先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社リジョブ 前編

2019年6月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

新オフィスのコンセプトを「進化」として
社員の働き方を大きく改善した

2009年に「美容・ヘルスケア業界」に特化した求人サイトの企画・運営を目的に設立された株式会社リジョブ。前回の移転は2015年4月のこと。新たに策定した企業ビジョンを内装デザインに落とし込んだ画期的なオフィスとなった。社内外で高い評価を得ていたが、業績が順調に伸張し、それに伴う人員増とともに執務スペースが手狭に。契約の終了期間が迫っていることもあり、本社移転を決意する。今回の取材はその移転プロジェクトの全容についてお聞きした。

 

杉山 優子氏

株式会社リジョブ
取締役


長南 岳彦 氏

小澤 清彦氏

株式会社リジョブ
経営管理グループ
チームマネージャー


山田 健介 氏

 
 
 
 
 

エントランス

SAKURA CAFE

Contents

  1. 世の中の困りごとを解決するのがビジネスの本質と考えて事業がスタートした
  2. オフィスに求めるものが「スペースの確保」から「働きやすさ」に
  3. 長年慣れ親しんできた新宿を中心にいくつかの条件に合致する移転先を探した
  4. 新オフィスのテーマは「進化」。より働きやすい環境を目指した
  5. オフィスだけではなく社員の考え方や働き方も「進化」させていく

世の中の困りごとを解決するのがビジネスの本質と考えて事業がスタートした

もともと美容・ヘルスケア業界のクーポンサイトの運営がリジョブの前身となる。

「多くの方に気軽にリラクゼーション体験をしてもらいたいと思ったのが始まりです。当時はまだクーポンサイトの存在自体が少なく、いわば黎明期でした」(長南岳彦氏)

その営業活動の中でお客様は「集客」よりもむしろ「人材の確保」に問題を抱えていることを知る。今まで美容業界に特化した求人サービスは無いに等しかった。業界全体の悩みを解決したかったこともあり、「求人」にフォーカスした事業に舵を切ることを決断したという。

2009年、株式会社リジョブが誕生する。セラピスト専門の求人サイトというニッチな部分から始めて、徐々にエステやネイル業界へ事業の幅を広げていった。その後、美容師をはじめ柔道整復師や鍼灸師といった国家資格を要する求人まで扱うようになっていった。そして4年前に、介護業界の求人サイト「リジョブ介護」や途上国の貧困層の方々の自立支援プログラム「咲くらプロジェクト」といった新規事業を立ち上げている。

同社が取り組む事業には「世の中の困りごとの解決をしたい」という想いが根底にある。

「現在、各種ハラスメント対策や労働環境の改善など労務周りの課題を解決するサービスの提供を計画しています。それによって目指すのは人材の定着。その部分が当社のお客様にとって、また働く人々にとって一番大事なことと考えて企画を進行中です」(長南氏)

オフィスに求めるものが「スペースの確保」から「働きやすさ」に

創業時は西新宿に立地する雑居ビルの一室からスタート。広さ約20坪、メンバーは僅か5名でのスタートだった。その後5年間で4度のオフィス移転を行う。

「移転理由は狭さの解消につきますね。業務拡大に応じて人員の採用を行いますが、その連続で想定よりも早く執務スペースが限界に達してしまう。そこで現状より広い面積のオフィスビルに移転する。それの繰り返しでした。ですから当時は単純に全員が入れるスペースの確保だけを考えていました。社員同士のコミュニケーションや働きやすさを考えるようになったのはここ数年で、一つ前のオフィスからです」(長南氏)

2014年10月、リジョブはM&Aにより、東証一部上場でライフイベント全般に関わるWebサービスの企画運営を行う株式会社じげんにグループ入りをする。それにより新たな事業領域が拡大されることもあり、企業ビジョンを見直したという。

「新ビジョンは『日本が誇る技術とサービスを世界中に広め、心の豊かさあふれる社会を創る』としました。日本人が長い歳月をかけて築き上げてきた技術力やサービス力を最大限活用する。同時にそれらの力を日本国内および発展途上国などの社会課題の解決のために使っていきたいと考えたのです」(長南氏)

このM&Aをきっかけに、新たに策定された企業ビジョンを体現したオフィスが出来上がった。社内外からの評価も高い画期的なオフィスだった。

*前回のオフィス移転事例はここからご覧になれます。
https://www.sanko-e.co.jp/case/rejob

長年慣れ親しんできた新宿を中心にいくつかの条件に合致する移転先を探した

旧オフィスの移転理由はオフィスが狭くなったこと。同時に打ち合わせスペースが足りないという課題も生じていた。

「個室の会議スペースは2室のみ。始業時から社内外の予約で埋まっていました。打ち合わせや面接などは芝生のオープンスペース内で行われており、ほぼ100%の稼働率です。最初は余裕を持って使っていたのですが、後半はどこにいても窮屈に感じるようになっていました。今後の採用計画も控えており、このキャパシティでは無理だと。そこで移転プロジェクトが始動したわけです。しかし私自身、移転に関する業務は初めての経験でした。何から手を付けていいのかわかりません。そんな中でのスタートでした」(山田健介氏)

旧オフィスビルとは定期借家契約を結んでいたので退去時期は決まっていた。そのため2018年7月までに移転先を絞り込み、9月中に新オフィスと契約といったスケジュールを組む。そうして2018年3月、本格的な移転プロジェクトの第一歩を踏み出した。

「結局、移転先を探すだけで半年くらいを要してしまいました。当初は創業以来、慣れ親しんできた新宿エリアでの移転が希望でしたが希望面積、諸条件など、合致するビルが無かったのです。そこで新オフィスの候補エリアをJR山手線沿線全体に広げました。それでも提案されるビルはどれも決め手に欠ける感じでしたね」(山田氏)

「そんな時、タイミング良く今のビルに空室が出たのです。池袋の象徴となるシンボルタワーですが、我々のようなベンチャー企業に是非入居いただきたいと言っていただいて。条件の合意までとんとん拍子に進んでいきました」(長南氏)

「そうして1フロア約700坪のオフィス空間を確保しました。旧オフィスと比べると面積は倍近くに。当面は採用計画にも安心して取り組めます」(山田氏)

 

三幸エステートの特長

三幸エステートのさまざまな特長を数字でわかりやすくご紹介いたします。

創業者インタビュー

起業家の皆様にインタビューを行い、起業時の思いやオフィスに対する考え方などをまとめました。

オフィスコラム

オフィスの選び方、オフィス移転のポイント、オフィスレイアウトのコツなど役立つ情報満載!

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び