先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社カルテットコミュニケーションズ 前編

2018年5月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

経営理念である「効率化」を追求しながら
オフィスの拡張移転を成功させた

リスティング広告の運用に特化したビジネス展開を行っている株式会社カルテットコミュニケーションズ。2011年8月の創業以来、顧客目線の広告運営で業務を拡張している。2018年3月、人員増によるオフィスの手狭という課題を解決するために名古屋市伏見から丸の内に拡張移転を実施。「効率化」をコンセプトとしたオフィスを構築した。今回は同社の新オフィスで新たに採用した特長的な機能を中心にお話をお聞きした。

*リスティング広告:ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果画面に表示される広告のこと

 

杉山 優子氏

株式会社カルテットコミュニケーションズ
代表取締役

堤 大輔 氏

 
 
 
 
 
 

エントランス

エントランス

Contents

  1. 最短でお客様の喜びにつなげるためにあえてリスティング広告だけに特化させた
  2. 自宅、間借り。それから法人化を機にビジネス街にオフィスを借りる
  3. どこよりも早い空室情報を提案いただき希望条件通りの拡張移転ができた
  4. オフィスの課題を突き詰めていくと「効率化」というコンセプトに行きついた
  5. 使いやすいコミュニティスペースを考えた結果がアウトドア用品の採用となった
  6. オフィスは常に進化するもの。それに合わせて働き方も変えていく

最短でお客様の喜びにつなげるためにあえてリスティング広告だけに特化させた

中小企業の広告戦略を意識したWeb広告サービスを提供している株式会社カルテットコミュニケーションズ。多くのネット系広告代理店がリスティング広告をメニューの一つとして捉えているのに対し、同社はあえてリスティング広告に特化したスタイルを貫いている。その姿勢は代表である堤氏が前職で経験した想いからだという。

「独立前は広告代理店に勤務し、Web広告のコンサルティングを行っていました。内容によっては無理にWeb広告にこだわらないほうが効果を出せる場合もあります。しかし自社の限られたサービスメニューだけでは、最良の結果を出せないこともありました。それがお客様に対して心苦しく感じることがあったのです」

独立後は、集客や費用対効果に困っているお客様に最適な方法を提案していた。まだ法人化する前のことだった。

「当初は思い通りに進んでいました。しかし次第に社員が増えてくると日々進化しているWebに対する知識やスキル不足が不安材料になります。それで一番の武器だけに特化すべきと決断しました。僕らにとってそれがリスティング広告だったのです。メニューを絞ったことで多くの広告代理店ではできない広告効果を生み出すことができました」

「当社のお客様のほとんどが中小企業からの依頼となります。僕らは毎月決められた予算をお預かりして結果を出すことが求められています。ですから予算の無駄遣いや効果不明と思われるキーワードの追加などを一切行っていません。それはお客様にとっても当社にとっても効率的な運営といえます。僕らの会社は専門飲食店のようなものです。低予算、低人数でたくさんのお客様の要望にお応えするには、質の高い単品で勝負しなければなりません。色々なメニューを望む方はファミリーレストランの方が向いていると思いますし、合ったお店を選んでいただければと思っています」

自宅、間借り。それから法人化を機にビジネス街にオフィスを借りる

創業は2011年8月。わずか2名で立ち上げた。

「当時のオフィスはもう一人のメンバーの自宅でした。そのあと社員が4名になり、知り合いの司法書士の事務所に間借りしたんです。まだ法人化する前のことでした。そうしているうちに法人化をして社員も15名に増えました。そこで初めてオフィスを借りたんです。2014年のことですね。場所は名古屋市のビジネス街の一つである伏見駅の近くでした」

広さは90坪。入居当時は2室の応接・会議室もきちんと整備されていた。

「最初は50坪で探していました。想定していた賃料の目安は毎月50万円。坪単価1万円くらいですね。ところが探しているうちに想定していたよりもずいぶんと安い金額で入居できるビルが見つかりまして。特段、設備が古いわけではありませんでしたが坪単価はなんと6,000円。それならばと思い切って広い面積を借りたのです」

入居して4年、社員数も50人にまで増えた。会議室も打合せルームも不足しており、業務に支障が出始めていた。それで次のオフィス移転を検討し始めたのです。条件は、交通アクセスが良いエリアであること、適正な賃料条件であること、今後の採用計画も考えて150坪以上の面積であること、加えて1フロアに収まることだった。

どこよりも早い空室情報を提案いただき希望条件通りの拡張移転ができた

「もともと岐阜や三重といった県外エリアとのアクセスを考えて、名古屋駅からの利便性も重視しています。採用目的のために名古屋駅前にオフィスを構える企業も多いと思いますが、僕らの業種はそこまでの人気エリアである必要はありません。そこで各種条件を総合的に考えた結果、伏見エリアを第一希望としたのです」

気になっていたビルはあったが、条件の問題で契約を締結するまでには至らなかった。そんなとき、オフィス移転の専門家である三幸エステートを紹介されたという。担当の営業が推奨するビルは、フロアこそ違うが以前提案されたことがあるオフィスビルだった。11階の1フロアを使用していたテナントが内部縮小することになりフロアの半分が空室になるという。まだ空室情報が一般に公開される前。どこよりも早い情報だった。

「営業の方に以前提案を受けていることを理由にお断わりをしたのですが、『絶対に気に入りますから』と自信のある回答が返ってくる。そこで見るだけならばと出かけたんです。実際に11階に上がってみると周りを遮る建物が無く見晴らしがいい。フロアをまたがることなく希望通りの面積を確保できる。最寄駅は丸の内駅ではあるが、希望していた伏見駅までは歩ける距離でもある。そんなことでさほど時間をかけることもなく契約に向けて話が進みました。オフィスはきちんと見ないとわからないものですね。三幸エステートさんには、ここのオフィスに連れてきていただいて本当に感謝しています。他にもオフィス仲介の会社は来ていましたが、ここまで自信をもってご提案をいただける会社は無かったですね」

同社の使命は、常にお客様の喜びや笑顔を考えて提案すること。三幸エステートの行動も同じように感じたという。

 

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び