先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

ファンプレックス株式会社 前編

2018年1月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

ゲーム会社ならではのコミュニケーションを意識したABWの考え方を取り込んだオフィス

日本のソーシャルゲームを牽引してきたグリー株式会社。そのノウハウを結集し、ゲーム運営特化型の100%子会社として誕生したのがファンプレックス株式会社だ。旧オフィスは、グリー本社内の一部を使用していた。このたび別エリアに新オフィスを設けることで、いくつもの課題を解決したという。今回の取材では、移転の目的や新オフィスの特長、コンセプトについてお話を伺った。

 

杉山 優子氏

グリー株式会社
法務総務部
組織法務総務グループ
ファシリティマネジメントチーム
アソシエイトマネージャー
野長 兄一 氏

小澤 清彦氏

グリー株式会社
法務総務部
組織法務総務グループ
ファシリティマネジメントチーム

熊澤 恵梨 氏

天野 大地氏

ファンプレックス株式会社
コーポレート部
経理・労務管理チーム
マネージャー 

梅北 裕美 氏

ファンプレックス株式会社
コーポレート部
人財・組織開発チーム
広報 / 採用担当

鈴木 理紗 氏

 
 
 

エントランス

リフレッシュエリア

はやわかりメモ

  1. グリーのノウハウを結集して誕生したゲーム運営特化型企業
  2. ファンプレックスとしてのアイデンティティの醸成と働きやすさの追求を目指して
  3. 非常にタイトなスケジュールの中で初めてのオフィス移転を担当した
  4. オフィスというハード面の変化によって「ファンプレックスらしさの醸成」というソフト面の変化も
  5. オフィスコンセプトは「機能性とクリエイティビティの共存」
  6. スタッフの声を活かした環境改善や360°パノラマツアーなどより開かれたオフィスに

グリーのノウハウを結集して誕生した
ゲーム運営特化型企業

ファンプレックス株式会社は、ソーシャルゲームのパイオニアであるグリー株式会社が培ってきたノウハウを結集して、ゲーム運営特化型の企業として誕生した。

「設立は2015年のことです。他社さまが開発されたゲームを買い取り長期的な運営を行っています」(梅北裕美氏)

「変化の激しいゲーム業界の中で、『開発時』と『運営時』に求められる能力がまったく違うことがゲーム運営専門の会社を設立した理由の一つです。ゲーム運営に特化することで、ゲームが持つ資産価値の最大化に努めることができるのです。現在運営しているゲームタイトルは18になりました」(梅北氏)

同社の社名には、業務で構成されるプランナー、デザイナー、エンジニア、ビジネスの4つのFunction(機能)が集まり、それらがComplex(複合)することで更なるFun(楽しさ)を提供する。そんな意味が込められているという。

「今年で創業3年目、それに本社オフィスの開設が重なったことを機にコーポレートメッセージを一新しました。それは、私たちが提供できる価値、すなわちファンプレックスらしさを明文化し、社外のすべてのお客様に向けて私たちがお約束する『FNP Quality』と、社外のメンバーとしてお迎えしたい人物像を表現した『FNP Color』を掲げています」(鈴木理紗氏)

ファンプレックスの次なる挑戦ともいえる新コーポレートメッセージは以下の通りとなる。

■FNP Quality(ファンプレックスクオリティ)

「CHANGE」
進化・開発・改善・・・。
「攻め」の姿勢でサービスがより良くなるために全力を尽くします。

「TRUST」
障害を最小限に、顧客満足度を最大限に。
全てのお客様の信頼を守ります。

「LOVE」
ゲームが好き。エンターテインメントが好き。
私たちの運営は、ゲームへの愛から始まります。

■FNP Color(ファンプレックスカラー)
1. 成長に貪欲
2. 自ら考え、自ら動く
3. プロフェッショナルの集合体
4. 誠実・感謝・思いやり
5. 楽しむことを忘れない

ファンプレックスとしての
アイデンティティの醸成と働きやすさの追求を目指して

ファンプレックスの移転は、「同社が六本木ヒルズ森タワーで使用していた400坪分の家賃負担の軽減に加え、オフィスコストを抑制しながらもファンプレックススタッフがファンプレックスらしい働き方が出来る事、アイデンティティを醸成する事を目的に移転を決意しました。現スタッフ数である200名が余裕を持って入居できる面積、そしてスタッフのモチベーションが上がるようにグリー以上のロケーションとなるビルを希望していました」(梅北氏)

さらに移転先には、災害や大事故などの緊急事態に備えてBCPも念頭においたという。

「首都圏内にグリーのオフィスは六本木ヒルズ森タワーしかありません。今後、どのような災害や事故が起こるかは分かりませんが、常々、本社の近くにバックアップ拠点を設けることはとても有意義なことだと思っていました。実は、本社近くの高機能ビルにグループ会社が入居したことはファシリティ担当者にとって安心できることなのです」(野長兄一氏)

非常にタイトなスケジュールの中で
初めてのオフィス移転を担当した

今回のオフィス移転プロジェクトは、過去グリーの移転計画を手がけてきたグリーのファシリティマネジメントチームと、ファンプレックスのコーポレート部との合同チームで行われた。

「今回はPM会社を使わず、グリーのファシリティマネジメントチームである熊澤が担当しました。熊澤自身、移転プロジェクトは初めてのことでしたがCADに精通していることもあってアサインしました」(野長氏)

移転が正式に決まったのが2017年8月。それから急ピッチで物件を探し始める。

「以前からお付き合いのある三幸エステートさんに相談。すぐに営業担当の方から当社の条件にマッチしたオフィスビル情報が届きました。そして渋谷を中心に5棟のオフィスビルを見学することになったのです」(熊澤恵梨氏)

「最初にご案内いただいたビルはフロアが分かれていましたが、とても雰囲気のあるビルでした。ただし他のビルとの比較もしたかったので、その他の候補となるビルも見せていただきました」(梅北氏)

「見学していく中で、代表の下村からワンフロアのビルのほうが使いやすいだろうと結論が出ました。下村にとっても、こうして色々なビルを見学するのは初めてのことで、大きな経験になったと言っていました」(鈴木氏)

「原宿に立地するオフィスビルを前向きに検討しエントリーをしたのですが、人気のあるビルだったためすぐに結論が出ない状態でした。ちょうどその時、以前見せていただいたビルから希望していたワンフロア500坪の空室情報が飛び込んできたのです。このビルでしたらBCPの面でもクリアしますし、スタッフのモチベーションも高まるに違いありません。すぐに契約締結に向けて準備を進めました」(野長氏)

「グリー本社のある六本木から近いのもいいですね。当社の業務を考えると、今後も頻繁にグリーとの打合せが予想されます。ここでしたら移動時間のロスも少なくてすみますから」(梅北氏)

入居先が決定したのが2017年9月。入居予定日を考えると10月には内装工事を着工しなくてはならない。非常にタイトなスケジュールだ。

「作業の順番としては、まずデザイン会社から『ざっくりとしたレイアウト』を提出いただき、それを『分析・検証』し、『レイアウトの確定』をする。そして最後に『微調整』を行っていきました」(熊澤氏)

「『分析・検証』では、普段使用しているグーグルカレンダーの予定表から、当社のスタッフが使用した会議室の割合、人数、時間帯などのデータを数値化してまとめました」(梅北氏)

「分析結果から、10名前後の会議が多いことが分かりましたので、あえて4~6名の会議室はつくりませんでした。そして一つのプロダクトごとに週に1回集まる会議があるため、最大で40 名が入れる部屋を用意したのです」(熊澤氏)

「最初に分析と検証がしっかりと出来たのはよかったです。あとはどのようにレイアウトを組み立てるかでした」(熊澤氏)

そして新オフィスのオープン日は年末年始の慌しさを過ぎた1月15日と決まった。

 

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び