先進オフィス事例

~オフィスを経営の力に~

株式会社 社会情報サービス 前編

2018年4月取材

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

市場調査会社のパイオニアが構築した
本格的なインタビュールーム

株式会社 社会情報サービスはマーケットリサーチの重要性に着目し、1982年に設立。以来35年以上にわたり、市場調査会社のパイオニアとして実績を積み重ねてきた。2017年1月に物理的な理由もあり移転計画を本格的にスタート。2018年1月から新オフィスで業務を行っている。今回の取材ではオフィスの特長やコンセプト、新機能についてお話を伺った。

 

杉山 優子氏

株式会社 社会情報サービス
代表取締役社長

牧田 孝 氏

小澤 清彦氏

株式会社 社会情報サービス
人事総務グループ 執行役員

染谷 安啓 氏

天野 大地氏

株式会社 社会情報サービス
リサーチオペレーションMU
リアル・フィールドグループ
esマネジメントチーム リーダー

伊達 智子 氏

 
 
 
 

エントランス

オフィスエントランス

Contents

  1. メインクライアントである製薬会社を支える市場調査会社
  2. 物理的理由が今回の移転計画を後押しした
  3. 一般公開される前の空室情報をどこよりも先に入手できた
  4. 第三者がプロジェクトを管理することで自由な意見を集めることができた
  5. 新オフィスの最大の特長はインタビュールームの構築
  6. 社員のモチベーションアップだけでなく新規営業のアプローチ先も広がった

メインクライアントである製薬会社を支える市場調査会社

マーケットリサーチの重要性に価値を見出し、1982年に設立された株式会社社会情報サービス。以来、35年以上にわたり市場調査会社のパイオニアとして多くのクライアントを支えてきた。次の時代を見据えて、グローバル・マーケットリサーチの推進、アドホックリサーチ(オーダーメイドで設計・実施される単発の調査)のクオリティ向上、シンジケートリサーチ(会員企業のみにデータを提供する調査)の確立、リサーチデータの処理や分析を行うソフトウエアの提供などを行っている。

「製薬会社を中心に多種多様な依頼に対応しています。メイン事業は病院で処方する医療用医薬品の市場調査です。処方方法や評価といった調査が多いため、対象者は実際に医薬品を処方する医師が多いですね。洗練されたインタビュアーがその時々のテーマに応じて聞き取りを行っています」(牧田 孝氏)

調査手段もその目的によって使い分ける。同社では多くのメニューを揃えているため依頼者にとって最適な調査手段を選択することが可能だ。

「対象企業は国内だけではありません。海外の市場調査会社とも連携し、現地の環境や背景を反映させた調査報告を提供しています。近年は外資系製薬会社からの依頼も増えていますね」(染谷 安啓氏)

調査受託後は、医師のキャリアや症例数など製薬会社からの条件に基づき、合致する医療関係者を同社が保持する大量のデータベースから検索。アプローチをしていく。対象となるのは全国の医療関係者。遠方からお呼びすることもあるという。

「製薬会社からの要望によってはインタビュー対象者の数も変わってきます。1回のインタビューに要する時間は90分前後ですね。日常業務の終了後に来ていただくので、早くても平日は通常18:00頃からスタート。プロジェクトごとのインタビューテーマに沿って、疾患内容や特長、将来的な見解を話していただきます。その後、インタビューから導き出した調査レポートを作成。依頼先に提出するまでが一連の業務となります」(伊達 智子氏)

物理的理由が今回の移転計画を後押しした

今回の移転理由はいくつもの理由が重なった結果だという。その中で一つの物理的理由が今回の移転計画を後押しした。

「入居していたオフィスビルが西新宿の再開発事業地区に含まれていまして。正式に2016年12月に再開発組合が設立され、2017年1月に説明会が開催されました。それまでもオフィスの手狭さやコミュニケーションの向上を課題に移転をゆるやかに検討してはいたのですが、『再開発』という決定的な理由が移転計画を後押ししたのです」(染谷氏)

「そのほかオフィスの課題としてコミュニケーションとコラボレーションの向上がありました。当社の市場調査業務は部署間の連携が必須です。しかし、旧オフィスではフロアが分かれていたために簡単な打合せであってもすぐにできませんでした。業務の効率化は経営課題の一つでしたから、今回の移転は課題解決のちょうどいいタイミングだったといえます」(牧田氏)

「三幸エステートさんの営業の方とは、普段から情報交換をさせていただいていました。そこですぐに相談をして。新宿を中心に20棟くらいの候補ビルリストをいただいたのです。そこから絞り込みの作業を行いました」(染谷氏)

旧オフィスは1フロア面積90坪のオフィスビル。そのうちの3フロアを使用していた。その他に隣のビルにインタビュールームとして1フロア面積55坪を2フロア。合計400坪弱を借りていた。手狭感の解消のために500坪程度の面積を求めていたという。

「インタビュールームも同じビル内にあるのが理想でしたね」(伊達氏)

「何といっても社員の不満はオフィスの狭さにありました。業務拡大に向け人員の採用を行っていたのですが、机を置くスペースもぎりぎりで。もう限界でしたね」(染谷氏)

「新宿中心にビル探しを行ったのは、やはり社員の通勤環境を大きく変えたくないという思いからです。また、ビッグデータを保持しているため、どんなビルでもいいというわけではありません。ある程度のセキュリティが確保できるビルというのも条件に加えていました」(牧田氏)

一般公開される前の空室情報をどこよりも先に入手できた

今回の移転プロジェクトは専門家の力をフルに活用した事例となった。

「三幸エステートさんからいただいた情報を絞り込んでいき、何棟もの候補ビルを見学しました。ちょうどいい広さがあるということで品川駅周辺の物件も内見しましたが、通勤アクセスを考えると決め手に欠けましたね。当初は、現在のビルも空室情報が出ていたわけではありません。まだテナント企業が入居している状況でした。その企業の退去情報をいち早く入手し提供いただいたのです。広さも総面積530坪、執務室フロアとインタビュールームのフロアとは上下階のため、セキュリティを保ちながらゾーニングができます。1フロア内に全部署を終結でき、さらにミーティングエリアも確保できる。まさにいくつもの経営課題が解消できる理想的な物件でした」(染谷氏)

「内見時には素人にもわかりやすく設備的なポイントを丁寧に説明いただきました。また、ビルオーナーさんとスムーズな条件交渉を行っていただき、当社に有利な内容で進めることができました」(牧田氏)

「周辺環境にも満足しています。飲食店も多く、社内外の方との交流も図りやすくなりました。それでいて割と静かな環境というのも気に入っています」(伊達氏)

2017年5月に社内で決議、6月に正式な契約締結を行った。今回はオフィスビルの仲介だけでなく、オフィス構築に関する全体のプロジェクト管理も三幸エステートが担当した。

「本社移転となると総務部が中心になります。しかし当時、移転業務に集中できる人員は私一人だけ。そこで三幸エステートさんにプロジェクト全体の管理もお願いしたのです。その契約自体は4月には交わしていました。ですから物件を探す際にも、出来上がるオフィスのイメージを考えながらご提案いただくことができたのです」(染谷氏)

 

今月のセミナー情報

資料ダウンロード

オフィス移転を成功させる物件選び