先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社フォトシンス 前編

2019年7月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

社名の由来でもある「光合成」の魅力を具現化させるオフィスを構築した

IoTとクラウドを活用した「Akerun入退室管理システム」の開発・提供を行っている株式会社フォトシンス。2014年9月の創業以来、「成長」を意識し、増員とともにオフィス移転を繰り返してきた。新オフィスは、過去にはない明確な企業ビジョンを打ち出したデザインを採用しているのが特長となる。今回の取材では、そのオフィスコンセプトを中心にお聞きした。

野長 兄一氏


株式会社フォトシンス
代表取締役社長

河瀬 航大氏

 
 

エントランス

オープンスペース内のブランコ席

Contents

  1. IoTの将来性に魅了され専門的に取り組むために起業した
  2. エリア、ビルグレード、広さ。さまざまな条件を満たしたオフィスビルに移転
  3. 今回のオフィス移転は企業ビジョンを周知させる絶好のタイミングだった
  4. 新オフィスの運用にあたり1年かけてルールブックを作成した
  5. 新オフィスは一つの営業ツール。思いもしなかったメリットも

IoTの将来性に魅了され専門的に取り組むために起業した

知らない人同士でも容易にコミュニケーションを取りあえる。そんな時代の背景にはソーシャルメディアの拡がりが欠かせないだろう。創業者である河瀬航大氏は、学生時代からそんな「つながり」に強いビジネスの可能性を感じていた。

「大学卒業後はソーシャルメディアのマーケティング会社に入社しました。企業側がソーシャルアカウントを立ち上げてエンドユーザーとつながりあう。そんなマーケティングが主流になり始めていたころです」

「C to C」だったソーシャルメディアが「B to C」というつながりも増えていく。世の中が革新的に変わるステージに移ろうとしていた。

「当時、新事業のチームに配属されまして。ちょうどインターネット選挙がスタートした時でした。ソーシャルメディアを使ったつながりは今後も成長し続ける。そう思いながら業務を行っているうちに、『人と人』だけではなく、『人とモノ』、『モノとモノ』といった『つながり』の概念が変わりつつあることに気づきました。この面白い世界観をさらに専門的に突き詰めたい。そうして起業したのです」

河瀬氏が「つなぐ」に選んだのは「物理的な鍵」。クラウドと鍵をつなぐことで、セキュリティ対策はもちろんのこと、自動での勤怠管理、複数拠点での鍵の一元管理、遠隔地からの施錠や解錠、24時間体制などの充実したサポートを可能とする。同社のオフィスセキュリティを格段と向上させる製品は世界で初めて後付けができるスマートロックを活用した入退室管理システムとして注目されている。

エリア、ビルグレード、広さ。さまざまな条件を満たしたオフィスビルに移転

創業は2014年9月のこと。マンションの一室からスタートした。

「五反田(品川区)に立地するマンションで、広さは10坪程度でした。業務を続けていく中で、さすがにマンションの一室では来客対応ができないこともありマンションからの卒業を決めました。起業からわずか5ヵ月後、近隣のオフィスビルに移転を実施。面積も33坪に広げました」

それからわずか1年足らずで社員が倍以上に増える。「手狭さの解消」を求めてオフィスの拡張を検討することになる。

「その時はタイミングよく同じビルの中で66坪の空室を確保することができました。その後も順調に業績がアップし、社員も増えていきます。そこでちょうど隣のフロアに空室が出たこともあって、合計100坪を借りることにしたのです」

以降も業務は順調に推移していく。再びスペース不足の課題が表面化し、オフィス計画を検討することになる。しかし今まで本社を置いていた五反田では思うような空室の確保が難しく、エリアを広げて検討することになった。

「東京の南側を中心に探しました。賃料や周辺環境、面積などを総合的に比較して。少なくとも30棟は内見しましたね。焦る気持ちもあったんですが、それよりも当社イメージに合う物件をきちんと探したいという気持ちが強かったです」

そんな時、JR田町駅徒歩圏内で建築中のオフィスビル情報を入手した。

「低層フロアしかできていなかったのですが早速見学に行きました。エントランスやビル全体の雰囲気、自然を感じさせるつくりなど、考えていたイメージとぴったりでしたね」

そうして1フロア面積227坪、15階の眺望の良いフロアを確保。条件を詰めて2017年9月に契約を締結する。

今回のオフィス移転は企業ビジョンを周知させる絶好のタイミングだった

入居時期を2018年3月に設定した。その間、6ヵ月。コンセプト立案、社員アンケート、設計、工事、告知と移転プロジェクトにおいてやるべきことは山ほどある。それによって本来の業務をおろそかにしてしまっては本末転倒だ。そこで河瀬氏はプロジェクト全体のマネジメントをPM会社に依頼をする。

社内の移転プロジェクトメンバーは河瀬氏を含め3名で行った。移転にあたっては全社員に要望シートを配布し、多くの社員とのブレストも行った。もちろん全ての意見が叶うわけではない。それでも集めたさまざまな意見を一つひとつ精査していく。そうして詳細を決めていった。オフィスコンセプトも多くの意見を参考にしてまとめていく。

最終的に決定したオフィスコンセプトは起業時の想いをよみがえらせるものだった。

「学生時代に光合成の勉強をしていまして。光合成は地球上の生命の源になっているもので、人口的につくることは現代技術をもってしても不可能といわれています。なかなか実現できないようなものをつくりたい。そんな強い思いから光合成の学名である『Photosynthesis』が社名のベースとなっています」

新オフィスでは原点に立ち戻り、オフィスコンセプトを「光合成」とした。

「『光合成を関連させるオフィスを構築する』という思いは常に持っていたのですが、どうしても今までは広さを優先していたため、コンセプトまで考える余裕はありませんでした。ですから今回の移転は、当社のビジョンを初めてオフィスで表現できる絶好のタイミングだったのです」

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。

オフィスコラム

オフィスの選び方、オフィス移転のポイント、オフィスレイアウトのコツなど役立つ情報満載!

オフィス移転を成功させる物件選び