都市の記憶

~歴史を継承する建物~

三菱一号館 前編

オフィスマーケットⅡ 2009年3月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

丸の内の象徴的な建物である「三菱一号館」は1894年に建設された文字通り日本最初の近代建築。しかし周辺オフィスの急速な発展に伴い、1968年に解体された。その象徴が40年後の2010年に赤煉瓦の壁を持つ当時に姿でよみがえった。歴史・文化と最先端技術が融合した建物復元の“想い”を伺った。


三菱一号館

理想の正統たる継承――復元成ったオフィス街の象徴

その建物の名には二つの大きな意味が込められていた。
1894(明治27)年に竣工した「三菱一号館」は、現在に至るまで発展を続ける三菱グループの中核拠点であると同時に、わが国最初のオフィス街となる東京・丸の内に建った文字通り最初の近代建築作品だったからである。
地上3階地下1階(軒高約15メートル)、延床面積約6000平方メートル。尖塔式屋根を連ねたクイーン・アン・スタイルの外観。L字形の建物は堅牢な総赤煉瓦積で造られ、フロアの間を貫く間仕切り壁と帯鉄を施すことで、後の関東大震災にも耐え抜く耐震性・防火性を備えていた。
設計に当たったイギリス人建築家ジョサイア・コンドルは、辰野金吾・曾禰達蔵ら錚々たる後進を育て上げた日本建築界の恩人である。そしてこの建物には、“官”に対する“民”への期待、真に国家百年の計を担うのは民間の活力にほかならないという、コンドルの“理想”が具現していたと考えられる。その“理想”は、彼の弟子達によって脈々と継承され、後に周辺は「一丁倫敦」と通称されるわが国随一のオフィス街へと発展した。文明開化時代の和洋折衷・擬洋風といった19世紀欧米社会の模倣から、日本の都市が本格的な20世紀社会へと脱皮していく姿がそこにあった。
だが、これら赤煉瓦のオフィスビル群は、第二次世界大戦後の高度成長期に次々と建て替えられ、姿を消す。「三菱一号館」も、周辺の地下工事による耐震性への懸念、急増するオフィス・スペース需要への対応といった事情から、1968(昭和43)年に惜しまれつつ解体された。折しも同年には日本初の超高層オフィスビル「霞が関ビル」が落成し、日本の都市建設が新たな局面を迎えようとしていた時代であった。
それから40年の時が流れ、私たちは、再開発の槌音響く丸の内の地に再び「三菱一号館」の勇姿を目の当たりにすることとなった。都市の中心部において、明治期の赤煉瓦建築を同じ場所・同じ姿で復元する――無論、初めての試みであり、英断である。

「21世紀を迎えて、東京が世界をリードする都市空間として再生するため、この建物の復元はぜひとも必要な“想い”の継承、正にその象徴なのです」

プロジェクトに携わった人々は異口同音にそう語る。学識者らによる“復元検討委員会”との慎重な議論、一企業グループを超えた街区活性化への熱い思い、それらが結晶して最新鋭の高層ビルと調和するかたちで美しい景観がここに復活したのである。
その背景には、破棄されずに残っていた多くの図面があった。さらに、かつての解体時に「記念品」として関係者の一人が持ち帰った赤煉瓦の一片が大切に保存されていた。こうした素材資料を基に、総数200万以上におよぶ煉瓦は一つずつ丁寧に焼かれ、保存部材の一部も安全性を確認した上で再利用されているという。石材、屋根材等も、可能な限り竣工時に近いものを再現した。もちろん現代の基準をクリアするため、適切な補強・免震構造が採用されていることはいうまでもない。
かくして、昭和9年竣工の「明治生命館」(重要文化財)、大正3年の竣工時に復元される「東京駅」と併せて、平成の世に生を享けた高層ビル群の中に、明治・大正・昭和三世代の“先輩”たちが揃って静かに佇む壮観が現出することとなった。

尖塔式屋根を連ねたクイーン・アン・スタイルの外観

三菱一号館地図

 
 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須