都市の記憶

~歴史を継承する建物~

霞が関ビルディング 前編

オフィスマーケットⅣ 2008年9月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1968年の竣工当時、高層ビルの代名詞となった「霞が関ビルディング」。33カ月という短工期は驚くべきスピードだった。そんなプロジェクトの舞台裏を、当時の計画立案者の一人に語っていただいた。


1968年当時の霞が関ビルとその周辺

1968年当時の霞が関ビルとその周辺

“希望の時代”の象徴――未来都市・東京の原点として

三井不動産株式会社が東京・霞が関の地において大規模なビル建設計画を打ち出したのは昭和36年(1961)。以来、さまざまな建築計画が検討され、研究が進められてきたが、最終的に決定されたのは、わが国初となる“超高層ビル”への挑戦であった。前代未聞の計画であるため、テナントビルとしての採算性の問題をはじめ、法制、技術、その他各分野にわたる問題が山積していたのは言うまでもない。しかし、建築基準法が改正され、たゆまぬ研究・調査、イノヴェーションによって技術的な問題も逐次解決されていった。
一方で、関係者らが目指したのは、技術・資材共に“純国産”を貫くことであり、それによって、“未来都市・東京”建設のための指標となることであった。竣工は1968年。着工後33ヵ月という驚くべきスピードだった。地上36階、地下3階、軒高147メートルという“超高層”を実現するため、基礎と低層部分は鉄筋コンクリート造、地下1階から地上2階までが鉄骨鉄筋コンクリート造、3階より上層は純鉄骨造という構造が採られた。外装にはカーテンウォールが採用され、延床面積は15万3223平方メートル。しかしながら、徹底的なコストダウンが図られた結果、総工費は当時の金額で150億円に抑えられたという。設計監理は三井不動産と山下寿郎設計事務所が共同で行ない、施工にあたった三井建設と鹿島建設との間にも緊密な連携が実行された。
もちろん、霞が関ビル誕生の意義は“日本初の超高層ビル”と言うに止まらない。竣工当時に刊行されたパンフレットに寄せられた高山英華氏(東京大学教授)の文章には次のような一節がある。

「東京は1923年の関東大震災と、1945年の大空襲による戦災という2回の壊滅的な打撃を受けたが、いずれの復興においても、抜本的改造の決行が見送られ、なしくずしの復興によって、今日では、さらに多くの矛盾をはらんでいる。/土地問題の解決はさけられ、地価は高騰し、敷地は更に細分化され、中途半端なビルの乱立の傾向にある。(中略)/日本の建築市場においても一つの契機をなす建物であることはまちがいない。また、それが関連産業におよぼした効果もみのがせない。(中略)/都市の近代化は構築物の進歩によるところが多いが、最終的には、よりよい環境を提供して、それが市民に喜ばれ、活用されることにあると思う。」

けだし正論であろう。すなわち、霞が関ビルは、わが国においておそらく初めて“街区全体の環境”というテーマを核心に据えて構想されたオフィスビルだったのである。担当者らが追求した「都市再開発の理想」の下、建物を高層化することで、広大な敷地には約1万平方メートルもの人間的な緑の広場が残された。全敷地面積に対して空地率は実に72.13%にも上る。高層ビルに関してはニューヨーク・マンハッタン等の前例は無論あったが、いたずらに高さを競うのではなく、それによってもたらされる美しく潤いのある都市環境を創造すること、それを真のテーマとしたところに、この建築の最大の価値が存する。

1967年の霞が関ビルと国会議事堂、東京タワー

1967年の霞が関ビルと国会議事堂、東京タワー

霞が関ビルディング地図

テナントの利便性を最大限に考慮したリニューアル工事

memory_kasumigaseki-building_13_linetouka.jpg霞が関ビルの竣工以来21年を経た平成元年(1989)、時代の要請に応え、内部のOA化や空調・電源・給水等のシステム一新を図るリニューアル工事が計画された。着工は1989年。当然のことながら、この工事もまた日本の建築史上空前の規模であった。
テナント数124社、およそ7000人にものぼる人口を抱えるビルのリニューアル工事は容易なことではない。しかし、関係者らは入居テナントの利便性を最大限に考慮し、スムーズなリニューアルを実施するため、数々の新機軸を打ち出してこれに対応した。まず、ビルの東西にそれぞれ3階建の仮設ビルを建設。工事中となるフロアのテントを敷地内の仮オフィスに移転させることで、仕事環境を変化させることなく作業を進める仕組みを作り上げた。同一敷地内の一時移転であるから、テナントは煩雑な住所変更などを行う必要もない。振り返ってみれば、こうした手法を可能にしたのも予め広い空地スペースを確保した街区の設計にあずかるところが大きかったと言える。
また、工事を機にオフィスのレイアウト変更や什器類のグレードアップを望むテナントに対しては、個別対応のOPシステム(Office Produce System/テナントの要望により、オフィススペースの更なる改良・機能向上を図るサービス)を提供したことも大きな話題を呼んだ。
工事完了は1994年10月。36階建のビルの完全リニューアルは、驚くべきスピードで実現した。こうして生まれ変わった霞が関ビルは、現在に至るまで快適なオフィス空間として高い評価を獲得している。 

※写真は平成3年に完成した移転用仮設オフィス

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須