先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社イーブックイニシアティブジャパン 前編

2019年7月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

マンガというコンテンツを随所に散りばめた自社のイメージにふさわしいオフィスを構築した

コンテンツの電子化および配信サービスの運営で2000年5月に設立した株式会社イーブックイニシアティブジャパン。以後、2016年にヤフー株式会社と資本業務提携を締結。新たな電子書籍サービスの提供などで、着々と事業を拡大していく。事業規模の拡大に伴ってオフィス移転を行ってきたが、フロアの拡張に反して社員同士のコミュニケーションは薄れていく。そんな課題を解消すべく2019年2月に大規模な本社移転を行った。新たに構築されたオフィスは電子書店らしい数多くのアイデアが散りばめられているという。今回はそんなオフィスの全容についてお話を伺った。

高橋 将峰 氏

株式会社イーブックイニシアティブジャパン
代表取締役社長
社長執行役員CEO

高橋 将峰 氏

辻 靖 氏

株式会社イーブックイニシアティブジャパン
取締役
執行役員COO

辻 靖 氏

 

フリースペース全景

フリースペース全景

Contents

  1. 「SAVE TREES!」を創業の志として電子書籍配信サービスの会社を設立した
  2. 旧オフィスのさまざまな課題を解決するために移転を決意した
  3. プロジェクトチームを立ち上げて新オフィスのデザインの要望を出す
  4. 主力事業であるマンガをイメージさせたアイデア満載の新オフィス
  5. フリーアドレスを導入してから各自が考えて仕事をするようになった

「SAVE TREES!」を創業の志として電子書籍配信サービスの会社を設立した

大量の紙資源を消費する日本は、世界で有数の木材輸入量の多い国といわれている。しかし日本の文化の一つである読書を無くすわけにもいかない。そんな思いもあり、株式会社イーブックイニシアティブジャパンは、創業時から「SAVE TREES!」を訴えて紙を使わない電子書籍での読書を提案してきた。

設立後、講談社、小学館などの大手出版社とライセンス契約を締結し電子書籍の配信を開始。現在は「日本の豊かな出版文化で世界中を幸せにする」をミッションとし、国内最大級の電子書籍販売サービス「ebookjapan」と紙書籍オンライン販売サービス「bookfan」の2つのサービスを運営している。

サービスを始めた当時はブロードバンドの黎明期であり、電子書籍1冊をダウンロードするのに一晩の時間を要する時代だった。10年くらいは苦しい時代が続いたという。その苦しい時代を支えてくれたのは現日本漫画家協会会長でもあるちばてつや先生や松本零士先生、手塚プロダクションの方々だった。そうした方たちの協力もあり、作家が持っていた電子化に対するイメージも改善。それ以降iPhone、iPadの普及に伴い電子書籍は急速に世の中に広まった。

「昨今は電子書籍ビジネスも乱立しています。他社との差別化を図るにあたり、2016年、ヤフー株式会社と資本業務契約を締結しました。今後はマーケティング力の拡張やユーザーデータベースの共有といったメリットを生かしてさらなる顧客へのサービスを向上させていきます。そうして中期ビジョンを『電子コミック取扱高ナンバーワンを目指す』と掲げました」(高橋将峰氏)

「ヤフー社との提携を生かして新規の顧客獲得も視野に入れています。例えばヤフーショッピングでオートバイのヘルメットを購入した方にモータースポーツ関連のマンガや雑誌を提案する。そんな個々のユーザーさんへのレコメンドサービスも今後検討していきたいと思っています」(辻靖氏)

旧オフィスのさまざまな課題を解決するために移転を決意した

水道橋にあったオフィスを事業規模の拡大に伴って御茶ノ水へ、そして現在の半蔵門へと移転した。御茶ノ水の旧オフィスにはいくつかの課題があったという。

「最終的にはオフィスビルの2階、4階、7階と多層フロアに入居していました。そのためメンバー間のコミュニケーションがとりにくい環境で。本当は、ヤフー社からの出向社員と当社のプロパー社員が密に連携しなくてはいけないのですが、フロアが分かれることでだんだんコミュニケーションも遠ざかってしまって。さすがに業務提携をして2年経っても会話が進まない状態はまずいと。大きな課題として受け止めていました」(高橋氏)

「本来はエンジニアとマーケティングのような他部署同士が気軽にディスカッションをしている姿が望ましいのですが、どうしても部署中心の打ち合わせが多くなっている。ですからできるだけ会議室を予約することなくその場で解決できるスタイルに変えたかったのです。そのほか食事をとる場所が確保されていない、トイレの個数が少ないなどの細かい要望も。まさに人が増えたことによる弊害がありました」(辻氏)

業務上、ヤフー本社のある紀尾井町と御茶ノ水を何度も行き来する社員も多く、無駄な移動時間が生じていた。こうしてさまざまな課題が浮上してくる中、2018年6月、ついに高橋氏は取締役就任当初から考えていたオフィス移転を決意する。紀尾井町の近辺で600坪を確保できるオフィスビルを探し始めた。

プロジェクトチームを立ち上げて新オフィスのデザインの要望を出す

オフィスの契約更新のタイミング、決算時期などを考慮し、9月までに移転先を決めて2月に引っ越しを完了させるというスケジュールを組んだ。いくつかのオフィスビルを内見し比較していく。そうして半蔵門にほぼ条件通りのオフィスビルを見つける。1フロア400坪の新築の大規模オフィスビル。当初希望していた1フロアではなかったが2フロア合計で655坪の面積を確保した。周辺の景観もよく、自然が豊かなエリアである。

「移動効率の良さを最重視しました。取引先である出版社が集中している神保町とヤフー本社のある紀尾井町のほぼ真ん中に位置しています」(高橋氏)

「本当は1フロアで完結させたかったですね。しかし連続階ですしコミュニケーションエリアと分かれていたほうがオンとオフが切り替えられるので結果的にはよかったのかもしれません」(辻氏)

社内でコーポレート部門を中心に少数精鋭の移転プロジェクトチームを立ち上げる。社員の要望を聞きながら大まかなレイアウトの要望をオフィスデザイン会社に出していく。

「当社から必須のオーダーとして提出したのはフリーアドレスとクイックにミーティングができるスポットを散りばめることでした。いたるところにミーティングスポットをつくりましたね。部署の垣根を超えて気づいたことをその場で議論できる。そんな効果に期待しています。エンターテインメントを扱っている会社ですので、閉じこもって仕事をするよりはそういった和気あいあいとしたオープン形式のほうがいいかなと思っています」(高橋氏)

新オフィスで初めて採用したフリーアドレス。デスクの配置にもこだわりを見せた。

「社員の動線を意識してジグザグに配置しました。それだけでも雰囲気は大きく変わりますね。今までのオフィスとイメージを変えるためにオフィス内の色調もできるだけポップに整えました」(辻氏)

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。

オフィスコラム

オフィスの選び方、オフィス移転のポイント、オフィスレイアウトのコツなど役立つ情報満載!

 
オフィス移転を成功させる物件選び