都市の記憶

~歴史を継承する建物~

日本銀行本店本館 前編

オフィスマーケット 2001年1月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

1882年に開業した日本銀行は、1896年に「日本銀行本店本館」を竣工させた。強いネオ・バロック様式の構造だが、壁面にはルネサンス様式の意匠を使用。1974年に国の重要文化財に指定されるなど近代建築の代表作と名高い。素材へのこだわりや国の威信をかけた工事について紹介する。


日本銀行本店本館

先駆者の苦闘――日本人の手に成る近代西洋建築

日本銀行は明治15年(1882)に隅田川に架かる永代橋の袂で開業した。
後、日本橋の金座跡地(現・本石町)に新店舗建設が計画され、明治23年(1890)9月より7年の歳月をかけて明治29年(1896)2月に現在の日本銀行本店本館の建物が竣工する。建築設計を指揮したのは工部大学校造家学科(現東京大学工学部)教授の辰野金吾。後に手がけた赤煉瓦の東京駅でも知られる、わが国近代西洋建築設計の先駆者である。
本館の建物は地上3階、地下1階(延床面積約1100平方メートル)。1階部分はほぼ完全な石造りで、2~3階部分は煉瓦を素材として外側に薄く裁断した花崗岩を貼り付けてある。中央にドームを据え、正面に4本、左右両翼に各2本ずつの列柱を配置。構成的には装飾味の強いネオ・バロック建築様式だが、壁面などを中心にルネサンス様式の意匠が採り入れられており、これが全体を覆う「石」の重厚なイメージとあいまって、この建物の特色を形づくると同時に微かな違和感を抱かせる原因ともなっている。中央銀行の建物として当時最新だったベルギーのそれを模したともいわれているが、実際には参考にした程度だったようだ。
正面玄関の上部には、六個の千両箱を踏まえて咆哮する二匹の雄獅子が日本銀行のマークを抱えた青銅製のエンブレムがある。辰野が日本銀行設計の依頼を受けて欧米を視察した折に、こうした紋章飾りが宮殿や寺院に多く使われていることを知り、早速これを採り入れたのだろう。
だが、獅子と千両箱 ――この奇妙な取り合わせが象徴する通り、この建物にはアンバランスな香りが漂っている。 

西洋の様式建築を日本の中央銀行本店として成立させようとする建築家の、そしてまた、先進列強を追う若き日本という国家そのものの苦悩がここに体現されているからなのかもしれない。
建築分野におけるわが国初の国家的プロジェクトにふさわしく、当時の最先端技術の導入も随所に見られる。当初は総石造とする計画だったが、工事開始後に岐阜で起こった震災被害に学び、2階部分をレンガ造り、3階部分を穴あきレンガにコンクリート流し込みとする工法が導入された。上層部を軽量化することで高い耐震性を実現するとともに、レンガに石板を貼ることで建物全体の一体感を維持している。また、それに伴って、セメントの品質管理が徹底して行われた。辰野が設計し、英国のクラーク・バーネット社に製造を依頼した日本初の「畳込防火鉄戸」(鋼製シャッター)。日本で2番目に造られたといわれるエレベーター。体系的な空調設備に加えて、トイレは当初より水洗式を採用。この建物の評価にあたっては、芸術的価値のみならず、こうした歴史的・産業史的な価値にも多くの目が向けられるべきだろう。

日本銀行本店本館は、近代建築としてはいち早く昭和49年(1974)に国の重要文化財に指定された。いわゆる「御雇外国人(幕末~明治初期に西洋の先進文化を移入するため政府や民間が雇用した指導役)の手に成る洋風建築」と離れて成立したわが国の近代西洋建築の維持・保存に先鞭をつける事例として、日本銀行本店本館の重要文化財指定は大きな意味を持つものであった。

正面玄関を飾るエンブレム

正面玄関を飾るエンブレム

日本銀行本店本館地図

日本銀行本店本館

着工前後から竣工まで ―― 歴史と世相
明治15年(1882)

・3月.ドイツの医師コッホが結核の細菌感染説を発表する。
・5月.ドイツ・オーストリア・イタリア三国同盟が成立する。
・6月.日本銀行条例公布(10月、日本銀行開業)。

明治23年(1890)

・9月.旧金座跡地に日本銀行の新店舗を着工。
・11月.東京日比谷に帝国議会議事堂が完成、第1回帝国議会が開催される。
・この年、シカゴでウェンライトビル(アメリカ機能主義建築の先駆)着工。

明治29年(1930)

・2月.日本銀行本店本館竣工。
・4月.日本銀行本店が現在地に移転開業。
・4月.近代オリンピックの第1回大会がアテネで開催される。 

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須