“国際都市・ヨコハマ”の文化拠点として大きな役割を果たす存在であった。
だが、開館わずか6年の大正12年9月1日、関東大震災により横浜は壊滅的な打撃を受ける。“開港記念横浜会館”も倒壊は免れたものの内部は全焼、美しかった屋根も焼失して飴のように歪んだ鉄骨が剥き出しになる惨状を呈した。市が港湾や鉄道、橋梁、産業施設等の復興を優先させたため、会館は大正15年まで“残骸”のまま放置され、昭和2年(1927)6月の復旧工事完了後もドームを失ったままの姿となり、外・内装とも創建時より簡素化されて長い昭和の時代を歩むこととなる。

とはいえ、市民がこの建物に注ぐ愛情はいささかも薄れることはなかった。初のトーキー映画上映などが話題となる中、誰がつけたか、会館の時計塔はいつのまにか“ジャック”の愛称で呼ばれるようになり、神奈川県庁本館の“キング”(昭和3年竣工)、横浜税関の“クイーン”(昭和9年竣工)と並ぶ、横浜のシンボルとして親しまれてきた。スマートできりりとした建物のシルエットに“ジャック”の名はまこと相応しい。なお、『霧笛と共に 横浜市開港記念会館史』は、これらの愛称が日米開戦以前の昭和10年代から使われていたことを証言している。

横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館地図

竣工前後 ―― 歴史と世相
明治39年(1906)

・12月、横浜会館(旧町会所)が近隣の失火により消失する。

大正2年(1913)

・開港記念50周年記念事業として設計案募集。

大正3年(1914)

・7月、第一次世界大戦が勃発する(~6年11月)。
・9月、開港記念会館、着工。

大正6年(1918)

・6月、開港記念横浜会館、竣工。(7月開館)。

大正12年(1923)

・9月、関東大震災により被災(屋根、ドーム、内部を焼失)。

昭和2年(1927)

・6月、復旧工事完了、再開。
・金融恐慌~世界恐慌

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須